しょうわ

昭和大学

私立大学 東京都

先輩の学生生活体験記

プロフィール

患者さんとの会話の大切さを実感した病院実習

プロフィール写真
  • 昭和大学
  • 保健医療学部 看護学科 4年生
  • 山中 杏夏さん
  • 鶴見大学附属中学校・高等学校
  • 2018年度卒業

先輩の学生生活体験記

大学で頑張っている「学び」

実習では、はじめて一人の患者さんを受け持たせていただき、術前の看護から退院時指導までの看護過程の立案とケアを担当の看護師さんと共に行わせていただきました。実習を通して、ベッドサイドで患者さんと直接、お話をすることで得られる情報の重要性を感じる場面が多くあり、患者さんとの日々のコミュニケーションが看護にとても大切であることを実感しました。
また、自分の受け持ちの患者さんだけでなく、グループメンバー内で日々のカンファレンスを通してケア内容を振り返り、互いに意見を出し合いながらより良いケア内容になるように取り組むことができたと思います。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

昭和大学に入学して魅力に感じたことは、幅広い領域の先生方が授業を担当してくださるということです。臨床経験が豊富な先生方や、現在も臨床で働いている方のお話しを直接聞くことができる機会が授業内にあり、看護だけでなく幅広い領域の専門的な知識を学ぶことができると思います。
また、指導担任制があり、何かあった時にすぐに担当の先生に相談できる環境が整っています。現在はコロナウイルスの影響でオンライン授業が多くなっていますが、実技演習などの授業は、感染対策を行いながら対面で学ぶことができ、充実しています。

閉じる

後輩へのアドバイス

私は富士吉田キャンパスのオープンキャンパスと、江東豊洲病院で行われた一日体験入学に参加しました。オープンキャンパスに参加した際、学生同士の雰囲気がよく、お話した際も丁寧に対応してくださいました。また、学内の施設を見学して、演習等の実践的な技術を学ぶための設備が他校と比較して整っている印象をもちました。こういったことも、ぜひオープンキャンパスなどで見てみてほしいです。

閉じる

他者への思いやりと共生のこころを育む「全寮制教育」

常に真心をもって人に尽くす「至誠一貫」の精神をもとに、真のチーム医療人を育成するため様々なチーム医療教育を実施しています。例えば1年次では全員富士吉田キャンパスで寮生活を送ります。学部の違う4人の学生が同じ部屋で寝食を共にすることで、他者への思いやりと共生のこころを育み、幅広い視野を養い、医療人としての基礎を固めます。詳細は下記URLをご覧ください。
他にも昭和大学の学びの中身やイベント情報、奨学金制度、入試情報などを掲載しているのでぜひチェックしてみてください。

詳しくはこちら

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ