×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

さいたまがくえん

埼玉学園大学

私立大学 埼玉県

学部・学科

先輩の学問体験記

経済・経営は身近で、社会に関心を持って考えられる

経済経営学部 経済経営学科 2年 櫻田咲也花さん

出身高校
岩手県立盛岡第二高校

部活や課外活動
ソフトテニス部に所属。ナイター設備があり日没後もコートが使用可能で、平日は19時の完全下校時間まで練習していました。土日も朝から夕方まで練習があり、3年生の5月に引退するまで部活に全力投球の毎日でした。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
生徒の約半数が推薦入試、しかも指定校推薦で進学先が決まる中、私は一般入試とセンター試験利用入試での受験でした。そこで、まずは基本的な知識をしっかり押さえることに力を入れ、そのうえで志望校の過去問を解きました。センター試験は過去5~6年分を、私立大学は3~4年分を繰り返しました。センター試験については高校でマークシートの解答用紙が配られたので、それを使って本番と同じように解いていました。過去問を解いた後は、答え合わせをして、間違ったところは解説を読んで確認し、さらに学校で使っていた問題集で同じ単元の問題を解いて弱点を補強するようにしました。
一方、英単語や歴史などの暗記ものは、通学時間や就寝前に集中的に覚えるようにしました。特に英単語は先生から単語集を1冊全部覚えるぐらい繰り返すように言われていたので、赤シートを使ったり、覚えた単語にマーカーを引いたりして頑張りました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

経済・経営は、自分たちの生活につながる身近な学問

私の学科ではこんな勉強をしています

埼玉学園大学の経済経営学科は、経済、経営、会計を幅広くかつバランスよく学べ、さらにスポーツ・健康、観光ビジネスなどについても学ぶことができます。また、会社の経営状況や財政状態を把握するために必要な簿記も基本から段階的に学べ、将来、役立つ知識やスキルを確実に身に付けられます。
1年次は、それぞれの基礎となる総論や経済史などを学びます。経済史では戦後日本の歴史を経済面からみていくのですが、今の日本経済がどのように作られてきたのかがわかります。例えば財閥解体や農地改革などが取り上げられます。何年に何があったという出来事の羅列ではなく、農地改革によってどう社会システムが変わり、現代につながっているかが詳しく解説されるので、とても興味深いです。これまではあまり経済や社会のことに興味をもっていなかったのですが、今の自分たちの生活につながっていることがわかってくると、とてもおもしろく、勉強するのがどんどん楽しくなってきます。

閉じる

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

ニュースで経済政策やアベノミクスと言われても、全然どういうことかわからなくて、そうしたことをちゃんと知っておくことが大切だと思いました。また、将来、どのような仕事に就こうと、経済・経営に関する知識は必ず役に立つだろうと考え、その前に就職活動をするとき、どのような企業なのか、その経営状況はどうなのかなど、企業を見る目が養われると思い、経済経営学部を志望しました。
私たちは毎日、スーパーやコンビニで買い物をするなど、特別意識していないだけで、経済活動を行っています。ところが、高校まではあまり経済のことを知ったり、勉強したりする機会がありません。だからこそ、大学でしっかりと学んでおくことが大事だと思いました。経済経営を専門的に学び始めると、経済学が本当に身近なことだとわかるし、社会のことが少しずつ理解できるようになってきておもしろいです。

閉じる

美しく機能的なキャンパスで、充実した大学生活が送れる

将来の夢・目標

経済経営学科には、スポーツ・健康関連のビジネスや観光ビジネスに関する科目もいろいろと用意されています。例えば、「旅行ビジネス論」は、航空会社、ホテル、テーマパークなどのマーケティングや競争戦略を学ぶ授業です。ホテルであれば、帝国ホテルなどのシティホテルとビジネスホテルではサービスの仕方がどのように異なるか、宿泊客の客層にどんな違いがあるかなどを見ていきます。
また、私はウェディング系の仕事にも興味があるので、ブライダルプランナーの資格取得講座を受講したいと考えています。このようにいろいろな業界や業種について知ることができる授業や学外の講座がたくさん用意されているのは埼玉学園大学の大きな魅力だと思います。しかも、受講料無料で講座を利用できるのは、とても助かります。今後、実際にいろいろと学びながら、将来の具体的な目標を見つけていきたいと思います。
同時に、授業で興味を持った日商簿記3級の資格取得講座や、高校時代から英語をがんばってきたので、TOEICテスト対策講座も受講してステップアップをめざしたいと思っています。

閉じる

ネットやSNSなどを駆使すれば、地方からでも情報収集は可能

後輩へのアドバイス

地方出身で遠かったこともあり、オープンキャンパスには参加していません。大学入試センター利用入試での受験だったので、入学式直前に初めて大学に来た時は、道もバス停の位置もよくわからなかったし、どんな雰囲気の学校だろうと少し不安でした。でも、事前に大学案内やホームページを見ていたので、比較的すんなりと大学になじむことができました。さらに、ツイッターを通して入学前から新しい友達ができたので、知り合いが誰もいないという心細さはありませんでした。
ホームページで大学をチェックする際、私が重視したのは、在学生のコメントです。埼玉学園大学は在校生が充実した学生生活を過ごしていると感じられるコメントで、「ここにしよう」と思えました。とはいえ、可能ならば、実際に大学に足を運び、自分の目で大学の様子を見ることをお勧めします。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

1週間の時間割

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ