かいちこくさい

開智国際大学

私立大学 千葉県

開智国際大学/先輩の志望理由

視野を広げ、卒業後の進路を見つけるための少人数&グローバルな教育環境が魅力

国際教養学部 国際教養学科 学年:4年(2022年11月時点) 五十嵐愛美さん 受験方法:センター利用入試 出身高校:新潟県立新潟江南高校

大学のパンフレットや受験情報誌を調べて「国際」「教養」系の学部・学科に興味を持ち、開智国際大学の国際教養学部 国際教養学科に進学しました。

開智国際大学は2017年に新しくスタートした大学で、21世紀を見据えた大学教育に取り組んでおり、自分も一緒に成長しながら学んでいきたい、という強いモチベーションが湧いたからです。

視野を広げる自由な学びを少人数教育の環境で実践できるところが一番の魅力でした。目標の進路がある人はそれに合わせて、一方で私のように大学で進路を決めたい人は幅広く学ぶこともできます。
1年次には大学のプログラムで2週間フィリピンへ研修に行きました。高校まで英語が苦手だった私ですが、現地で思い切って地元の人に話しかけたら温かく答えてくれ、自信につながりました。まずは伝える気持ちが大事だと実感し、積極的になれたきっかけの一つです。自治体が主催するボランティア活動にも参加してタイに行き、さらに視野を広げ、語学も上達したいと思うようになりました。
また、先生や大学職員の方との距離の近さも大きな魅力です。授業で積極的に質問するとすぐに顔を覚えてもらえるし、学業から就職活動までサポート体制が整っていることも、本当に心強いです。

コロナ禍で観光や旅館・飲食業が影響を受けています。地方出身の私は地元の過疎化も気になります。それらをうまく結びつける仕事ができないか模索中。学んだ力を発揮できるよう、挑戦し続けます。

もっと知りたい大学の魅力

メジャー制を最大限に生かし、めざす進路に合わせて専門性を高めていく。

多様な進路を可能にするダブルメジャー制

専門分野だけでなく関連する隣接分野や興味・関心のある分野も学べるようダブルメジャー制を導入。複数の専門を持つことで将来の進路も多様になります。

1・2年次は英語が必修。オールイングリッシュの科目や英語のテキストを用いる科目が多い。

授業や留学生との交流などで実践的な国際英語を学ぶ

英語の授業は習熟度別の少人数クラスで行っています。さらに、留学生との交流や集中的な学習などで、国際英語を強化します。

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

同じ学問系統の志望理由を読む

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ