じょうさい

城西大学

私立大学 埼玉県/東京都

学部・学科

先輩の学問体験記

薬学に加え、栄養の知識も学ぶことができます

薬学部 薬学科 6年 伊藤あゆみさん

出身高校
私立伊奈学園総合高校

部活や課外活動
チアリーディング部に所属し、運動部の応援をしたり、大会に出るため日々練習をしていました。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
少しでもわからないことや疑問に感じたことは、授業が終わったその場で確かめたり、先生のところに質問に行ったりして、なるべく早く解決するようにしていました。高校3年生で部活動を引退してからは、夏休みなどに開講される入試に向けての対策授業などに参加したり、休み中も解放されていた校舎で自主的に勉強をしたりしていました。私の場合は入試に面接があったため、模擬面接の練習にも参加して本番に備えました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

私の学科ではこんな勉強をしています

化学系や生物系などの実験は、薬科学科の人たちと一緒に行うこともあるので、異なる視点からの意見を聞くことができて勉強になります。薬剤師になるために必要な薬に関する知識はもちろんですが、同じ薬学部に医療栄養学科があるため、治療に役立つ栄養の知識を学ぶこともできます。5年次の薬局実習では、指導薬剤師の方の応対に習い、相手の気持ちになって接することの大切さを学びました。特に、お年寄りは薬が変わっただけでも不安になられてしまうことが多く、学んできた知識を自分の言葉にしてお話しするように心がけました。卒業研究のテーマも決まりました。私は先輩の成果を引き継ぎ、吸収促進剤による水溶性高分子薬物の粘膜透過性についての研究を進めようと考えています。研究室ではバーベキューなどのイベントもあり、先生や先輩、大学院生の方たちと交流を深めながら学んでいます。

閉じる

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

祖父母が薬剤師で、働く姿をいつも身近に見ていたことが薬剤師をめざすきっかけでした。薬学科は6年間のカリキュラムの中に長期の薬局実習・病院実習が設けられているので、本格的に薬剤師の仕事について体験でき、進路の参考にしたり、仕事内容についてたくさん学んだりできると期待したことも理由の一つです。また、栄養に関する知識を得られることは城西大学薬学部の大きな特徴で、薬剤師としての強みにもなると考え、入学を決めました。

閉じる

将来の夢・目標

他学科や文系学部の友人と知り合えるのは総合大学ならでは。4年制の友人が一足先に就職活動をしている姿を見ると気持ちが引き締まります。研究室では、先輩と話す中で、多様な進路があることをあらためて感じ、薬局や病院の薬剤師だけでなく、製薬メーカーも視野に入れて将来を考えようと思っています。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

1週間の時間割

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ