亜細亜大学/都市創造学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

あじあ

亜細亜大学

私立大学 東京都

都市創造学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

都市創造学科(145名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●都市の未来を産業と社会から考える
●フィールドワークを重視した双方向型学習
●留学&国内外インターンシップは必修

今までにない発想とアプローチで、豊かな都市を創造する方法を考察。都市に活気と心地よさをもたらす未来ビジョンを打ち立て実践する「未来都市創造人材」の育成をめざします。

【学生数】311名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】19名(2017年5月1日現在)

都市創造学科

講義・学問分野

〈都市コンテンツ履修コース〉
都市コンテンツ概論、メディア論、産学公連携プロデュース論、知的財産論、インターネットビジネス論、テーマパーク論 など
〈都市デザイン履修コース〉
都市計画論、都市・建築デザイン論、街づくり論、リーダーシップ論、都市景観論、スマートシティ開発の実務 など

閉じる

学部の特色

豊かな都市を創造する方法を考える

都市の未来を産業と社会から考える

都市創造学科では、産業と社会の観点で都市を考察し、都市の産業とそこに住む生活者の視点で社会のあり方を考えます。めざすのは、都市に活気と心地よさをもたらす未来都市のビジョンの打ち立て、実践する「都市創造人材」の育成です。自治体などが公表するデータや都市に関するSNSなどのビッグデータを活用し、最先端の知見を社会の全体像の中で理解するとともに、都市ニーズに合わせて活用する視点も養います。

閉じる

学生の問題意識に基づいて現地調査

フィールドワークを重視した双方向型学習

1年次のオリエンテーション・ゼミナールから4年次の卒業プロジェクト、卒業研究や社会調査実習まで、双方向型学習を重視したアクティブ・ラーニング科目を設置。必修科目の「フィールドワーク」では、渋谷や横浜などの街に出て、人々とコミュニケーションをしながら都市の実態を調査、発表を行います。

閉じる

世界の産業社会を実感

留学&国内外インターンシップは必修

都市創造学部の留学は、単なる語学研修ではありません。アジア(中国・韓国※・ベトナム・タイ・インドネシア)、アメリカなど世界各国で英語+留学先の言語を学ぶと同時に、海外インターンシップで、留学先の産業社会を体験。言語・文化の壁を自らの力で越え、現地社会に飛び込むことで、留学先での異文化理解が深まります。
※2018年4月現在、韓国への派遣は見合わせています。

閉じる

学べること

都市創造学科

都市の魅力を発信し、課題のソリューション(解決策)を提案する

文化、芸術、スポーツなどの多様なイベントから映像、音楽の制作、さらに店舗開発や商品企画まで都市のさまざまなコンテンツづくりと発信を率いるプランナー、プロデューサーになるための実践的な知識を養う「都市コンテンツ履修コース」では、ビッグデータを活用した分析で都市の状況を把握し、企画や制作の現場を知り、人をまとめ、ビジネスとして成立させる「構想力」、「ネットワーク力」、「情報発信力」を鍛えます。
優れた都市づくりが街の競争力を高め、美しい都市景観が街の魅力を生み出し、都市デザインと一体化した経営が都市問題を解決します。「都市デザイン履修コース」では、「ビッグデータの活用力」、「スマートシティの構想力」など「シティ・サイエンス」の最先端の知識を実践的に学び、都市の課題を解決するために、「要求理解力」、「問題分析力」、「実行力」を身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

学生の受入方針

本学部は、ディプロマ・ポリシーに示した知識・技能・態度を持つ人材を育成するために、次に掲げる人材を求めます。

1.都市創造学部都市創造学科での就学に必要な基礎的な知識・技能を、高等学校の教育課程において修得していること。
2.都市創造学部都市創造学科で学ぶ知識・技能・態度・体験を都市の創造のために活かしたいという意欲があること。
3.(一般入試)特に、「国語(現代文)」又は「外国語(英語)」の学習を通じて、基礎的なコミュニケーション能力を身につけている。
4.(推薦入試)都市の魅力や課題について、自ら問題を発見し、自ら考え、自ら判断し、説明することができる。
5.(留学生関連入試)後期中等教育レベルの教育を終え、日本語の基礎的な能力を身につけ、本学で学ぶ意欲を持つ。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都武蔵野市境5-24-10
入試・広報センター入試課
(0422)36-3273(直)
 【URL】https://www.asia-u.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ