学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!

わようじょし

和洋女子大学

私立大学 千葉県

注目情報

和洋女子大学の新設情報

2018年4月、看護学部を開設

1897年、創設者堀越千代は和裁だけでなく洋裁もできる女性を育成するため、裁縫の各種学校「和洋裁縫女学院」を設立しました。創設以来、人間的・社会的に自立できる女性の育成に力を注いできた和洋女子大学。2018年に看護学部を設立し、さらに女性が社会で活躍できるための力を育成します。

閉じる

看護学部が育てる人材像

1.「礼節を重んじ、ホスピタリティの精神と高い倫理観を持つ」
自己を真摯に捉え、対象者と円滑なコミュニケーションをとることができ、人間愛と倫理観に基づき共感的態度で援助関係を形成する。

2.「専門的知識・技術力を備え、自ら学び続ける自律性を持つ」
看護学の専門的知識・技術・態度を修得し、状況に応じて総合的に活用できる。
さらには、医療チームの一員としてリーダーシップを発揮し、看護実践者としての自らのキャリアデザインを描くことができる。また、看護専門職を生涯の職業とし、自ら学び続ける自律的な態度を養う。

3.「地域・社会に能動的に貢献する社会的貢献性を持つ」
他職種連携を基盤とする保健・医療・福祉等分野において、協働する能力を有し、看護専門職の役割を理解するとともに、社会貢献できる基礎的能力を滋養する。

閉じる

ホスピタリティ精神を持ち、地域に貢献できる人材へ

座学による講義だけでなく、学生が確実に知識を習得できるよう、自ら主体的に学ぶ学修形態(アクティブラーニング等)を取り入れます。4年間を通して、看護専門科目群毎に演習科目を段階的に配置し、卒業時に必要とされる「看護師・保健師技術到達度」を目標に演習に取り組みます。また、講義や演習では、電子カルテや各種シミュレーション機器を用いて、より高度な技術を身に付けるとともに、より臨地に近い場面を設定し、学生の判断力を養成します。それらを保証するために、ICTを活用した教育内容が幅広く展開されています。

閉じる

充実の奨学金制度で経済面からも学びをサポート

本学では奨学金制度を設けています。本学独自の奨学金以外に、日本学生支援機構、地方公共団体、民間団体等の支援による奨学金制度も積極的に紹介しています。看護学部の学生は病院奨学金のほか、千葉県からの奨学金を受けることができます。詳しくは大学にお問い合わせください。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ