×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

しょうびがくえん

尚美学園大学

私立大学 埼玉県

スポーツマネジメント学部の詳細情報新設

※2020年4月開設

学科・定員・所在地

学科・定員

スポーツマネジメント学科(160名)新設
※2020年4月開設

所在地

1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●スポーツの枠組みを超え、異分野との連携の中で学ぶ
●大学での学びを卒業後の進路に直結させるカリキュラム体系
●「体験型プログラム」でスポーツマネジメントを実践的に学修

長年にわたるスポーツ分野の専門教育をさらに発展させ、芸術情報学部や総合政策学部をもつという独自性との融合の中、あらゆる視点からスポーツを学びます。

スポーツマネジメント学科新設※2020年4月開設

講義・学問分野

スポーツビジネス論、スポーツビジネスプランニング演習、スポーツとまちづくり、マーケティング論、スポーツブランド論、コーチング論、スポーツデータ解析、バイオメカニクス、スポーツイベント概論・演習、スポーツイベント(PA)、eスポーツビジネス論、スポーツイベント(スポーツコンテンツ/メディアコンテンツ制作配信)、スポーツ映像、スポーツ教育論、トレーニング論、ジュニアスポーツ演習、スポーツ医学 ほか

閉じる

学部の特色

スポーツを学び、社会をリード。スポーツマネジメント学部 誕生

スポーツの枠組みを超え、異分野との連携の中で学ぶ

本学のスポーツマネジメント学部の最も大きな特長は、学べるスポーツ関連分野の幅広さにあります。運動能力の向上や健康増進を支える「競技スポーツ」「ウェルネス(健康)」「教育」はもちろん、社会や生活の豊かさを生み出す「ビジネス」「イベント」「情報」などをテーマに、これまでのスポーツの枠組みを超えた多様性のある学習が可能です。
また、「音楽」「舞台」「情報」分野の表現力や創作力を養う芸術情報学部と、「法律・政治」「社会・コミュニケーション」「経済・経営」領域の学びが充実した総合政策学部。これら2学部と学部を越えて科目履修やコラボレーション活動ができるなど、スポーツに対する複眼的な思考力が鍛えられます。

閉じる

学べるテーマ例と卒業後の進路イメージ

大学での学びを卒業後の進路に直結させるカリキュラム体系

あらゆる視点からスポーツをマネジメントする理論・知識・技能を修得できる科目を設定。1・2年次の基本科目の学びを通して将来の探索と将来への準備をし、3・4年次の展開科目を経て、将来を確立させていく段階的なカリキュラムを提供します。さらに、「ビジネス系(経営・事業管理)」「コーチング系(教育・指導)」「クリエイティブ系(イベント企画・演出)」など、あらゆる視点からスポーツをマネジメントする仕事に直結した学びを通して、将来の夢の実現をめざしてアプローチしていきます。

閉じる

サッカー場や野球場、陸上トラックなどスポーツ関連施設が充実

「体験型プログラム」でスポーツマネジメントを実践的に学修

スポーツをマネジメントする経験やノウハウを、実体験を通じて得る教育プログラムを充実させています。スポーツ関連企業や地域スポーツ振興の場において、全学部生が就業体験を行う「スポーツマネジメント実習」。学内スポーツ大会や健康づくりのイベントなどのスポーツイベントを企画・立案・運営する手法を学ぶ「スポーツイベント演習」。現代スポーツをビジネスの視点で捉え、内外の文献や学生間の討議、さらには実地研究を通してスポーツマーケティングを学ぶ「スポーツマーケティング演習」など、実践的な科目を数多く設置。海外の提携先大学での各種留学プログラムも用意しています。

閉じる

学べること

スポーツマネジメント学科

スポーツとさまざまな分野の組み合わせで新しい分野を開拓する

●スポーツ×ビジネス
<スポーツチームの経営に欠かせないノウハウを修得>
スポーツを「ビジネス」という観点から学びます。例えば、野球やサッカーなどのプロリーグの試合は、年間を通じての観客動員数がチームの健全な運営のためには重要です。スポーツの集客面などを学ぶことで、将来はプロチームの運営スタッフとして経営手腕を発揮することも可能です。

●スポーツ×マーケティング
<スポーツをキーワードに新しいカルチャーを生み出す>
シューズやウェアなどのスポーツ用品は競技の道具だけではなく、ファッションやカルチャーとも密接に結び付いています。スポーツ用品メーカーの「マーケティング」や「ブランド戦略」の研究を通じて、商品の企画や開発、スポーツマテリアルのプロモーションの仕事で活躍できる人材を育成します。

●スポーツ×データ分析
<科学の視点でスポーツを支えるスペシャリストをめざす>
スポーツ科学のデータ分析は試合展開を数値化・可視化することで、ゲームプランを構築する場面にも生かされています。「情報」や「教育」などの視点からスポーツを科学的に分析する能力を身に付け、アスリートや指導者、情報戦略面で競技をサポートしていくスポーツアナリストとして活躍するためのスキルと知識を修得します。

●スポーツ×イベント
<スポーツイベントで世界を沸かせる人材を育成>
サッカーゲームや格闘ゲームを中心に「eスポーツ」が世界中で盛り上がり、スポーツイベントでの種目としての採用なども広がりつつあります。こうしたスポーツをキーワードとする新たな「競技スポーツ」について探究し、イベント開催やプロモーションなどのノウハウを学び、スポーツの新機軸を送り出す仕掛け人をめざします。

●スポーツ×エンターテインメント
<「情報」というアプローチからスポーツの魅力を発信>
スマートフォンなどのデバイスを利用して、スポーツの試合をライブストリーミングで楽しむことは日常となりつつあります。スポーツを「情報」という視点からアプローチすることで、エンターテインメントとして伝えるメディアや表現方法、さらにはスポーツ番組コンテンツの企画力や演出力、映像のクオリティを高める技術力や編集力を修得します。

●スポーツ×教育・指導
<スポーツを通して多くの人々の「健康」を支える>
スポーツ指導者には人体の構造から食事の管理まで幅広い専門知識が求められます。生涯スポーツがテーマになっている近年のスポーツを「ウェルネス」や「教育・指導」という側面から学ぶことで、保健体育の教員をはじめ、スポーツの楽しさや健康維持の取り組みを伝えていく教育・指導のエキスパートを養成します。

閉じる

アドミッションポリシー

スポーツマネジメント学部のアドミッションポリシー

●建学の精神「智と愛」のもとに、明確な意識をもってスポーツを探求していこうと考えている方

●大学での学修を通して、様々なスポーツ課題を発見し、それを解決又表現する意欲をもっている方

●スポーツ活動を通して、地域社会をはじめとした社会の形成を目指す人間になろうとする方

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ