×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

せいとく

聖徳大学(女子)

私立大学 千葉県

先輩の志望理由

プロフィール

自分の得意分野を伸ばしながら広い視野で保育・教育を学べる

白井あゆみ

児童学部 児童学科 児童文化コース 4年(2020年11月時点)

受験方法:AO・推薦入試

出身高校:千葉県立君津商業高校

進学した大学・学部・学科

好きなことや得意なことを伸ばして、ほかの人とは一味違う強みをもった保育士になりたいと思い、聖徳大学児童学部児童学科を志望しました。

閉じる

きっかけ

幼い頃から絵を描くことや手芸など、ものづくりが好きだったので、こういったスキルを活かせる「保育士」は自分にあった職業だと思いました。

閉じる

大学選びの条件

大学選びでは、免許や資格の取得がゴールではなく、自分の得意なことのスキルを伸ばせる大学を探しました。聖徳大学は一般企業への就職実績もあり、広い視野で学べると思い、入学を決意しました。

閉じる

キラリと光る大学の魅力

現在は児童文化コースで、幼稚園教諭免許と保育士資格の取得に向けた学修と並行して、子どもの文化について学んでいます。けん玉やこまなどの「伝承遊び」や「人形劇」、キャンプの技術などを学ぶ「野外活動論」といった児童文化コースならではの学びに魅力を感じています。
海外研修でイギリスに行ったときには、子どもたちに折り紙の折り方を英語で説明したり、一緒に折って遊んだりして、授業で学んだことを活かせたと実感しました。

閉じる

社会との関わり

また、私が所属するゼミでは、公園でアートを楽しむ「アートパーク」を毎年実施しています。さまざまな年齢の子どもたちとの絵の具遊びや、巨大な象のオブジェの制作など、地域と一体となった美術教育を実践・研究しています。

閉じる

将来の展望

今後は保育士資格と幼稚園教諭免許を取得し、児童文化コースで得た広い視野や子どもたちと触れ合った経験を社会で活かしたいと思っています。

閉じる

児童文学の王国・イギリスで国際的な体験を積む

3年次には「児童文学の王国・イギリス」へ。著名な児童文学作品の舞台を散策し、学校訪問を行うなど、児童文化の指導者としての国際的な感覚を養います。

学校訪問では折り紙や唱歌など、日本の文化を介してイギリスの子どもたちと交流する。

閉じる

地域とつながる多様なフィールドで実践的に学ぶ

松戸市や地域と協同して、子どもが参加できる企画を立て、運営も行います。学んだことを実践できる機会がたくさんあります。

「アートパーク」は毎年2000人を超える親子でにぎわう。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ