せいがくいん

聖学院大学

私立大学 埼玉県

先輩の志望理由

プロフィール

子どもからお年寄りまで多くの人を支えられるソーシャルワーカーになりたい

井上なつみ
  • 学部学科
    心理福祉学部 心理福祉学科
  • 学年
    1年(2021年11月時点)
  • 受験方法
    AO・推薦入試
  • 出身高校
    埼玉県立久喜北陽高校

自分の就きたい職業に近づくためには心理学と福祉学を学んだほうがいいと思い、聖学院大学 心理福祉学部 心理福祉学科を志望しました。

高校時代に将来就きたい職業について考えながらそれまでの人生を振り返り、悩みを抱えていたときに家族や友人が支えてくれたことが多かったと気付きました。そのときから、多くの人を支えられる職業に就きたいと思うようになりました。

心理学と福祉学のどちらかしか学べない大学が多い中、聖学院大学は両分野を学べることや、社会福祉士の資格取得をめざせる点に魅力を感じました。
また、サークル活動やボランティア活動が活発なことや、小規模の大学なので、講義でわからなかったところを先生に質問しやすい環境であることを先輩から聞いていたので、聖学院大学を選びました。

心理学を学ぶ中で、災害や疫病が流行すると、トイレットペーパーやマスクの在庫が家に十分あるにもかかわらず、買い占める人が増えて品薄になってしまうというしくみに「集団心理」が関わっていることを知りました。買い占めは個人的な問題だと思っていましたが、周囲からの影響は人を動かしてしまうほど強いということに関心が高まりました。

将来は、貧困や虐待、介護などの悩みを抱えている人が私に相談したことで、「悩みが軽くなった」「相談して良かった」と思ってもらえるようなソーシャルワーカーになりたいです。そのため、社会福祉士の資格取得に向けて勉強をがんばっています。

もっと知りたい大学の魅力

実習指導室には豊富な現場経験を持つ職員が常駐し、国家試験対策や実習を支援している。
福祉や心理に関する専門職の資格・免許の取得をめざせる

社会福祉士、精神保健福祉士、公認心理師(大学院課程を修了するか、一定の実務経験要)、認定心理士など専門職の資格取得をめざすことができます。

地域連携しながら生活上の福祉的課題を追究する「ソーシャルワーク論」ゼミでの議論の様子。
学生と先生の距離が近く質問をしやすい学習環境

徹底した少人数教育により、多くの授業が30人以下で行われ、学生や先生との対話が必要な授業は10人程度で開講されています。

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

同じ学問系統の志望理由を読む

リストに追加しました

ページの先頭へ