しゅくとく

淑徳大学

私立大学 千葉県/埼玉県/東京都

淑徳大学/先輩の学生生活体験記

仲間との学びを通して、地域社会に貢献する看護師へ

看護栄養学部 看護学科 卒業生 飯田 朱音さん 市原中央高等学校 卒業

※学年は取材時点のものです

高校時代の様子

高校時代は勉強だけでなく、クラス会長や、体育祭や文化祭等の学校行事など、多くのことに積極的に取り組んできました。その中でも特に、部活動に力を入れていました。吹奏楽部に所属しており、学生指揮者をしたり、マーチング係としてマーチングドリルを作成したりと、楽しく活動していました。また、コンクールでは高校で初めて金賞を受賞することができ、仲間と共に頑張ってきて良かったと思えた瞬間でした。引退後は、受験に向けて、部活動で培ってきた忍耐力を生かして受験勉強を乗り越えました。

大学で頑張っている「学び」

大学の4年間では、基礎となる身体の働きや患者さんとのコミュニケーション、看護技術等の多くの看護に必要な知識・技術を学びました。私は看護師と保健師、両方取得したいと考えていたので、3年次からは保健師課程の学修も始まり、看護師過程との両立が大変でした。しかしより広い視野で、地域も含めた健康予防の視点も学ぶことができたと感じています。また、グループワークの学びの機会も多いことから、プレゼンテーションや議論する力も身につき、仲間と共に同じ目標に向かって高め合いながら学修することができました。

この大学に入学して「良かった」と思えること

大学生活では、施設が綺麗で学修する環境が整っていることが魅力的です。また、図書室には医学から看護等の専門的な書籍が多くあり、とても充実していたことが良かったです。そして、他学部との合同の授業があるため、同じ学科だけでなく普段は交流する機会の少ない他学部と交流を図ることができました。実習施設が近隣にあることで、通いやすく、移動負担の少ない実習期間にすることができました。話しやすい先生も多く、何でも相談しやすい環境があり、この大学に入学して良かったです。

後輩へのアドバイス

看護師や保健師はこれからも必要とされる職業であり、大学での学びを深めていくことで、改めて専門職の魅力を感じることができます。将来について不安になることもあるかもしれませんが、自分のやりたいことや興味のあることに対して一歩踏み出してみて下さい。可能性は無限大ですので、何事も挑戦してみること、そして、入学して良かったと思えるような大学が見つかることを願っています。頑張ってください。

2023年に2学科新設、7学部13学科の総合大学へ

2023年4月、淑徳大学は地域創生学部 地域創生学科と人文学部 人間科学科を新設。経営学部は東京キャンパスに移転しました。
総合福祉学部、コミュニティ政策学部、看護栄養学部、教育学部、地域創生学部、経営学部、人文学部、合わせて7学部13学科を擁する総合大学で、福祉・教育・心理・地域政策・地域文化・看護・栄養・経営・観光・歴史・表現などが学べます。
詳しくは下記リンク先をご覧ください。
そこでは、ここで紹介していない学生の声も多数掲出しており、今後の志望校研究や志望理由書作成の参考に、また、淑徳大学の詳細な学び、社会福祉士・看護師・保健師・管理栄養士・教員・保育士など、資格・免許の高い合格実績も本学の特長です。ぜひチェックしてみてください。

すべてのオープンキャンパスを見る

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ