こくがくいん

國學院大學

私立大学 東京都/神奈川県

大学トップ

國學院大學の注目情報

多様なプログラムで、一人ひとりのキャリアデザインをサポート

キャリアデザインとは、自分の進みたい未来を思い描いて、その計画を立てること。学生生活が人生の飛躍につながる優れたキャリア=経歴となるように、本学では、「自分探し」から留学・資格取得・就職まで、学生一人ひとりのキャリアデザイン(人生設計)をサポートするさまざまなプログラムを用意しています。

閉じる

「振り返り」と「自己評価」を繰り返し自分を生かす道を模索する

  • ※K-CareerはK-SMAPYと連携した学生生活全般を支える総合コミュニケーションサイトで、大学生活における「自分史」を作成するための題材を積み上げていくことができます。

一人ひとりが将来、社会で存分に力を発揮できるよう、本学は「学生自ら発信する『自分史』作成支援」というプログラムを実践しています。「自分史」とは、大学の4年間を通じて自らを何度も「振り返り」、「自己評価」することによってつくりあげる、成長の全記録ともいうべきものです。

「自分史」の作成は、4つのステップからなっています。1年次に第1ステップのコンピテンシー診断(自己診断)を行い、ステップ2と3で“ポートフォリオ”を作成します。ポートフォリオとは、履修状況、自分の長所や短所のほかに、がんばって取り組んだことや大学生活でこれからやりたいこと、将来就きたい職業、身に付けたい力などを入力するもの。これをキャリア形成に活用し、自己実現を果たしていくのが第4のステップです。この間の情報収集や記録の作成、自己評価などの作業には、「K-SMAPY(Kokugakuin university Supporting system for Making Academic Plans and Yearly schedule)」という本学独自のITシステムが、有効に活用されています。

自らを「振り返り」、「自己評価」を繰り返す「自分史」の作成は、問題を見つけ、克服していく繰り返しにほかなりません。この過程を経験することにより、学生一人ひとりが課題発見力と解決力を自然に身に付けることができます。さらに、前へ踏み出す力、計画を立て実行する能力、他者を受け入れ自己を表現するコミュニケーション能力など、社会で活躍するための “社会人基礎力”を総合的に育むことが、このプログラムの最終目標です。

閉じる

国際交流やボランティアなど、授業以外にも成長をサポート

本学では、各学部学科の専門的な学修以外にもさまざまな体験や学びの経験を通じて人としての成長をサポートしています。

例えば、国際交流に対するサポートでは、夏冬休みを利用した1か月の短期留学から、数か月、1年など語学レベルや興味に応じた留学を紹介しています。また、海外から國學院大學に留学している留学生との語学パートナーや、日本文化理解のイベントを手伝ってくれるK-STEPアシスタントを募集しており、キャンパスでできる国際交流も行っています。また、正課外での英語学習をサポートするためのランゲージ・ラーニング・センターも開設しています。このセンターでは、専門のスタッフや先生が語学学習について相談に応じたり、英語で実施するイベントや映画鑑賞会、グループ学習などを行っています。

ボランティアステーションでは、学外からのさまざまなボランティア依頼の紹介や、初めてボランティアに参加するという学生などへのサポートを行っています。ほかにも、聴覚障害を持つ学生のために講義のノートテイクを行ってくれる学生を募集したり、大学内で行うワークスタディなどの紹介も行っています。

閉じる

就職支援:本学で実施している主なキャリア教育を紹介!

 

【キャリアサポートプログラム】
「インターンシップI・II」:キャリアデザインと同じく「キャリアデザイン科目」に含まれる正課授業科目です。「I」は、さまざまな分野で活躍中のOB・OGを中心とした外部講師が、卒業後に必要なキャリア形成や社会が求める人材について講義します。「II」では協定企業や官公庁での業務を体験し、卒業後の進路を具体化していきます。

業界セミナー:各業界のリーディングカンパニーの採用担当者が来校して業界説明をしてくれます。

内定者アドバイザー:就職活動を終えた4年生が学生目線でサポートします。自己分析やエントリーシートの内容など初歩的のことから具体的な悩みまで受け付けます。

ITキャリアサポートシステム『K-SMAPY』:Webを利用した本学独自のポータルサイト『K-SMAPY』には、企業のガイダンスや説明会などの有用な情報が掲載されています。学生はサイトに自由にアクセスして情報を得られることはもちろん、双方向システムにより自己診断や説明会への参加登録などを「いつでも」「どこからでも」行うことができます。

國大就勝ゼミ:一般企業への就職希望者を対象に、3年次に開講される90分20コマ程度のセミナーです。グループワーク中心の実践形式によって、めざす企業から内定を獲得するために必要なポイントを体得します。セミナーの仕上げとして2日間にわたる人事担当者との模擬面接指導を実施します。

キャリアアドバイザーによる相談:企業人事採用経験者や人事コンサルタント、キャリアカウンセラーなどをアドバイザーに迎え、「プロの目線」による個別指導や相談支援を行っています。アドバイザーの業界はメーカー・IT・金融・流通・マスコミ・教職など多分野にわたり、さまざまな進路希望に対応しています。

【公務員対策支援プログラム】
公務員ガイダンス:公務員の仕事や待遇などについて解説するガイダンスです。また、公務員試験対策に実績のある専門学校の講師を招いて、公務員試験対策の講習会も実施しています。これらのプログラムを通して、本学学内で効率よく、公務員試験に向けた学習ができます。

公務員基礎講座:本講座は1~2年生を対象として公務員試験の重要科目を学習する講座です。公務員試験は学習科目が多く、範囲が広いため1年次より「憲法」「民法」「経済学」「数的処理」の基礎を計画的に学習し、3年次からの学習の土台を作ります。本講座は本学の学生のために作られたオリジナル講座です。

公務員試験対策コース別本科生講座:1・2年次の基礎講座からステップアップするための講座です。国家公務員、地方上級合格を目標に、試験科目対策をコース別に進め、合格に向けた実践的な力を身に付けます。

警察・消防官試験対策講座:警察官・消防官の仕事について理解し、過去問題の傾向をしっかり押さえながら、解答練習と解説講義により、効率の良い、的確な試験対策で合格を目指します。

【教員採用試験対策】
本学では今までに1万人を超える卒業生が教壇に立ち、活躍してきました。特に国語や社会科目の中学・高等学校教員を多数送り出してきたことから「教職の國學院」とも言われてきました。その実績と伝統を基に、渋谷キャンパスの「教職センター」、横浜たまプラーザキャンパスの「教育実践総合センター」がそれぞれ教職希望者へのサポートを行っています。また、実際の教育現場を体験できるスクールボランティアの紹介も積極的に行っています。

基礎講習会:教職教養、論作文を中心に基礎・重要事項および学習法を解説。2年生対象ですが、早期から本格的な学習に挑む意欲がある方は、1年生から受講できます。

教職総合ゼミナール:教育法規・学習指導要領・論作文・専門教科など、教員採用試験に必出の内容について、毎週勉強会を行い、着実にレベルアップを図ります。

合宿セミナー:2泊3日で論作文や面接、模擬授業などの実践的な練習をすることで、応用力と実践力を身に付けます。仲間との情報交流で、さらなるモチベーションアップを図ります。

 

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ