じょうち

上智大学

私立大学 東京都

上智大学/先輩の志望理由

国際協力のあり方に問題意識を持ち、多角的な視点でグローバリゼーションを研究

総合グローバル学部 総合グローバル学科 学年:3年(2022年11月時点) 山本葉月さん 受験方法:推薦入試 出身高校:東京都・中央大学附属高校

国際協力やグローバルイシュー(地球規模の問題)に関心があり、上智大学の総合グローバル学部総合グローバル学科を志望しました。

高校の授業で観たドキュメンタリー番組で、アフリカへの支援物資が空中投下されるシーンがありました。陸路で届けることが困難でとられた策でしたが、袋が破け砂漠に散った穀物を拾うアフリカの人々の姿が強く印象に残りました。そのとき国際協力のあり方に問題意識を持ったことがきっかけです。

以前から上智大学には国際色豊かなイメージを抱いていましたが、決め手は授業のおもしろさです。「自分がワクワクできる授業」を、4年間を通じて受けられるかを重視してシラバスをチェックしました。同じ授業が次年度も開講されるとは限りませんが傾向はつかめます。オープンキャンパスにも参加し、総合グローバル学科ならではの複数の領域を学際的に学び、課題を掘り下げていく学び方も自分に合っていると感じました。

上智大学では学生が問題意識を持って立ち上げた課外活動団体がいくつもあります。私も仲間と共に学部教授の協力を得て、市民弾圧が続くミャンマーの民主化運動を支援する活動をしています。

1年次から国際協力関連のインターンシップを行い、尊敬できる方々に出会いました。その多くが社会人として多様な経験を積んでいることを知り、20代では業界を問わず「成長できる環境」で働き、将来的に国際協力に貢献できたらと考えています。

もっと知りたい大学の魅力

学部は違っても共通の関心を持つ学生同士による横断的な社会貢献活動も盛んに行われている。

ワンキャンパスに集う9学部の学生と共に学べる

1つのキャンパスに9学部29学科が集結しています。国内外から多様なバックグラウンドを持った学生が集まり交流することで、多様性や共生への感覚が養われます。

さまざまな個性を持った学生が集い、多様な学問が交差する。それが本学の特徴の一つ。

学部の壁を越えて他学科の授業履修が可能

学部学科の垣根を越えた「他学部他学科履修」や「全学共通科目」の履修を通し、学際的な学びを実現。多角的な視座が身に付きます。

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

同じ学問系統の志望理由を読む

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ