こくさいいりょうふくし

国際医療福祉大学

私立大学 栃木県/千葉県/東京都/神奈川県/福岡県

就職・資格

先輩の職業体験記

患者様やご家族と共に考え、共に喜びたい保健医療学部

保健医療学部 作業療法学科
2012年卒業
国際医療福祉大学病院 勤務
染谷知香さん

どんな大学生活を送っていましたか?

授業のほかに取り組んでいたこと

バレーボールのサークルで活動していました。代表を務めていたのでメンバーと真剣に話す機会が多く勉強になりました。大会で仲間と各地へ出掛けたことも楽しい思い出です。

この大学を選んだ理由/実際に学んだこと

受験校を調べていたとき、国際医療福祉大学のパンフレットに書かれていた、「共に生きる社会」という言葉が心に残りました。身体的に不自由な方の役に立ちたいと考えていた私にとって、とても共感できる言葉だったからです。支援する側になっても、常に患者さんと“共に”という意識を忘れないようにしたいとあらためて感じ、そんな考え方を大切にする大学で学んでみたいと思いました。
さらに調べてみると、国際医療福祉大学は附属病院などの関連施設がとても充実していることがわかり、実習でいろいろな分野の病院や施設を経験できるところに魅力を感じました。実際に在学中は、附属病院ならではの内容の濃い実習ができ、現在の仕事への心構えができました。

閉じる

先輩はこんな仕事に就いています

手先を使って物をつまむ機能を伸ばす、手指の協働運動訓練

私はこんな仕事をしています

国際医療福祉大学の附属病院の一つで作業療法士をしています。総合病院なのでさまざまな疾病やケガにより、リハビリテーションを必要とする患者様がいらっしゃいます。脳卒中などの脳血管疾患や大腿骨頸部骨折などが原因の運動器疾患だけでなく、筋萎縮性側索硬化症やパーキンソン病などの神経難病の方々も担当します。神経難病は日々症状が進行していくため、症状に合わせてご本人やご家族が少しでも生活しやすいよう支援します。また、自閉症やアスペルガー症候群といった発達障害児のリハビリテーションも行っています。学習面、運動面、生活面に加えて、学校の先生と連携して集団行動についても支援します。さらに今後増加が見込まれる在宅生活の支援のしかたを、関連施設の訪問リハビリテーションスタッフと共同で検討を重ねています。

閉じる

大学の学びで仕事に活かされているもの

大学では授業や実習を通していつも「患者様がどんな生き方をして、どんな価値観を持った方なのかを考えなさい」と教えられていました。この教えは今もずっと忘れずに実践しています。難しいのは、よくご自分のことを話してくださる方もいらっしゃいますが、そうでない場合は、なかなか知るきっかけがないことです。こちらから質問をしたり、さりげなく世間話をしたりしながら患者様について知ろうとするのですが、その方に適した関わり方は一人ひとり異なるため難しさを感じています。そんなとき相談できるのは今でも大学の先生です。勤務先が大学病院なので、大学時代に教えていただいた先生が病院にも定期的に作業療法士として来てくださっています。先生の患者様への接し方はとても勉強になり、よくアドバイスしていただいています。こうした面でも附属病院が充実している大学を選んでよかったと実感しています。

閉じる

リハビリテーション室では家事動作の訓練や評価もできる

今の仕事との出会い

高校生のときに足の靱帯を切ってしまい、理学療法によるリハビリテーションを行いました。この経験からリハビリテーションに関わる仕事に憧れを持つようになり、大学で資格を取りたいと考えるようになりました。最初は理学療法学科を志望していたのですが、国際医療福祉大学のオープンキャンパスを訪れた際に、各学科を体験してみて、より患者様の日常生活に重点をおいて、仕事や家庭生活に復帰するためのサポートができる作業療法士に関心を持ちました。また、作業療法士の仕事には「身体障害」「精神障害」「老年障害」「発達障害」と、多様な分野があるということも知り、さまざまな方の前向きに生きるお手伝いができることに魅力を感じて作業療法士を志しました。

閉じる

いつでも先輩に相談し、アドバイスがもらえる環境

これからの夢・目標

今の職場は国際医療福祉大学の卒業生が多く、患者様へのよりよい支援のためにどんな方法があるか、どんなふうに接したらよいかを考え、話し合えるモチベーションの高い人たちばかりです。そうした意欲的な環境の中、常に向上心を持ち続けていきたいですし、月1回大学で開かれている教員との研修会にはこれからも積極的に参加して、医療の進展に携わっていきたいと思っています。
また、患者様の多くは年上の方なので、私は支援する立場といっても、実は学ばせていただくことばかりです。そうした関わりを通じて自分の引き出しを増やし、患者様が少しでも生活しやすくなるようにご本人やご家族と相談し、試行錯誤しながら一緒に考えていける作業療法士になりたいと思います。そして、患者様の日々の変化を見逃さず、小さな発見を共有することに喜びを感じて、この仕事を続けていくことが目標です。

閉じる

先輩が学んだ学部もチェックしてみよう!

閉じる

1日のスケジュール

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ