学校パンフ取り寄せで図書カードGET

かんとうがくえん

関東学園大学

私立大学 群馬県

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科[地域経済デザインコース、公共政策コース](95名)
経営学科[経営・会計コース、国際ビジネスコース、スポーツマネジメントコース](95名)

所在地

1~4年:群馬

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●多彩なコースで専門知識・スキルと、コンピテンシー(社会対応力)を身に付ける
●少人数で学ぶ
●就職活動は専門スタッフとゼミ担当教員がWサポート

学生のニーズに応えるため、それぞれの経済分野の特長別に2学科5コースを設置。徹底した少人数教育を行うことで、学生一人ひとりの専門的知識・技術の向上を図ります。

【学生数】703名(2018年5月1日現在)
【専任教員数】35名(2018年5月1日現在)

経済学科[地域経済デザインコース、公共政策コース]

講義・学問分野

経済学入門I・II、ミクロ経済学、マクロ経済学、金融論、財政学総論、地域経済デザイン論 ほか

閉じる

経営学科[経営・会計コース、国際ビジネスコース、スポーツマネジメントコース]

講義・学問分野

企業と仕事I・II、組織と経営I・II、マーケティングI・II、簿記会計I・II、人的資源管理論、経営戦略論、ビジネス文化比較論、スポーツマネジメント論入門I・II、スポーツマーケティング論 ほか

閉じる

学部の特色

多彩なコースで専門知識・スキルと、コンピテンシー(社会対応力)を身に付ける

経済学部では、それぞれの学科に多彩なコースを設け、専門知識の習得に力を入れています。さらに、各コースで培った専門的知識を身につけると同時に、近隣企業へのアンケートから6つの能力を抽出、4年間を通して自分の目標を設定し、さまざまな活動を行うことで社会対応力を身に付けられるコンピテンシー育成プログラムを設けています。

経済学科
経済学科では、地域社会の要望に応えうる人材となるために、経済学を基本として地域の産業、生活、行政、安全等への理解を深めます。また、地域を対象としたフィールドワークやプロジェクト型授業に取り組むことにより問題を発見し解決する能力を向上させることができます。

経営学科
経営学科では、経営管理論、マーケティング論、財務会計論、管理会計論など、経営学と会計学の基礎を広く学ぶことができます。さらに、希望する進路に応じ、コースごとに経営・会計の幅広い分野、国際的なビジネスの分野、スポーツに関わるマネジメントの分野の知識・スキルが身に付きます。

閉じる

少人数で学ぶ

4年間を通じて、少人数のセミナー・演習を担当する教員やコース教員から、きめ細かな助言や支援を受けられるので、一人ひとりが自分の目標や適性(希望や個性)に応じて学べます。
また、入学後に新入生を対象としたオリエンテーションとして、フレッシュマン・キャンプを行います。セミナーの担当教員や先輩から大学生活の心構えを聞いたり、学生同士で歓談するなど、大学や学部に溶け込むための時間を過ごします。1年次のセミナーは、フレッシュマンセミナーと呼ばれ、自発的に課題に取り組むゼミで、1年間を通して大学生活をサポートする役割も果たします。

閉じる

就職活動は専門スタッフとゼミ担当教員がWサポート

本学では、学生自身ができるだけ早期から目的意識や職業観を持って就職活動に取り組めるよう支援を行っています。1、2年次は職業観確立の時期と位置付け、自分や社会を知るためのプログラムや科目を用意。1年次から就職支援プログラムを開始し、学年ごとにレベルを上げて取り組みます。自分と社会との関係を考える科目に加えて、多彩なインターンシップ実習先も確保。ゼミ担当教員や専門スタッフが一人ひとりの希望に合わせ丁寧に対応します。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

経済学科[地域経済デザインコース、公共政策コース]

地域社会の要望に応えられる人材の育成

経済学は世界や国といった広い視点から経済を大きくとらえ、経済のしくみや働きを明らかにし、経済問題の解決策を探求していきます。広く教養を学んだ上で理論・歴史・政策、あるいは応用経済学など、さまざまな分野の学びを通して経済学の基礎を習得し、専門性を高めていくとともに、コースにおける活動により実践力を身に付けていきます。経済学科では、地域社会の要望に応えられる人材となるために、経済学を基本として地域の産業、生活、行政、安全などへの理解を深めます。講義で知識や理論を学ぶだけではなく、地域を対象としたフィールドワークやプロジェクト型授業に取り組むことにより問題を発見し解決する能力を向上させることができます。

【授業・講義】
地域経済デザイン論、公共政策論

●地域経済デザイン論
内閣府の地方創生担当官や太田市の商工会議所などの協力のもと、地域活性化の現状と課題を確認し、課題解決のためのビジネスモデルのプランニング方法を学び、各自で太田市を活性化するためのビジネスモデルを考案します。併せて、地域経済をデザインするための全般的な理論を体系的に学びます。

●公共政策論
経済学の学びがどのように役立つのかを考えるために「公共と経済」および「経済と政策」についてさまざまな視点を紹介します。経済学を学ぶ意義を確認するとともに、それを社会に対して「政策として用いていくこと」の第一歩となる広い見識を身に付けることを目標としています。

閉じる

経営学科[経営・会計コース、国際ビジネスコース、スポーツマネジメントコース]

地域社会で活躍できる人材の育成

広く教養を学んだ上で企業やその他の組織体の経営に関わる問題を幅広い視点から解決できるマネジメントの知識・スキルを習得します。同時に、多彩な学内外の行事や活動の経験を通して、コンピテンシー(社会対応力)を身に付け、地域社会で活躍できる人材への成長をめざします。経営学科では、経営管理論、マーケティング論、財務会計論、管理会計論など、経営学と会計学の基礎を広く学ぶことができます。さらに、希望する進路に応じ、コースごとに経営・会計の幅広い分野、国際的なビジネスの分野、スポーツに関わるマネジメントの分野の知識・スキルが身に付きます。

【授業・講義】
マーケティング論、グローバル経営論、スポーツマーケティング論

●マーケティング論
「あの商品はなぜヒットしたのだろう?」、そんな疑問を出発点にして、身近な企業や商品、サービスを教材にして、受講者全員でテーマに沿って考えながら、マーケティングの基本概念となる「STP」そして「4Ps」について学んでいきます。

●グローバル経営論
複雑な国際情勢と厳しい競争という経営環境のなか、多国間で事業活動を展開している世界的な優良企業はどのようにして製品・サービスの国際標準化と地域適応化の相克を乗り越えているのでしょうか。いわゆる多国籍企業のマーケティングの内容や背景の事例研究を通して、グローバル経営の知識や手法を学びます。

●スポーツマーケティング論
スポーツマネジメントはプロスポーツのみではなく、企業スポーツ、アマチュアスポーツ、学校スポーツ、地域スポーツなど、さまざまな分野に導入されることが期待されています。本講義ではスポーツと社会のつながりを理解した上で、スポーツマネジメントの仕組みや基礎知識について学んでいきます。スポーツを文化論的な視点から理解し、スポーツビジネスに関する基礎となる知識や技術を得ることを到達目標としています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】群馬県太田市藤阿久町200
TEL.(0276)32-7915(直) 
 【URL】http://www.kanto-gakuen.ac.jp/univer/academics/index.htm

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ