じゅうもんじがくえんじょし

十文字学園女子大学

私立大学 埼玉県

先輩の志望理由

プロフィール

子どもたちが楽しいと思える環境をつくり子育てに悩む保護者を支える存在になりたい

秋野帆香
  • 学部学科
    教育人文学部 幼児教育学科
  • 学年
    3年(2021年11月時点)
  • 受験方法
    一般入試
  • 出身高校
    埼玉県立越ヶ谷高校

保育士資格と幼稚園教諭免許の取得を希望。学内に附属幼稚園があり、日常的に子どもたちの姿を見られる環境にも魅力を感じ、十文字学園女子大学教育人文学部幼児教育学科に進学しました。

私にとって保育所は楽しい場所であり、いつも笑顔で優しく接してくれた保育所の先生はあこがれの存在で、その頃から保育士になるのが夢でした。高校生になり、真剣に進路を考えた時、共働き家庭が増える中で、保護者にも寄り添える保育ができる保育士をめざしたいと考えるようになりました。

十文字学園女子大学は1年次から実習があり、実践の場が多いことが魅力です。保育所で子どもと触れ合ったり、幼稚園で1日、朝の環境整備から体験させてもらったりなど、さまざまな事前実習が用意されています。授業でのインプットと実習でのアウトプットを繰り返すことで多くの学びが得られ、3年次からの実習では子どもと先生それぞれの動きに目を向けることができました。また、学内には雑木林があります。ここで行われるネイチャー・ワークでは自然に触れたり、身近に四季を感じたりし、忘れていた子どもの頃の感性が呼び起こされ、子どもについての理解を深められます。

授業では子どもに関する社会問題や課題についても学び、卒業研究では虐待をテーマに取り上げたいと考えています。その中で視野を広げ、子どもが安心して通える保育環境をつくるとともに、子育てに悩む保護者の支えになるのが目標です。

もっと知りたい大学の魅力

段階を追った事前実習が豊富で、実習での疑問を授業にフィードバックしながら学べる。
附属幼稚園と地域の保育所で1年次から実習機会を用意

本学は附属幼稚園を併設。また、地域の保育関連施設と連携し、1年次から現場で子どもや先生方と関わる機会が多く、実習を通じて実践的な学びができます。

雑木林を歩いたり、木の枝を使って遊んだり、身体と五感を使って自然の親しみ方を体験。
五感を使って自然に親しむネイチャー・ワーク

学内の雑木林で行う「ネイチャー・ワーク」は、自然の中の神秘や不思議に驚く感性「センス・オブ・ワンダー」を育みます。

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

同じ学問系統の志望理由を読む

リストに追加しました

ページの先頭へ