×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きょうりん

杏林大学

私立大学 東京都

先輩の志望理由

プロフィール

興味ある分野を広く学び 自らの可能性を探る

総合政策学部 総合政策学科
4年(2019年11月時点) 田渕青大さん

志望理由

こうなりたい!そのきっかけ

子どもの頃からサッカーをやっていたため、海外サッカーを中心に、海外とスポーツに興味がありました。また、高校生になると、介護士をしている母の影響で、福祉関係の仕事をめざそうと考えていましたが、まだぼんやりとしたものでした。
そんな時、担任の先生に「4年制の大学に行って視野を広げてみてはどうか」とアドバイスをもらいました。

閉じる

大学選びの条件

福祉を含め、いろいろな分野を学べる大学はどこか調べたところ、杏林大学の総合政策学部に行きつきました。オープンキャンパスで、1年次はさまざまな分野を幅広く、2年次は専門分野を深く学ぶと聞き、興味を持ちました。

また、実家からキャンパスが近かったこと、叔父の出身校でもあることなど、以前から身近な大学だったことも後押しになったと思います。

閉じる

ここに共感

総合政策学部は、自分にとって可能性を広げられるところ、自分の引き出しを増やせるところだと、入学直後から感じていました。私は国際関係コースを選択。子どもの頃から世界に興味があったため、授業にもすぐにのめり込めました。
一番面白かったのは、戦争の具体的な話を聞く授業。座学だけではなく、当時のヘルメットを見せてもらうなど、インパクトのある授業でした。

2年次からは政治系のゼミに所属しました。時事問題を取り上げる機会が多いこともあり、卒業論文はスポーツ界のハラスメントについて、アメリカやイタリアなど海外の事例と比較して書いています。

閉じる

夢に向かって

最初は興味のあるスポーツ業界をめざしていましたが、大学で国際関係を学んできたので、スポーツと国際関係に携われる旅行業界に注目。ゼミの先生にOBを紹介していただき直接話を聞けたこともあって、旅行業界一本で就活を進める決心がつきました。

内定をもらった企業にはスポーツ支部があるだけでなく、海外出張もあり、自分の挑戦してみたかったことができそうだと思っています。

世界中のスポーツ選手を日本に呼んで、子どもたちに世界のトップレベルのプレイを見せてあげたい。そういった機会を増やすことが、私の大きな夢であり目標です。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ