こくさいいりょうふくし

国際医療福祉大学

私立大学 栃木県/千葉県/東京都/神奈川県/福岡県

就職・資格

先輩の職業体験記

より信頼される視能訓練士をめざして保健医療学部

保健医療学部 視機能療法学科
2010年卒業
山王病院 眼科 勤務
青木希美さん

どんな大学生活を送っていましたか?

授業のほかに取り組んでいたこと

スポーツやレジャーを楽しむサークルに入っていたので、学科を超えて交友関係が広がりました。また、少人数の学科なので全学年が集まってスノボやテーマパークに行くイベントもあり、先輩とも仲よくなれました。

この大学を選んだ理由/実際に学んだこと

さまざまな医療福祉専門職を養成する学科があるところにひかれました。卒業後は総合病院勤務を志望していたので、眼科以外の診療科目についても幅広い知識を持っていたほうがよいと考えたからです。国家試験の合格率や就職率の高さも選択の決め手となりました。また、他学科の学生とチームを組んで医療福祉施設で実習を行う「関連職種連携実習」はたいへん貴重な経験でした。他職種についての知識が広がりましたし、コミュニケーションの練習にもなりました。

閉じる

先輩はこんな仕事に就いています

見えにくい方には大きなサイズの視力検査表を使う

私はこんな仕事をしています

総合病院の眼科に勤務し、視力検査や視野検査といった視機能検査を行っています。多いときで1日50人くらいの方の検査を行いますが、患者様一人ひとりに対してお話も交えたゆとりある対応を心掛けています。患者様の中には症状をうまく表現できない方もいらっしゃいますが、日常的な会話でリラックスできると、普段の見え方で困っている点などを緊張せずに話していただけることもあります。
検査そのものは、できるだけ患者様に負担をかけないために、短い時間で正確に行うように努めています。

閉じる

視野検査により白内障などの疾患を調べることができる

大学の学びで仕事に活かされているもの

大学のカリキュラムではやはり実習が深く印象に残っています。他学科の学生とチームを組んで取り組んだ「関連職種連携実習」をはじめ、4年次には総合病院や大学病院で6週間ずつ2回の臨床実習を行いました。
「関連職種連携実習」は高齢者施設で実習を行いました。利用者の方には眼鏡に関する悩みをお持ちの方がいたり、視覚について日常的に問題を抱えた方が大勢いらっしゃることにあらためて気づき、「チーム医療・チームケア」の中で視能訓練士が役立てる場面が多いことを再確認できました。
眼科での臨床実習では、現場の視能訓練士の方の仕事ぶりに感銘を受けました。在学中に質の高い医療の現場を体験することはとても大切です。

閉じる

話しやすい雰囲気を大切にして、症状を丁寧に聞き取る

今の仕事との出会い

テレビを見るのが大変好きだった祖父が白内障になって以来、楽しみを失い元気をなくしてしまったことがあります。その後、手術により回復しテレビが見られるようになり、みるみる元気を取り戻したときは本当にうれしかったです。
もともと将来の進路として医療関係を検討し、国際医療福祉大学について調べていたのですが、祖父の一件から眼科に関心を持ち始めたことが、数ある学科の中から視機能療法学科を志望したきっかけでした。視能訓練士という国家資格にも魅力を感じ、挑戦してみたいと思いました。
現在は職場の先輩をお手本に、「この人に検査をお願いしたい」と信頼していただけるような視能訓練士になることが目標です。医療は日々進歩しているので、視能訓練士の学会や医師向けの勉強会にも参加させていただき、新しい知識や情報には常に敏感でいられるよう心掛けています。

閉じる

先輩が学んだ学部もチェックしてみよう!

閉じる

1日のスケジュール

毎朝8時には出勤し、患者様をお迎えする準備をします。診察終了後は、知識と技術の向上のため病院内外の研修に参加することもあります。基本的に週休2日ですが、月に2回程度は土曜日午前中の出勤があります。

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ