成城大学/マスコミュニケーション学科の研究室|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

せいじょう

成城大学

私立大学 東京都

マスコミュニケーション学科の研究室の詳細情報

マスコミュニケーション学科の研究室

【研究テーマ】 科学技術を巡るメディア言論・政策分析、3.11を巡るメディア動向と社会構造
【学部】 文芸学部
【学科】 マスコミュニケーション学科
【教員名】 標葉隆馬 准教授

科学的なアプローチからメディアを読み解く

【略歴】
2006年3月に京都大学農学部応用生命科学科を卒業後、2008年3月同大学院生命科学研究科修士課程、2011年3月に博士過程(生命文化学分野)を修了。日本学術振興会特別研究員(2009年4月~2011年3月)、総合研究大学院大学 先導科学研究科生命共生体進化学専攻「科学と社会」分野・助教(2011年4月~2015年3月)。2015年4月より成城大学・文芸学部。また、2016年5月より国立国会図書館 調査及び立法考査局 非常勤調査員。専門社会調査士。
【担当講座】
マスコミデータ解析実習、リスクコミュニケーション論、マスコミ講義VI
【職歴(非常勤講師)】
北海道大学大学院理学院(2015年9月)、青山学院大学理工学部(2011年9月~2014年3月)、フェリス女学院大学国際交流学部(2013年4月~9月)、東京農工大学大学院工学府産業技術専攻(2014年~)、東京大学教養学部(2018年4月~8月)、京都大学文学部(2018年夏季集中)
【専門分野】
科学社会学、科学技術社会論、科学技術政策論。
主な研究テーマとして、
遺伝子組換えや幹細胞・再生医療研究を中心とした生命科学と社会を巡るメディア言論動向・意識・コミュニケーションの研究。
メディア分析とホライズン・スキャニングを活用した先端科学技術の社会的議題に関するリアルタイム・テクノロジーアセスメント研究(JST社会技術開発センター「人と情報のエコシステム」領域委託研究代表者)。
「責任ある研究イノベーション」を巡る理論的・実践的課題の分析(日本学術振興会課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業領域開拓プログラム採択プロジェクト研究代表者)。
科学技術イノベーション政策のための科学・研究評価制度に関する研究。
東日本大震災を巡る構造的課題の分析。

標葉隆馬 准教授の自己紹介

マスメディアやソーシャルメディアにおいて、科学技術がどのように取り上げているのかについて、定量的なアプローチによる研究や科学技術政策の動向研究を行っています。また2011年3月11日の東日本大震災以降は、3.11を巡るメディア動向の問題についても取り組んでいます。

閉じる

研究分野紹介

メディアの動向をデータで分析し社会構造の問題を学ぶ

知識基盤社会とも呼ばれる現代を考察するための視点を、社会学・リスク分析・マスメディア研究などの分野の知見を基に学んでいきます。東日本大震災、スペースシャトル事故、公害、風評被害などを具体的な事例として検討しつつ、社会構造的な問題への視座やメディアと社会的関心の関係などについて、グループ討論などを交えながら見ていきます。
さらに、マスコミ実習として、パソコンを用いてマスメディアデータに関する量的分析を実際体験し、マスメディアの言論動向分析についての理解と実践力を深めます。新聞記事・Twitter・歌詞などのテキストデータについての収集方法や分析する技術を学び、テキスト分析を活用した社会調査の方法論の基礎を習得。そして新聞記事や審議会議事録などのテキストデータの取り扱いができるようになることをめざします。

閉じる

卒業論文のテーマ例

・テレビの未来 ~流行の歴史から見るテレビのあり方の変化~
・美容整形へと向かう人々――〈整形脳〉と〈整形垢〉をめぐって
・アイドルオタクになって生まれた人間関係:同類とそうでない人に区別して築かれる関係
・全国紙 25 年における野球報道の推移の分析 ―阪神タイガースと福岡ソフトバンクホークスの事例から
・被災と報道――ケアのジャーナリズム視点から
・SNSによる情報の発信と受信が消費者の認知と行動に与える影響
・“画像的作家性”は存在するのか
・都市空間の演劇論――ソーシャルネットワークとしての〈渋谷〉
・気まずさを避けるために:ひとり親家庭で育った若者の情報管理
・キュレーションサイトのスレッド動向と利用状況の研究
・コミュニティ FM と災害――熊本シティエフエムの事例から
・ネイティブ広告に対するユーザーの態度に関する研究

閉じる

卒業後の進路

マスコミをはじめさまざまな分野で活躍する卒業生

学部学科の枠を越えて幅広く学べる成城大学では、卒業後の進路も多岐に渡ります。就職率は毎年9割以上。マスコミュニケーション学科の卒業生はメディアの現場を含め、企業の広報、宣伝などの分野でも活躍しています。

2018年3月・マスコミュニケーション学科卒業生就職先(抜粋)
●株式会社あいテレビ
●株式会社エービーシー・マート
●株式会社NTTドコモ
●株式会社共立映像
●株式会社SABON Japan
●株式会社ジュピターテレコム
●株式会社セント・フォース
●損害保険ジャパン日本興亜株式会社
●株式会社東北新社
●日本電気株式会社(NEC)
●日本航空株式会社
●星野リゾートグループ
●株式会社北海道新聞社
●株式会社毎日新聞社
●明治安田生命保険相互会社
●株式会社モスキート
●山崎製パン株式会社 ほか

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

研究室情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ