せいせんじょし

清泉女子大学

私立大学 東京都

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

スペイン語スペイン文学科(50名)
英語英文学科(100名)
地球市民学科(60名)
文化史学科(100名)
日本語日本文学科(80名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●キリスト教ヒューマニズムの精神が息づく人間教育を学ぶ
●少人数教育により、個々の良さを伸ばす丁寧な指導
●多彩な留学・研修制度でグローバルに活躍する女性をめざす

語学、文学、文化、異文化間コミュニケーションなど、幅広い選択科目の中から、興味に応じて学ぶことができます。

【学生数】スペイン語スペイン文学科/240名、
英語英文学科/501名、
地球市民学科/311名、
文化史学科/452名、
日本語日本文学科/397名、
学部計/1901名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】51名(2017年5月1日現在)
【大学院】人文科学研究科/言語文化専攻、思想文化専攻、地球市民学専攻(修士課程)、人文学専攻(博士課程)

スペイン語スペイン文学科

講義・学問分野

スペイン語(文法、読解、会話、作文)、スペイン語圏文化、スペイン語史、スペイン語学、ラテンアメリカ文学史、スペイン語文学、スペイン文学史、スペイン美術、スペイン史、ラテンアメリカ史 など

閉じる

英語英文学科

講義・学問分野

Reading Skills、Performance Workshop、Public Speaking、英語学、異文化間コミュニケーション、翻訳、英語教育学、イギリス文学、イギリス文学史、アメリカ文学、アメリカ文化、発音クリニック、児童文学、演劇 など

閉じる

地球市民学科

講義・学問分野

First-year English、地球市民と文化、地域研究、情報処理、多文化理解トレーニング、FLSP(Foreign Languages for Special Purposes)、Cross-cultural Communication、通訳、ビジネス翻訳、フィールドワーク など

閉じる

文化史学科

講義・学問分野

西洋史、日本史、東洋史、西洋文化史、日本文化史、東アジア文化史、西洋美術史、日本美術史、東洋美術史、西洋思想史、日本思想史、国際関係思想、哲学、聖書学、キリスト教学、宗教史、キリスト教美術 など

閉じる

日本語日本文学科

講義・学問分野

日本古典文学、源氏物語講読、くずし字解読、日本近代文学、日本語学、日本語史、対照言語学、比較文学 など

閉じる

学部の特色

キリスト教ヒューマニズムの精神が息づく人間教育を学ぶ

本学は、スペインで誕生した聖心侍女修道会を母体として設立されました。キリスト教精神に基づく教育理念は、「VERITAS et CARITAS(まことの知、まことの愛)」。少人数教育を通して、自分で考え、判断し、決断することのできる女性を育成します。

閉じる

少人数教育により、個々の良さを伸ばす丁寧な指導

一人ひとりの個性を伸ばす丁寧な指導。これが、清泉女子大学が最も大切にしていること。講義、演習、実習など、さまざまな形で真のチカラにつながる主体的な学びが続きます。
就職支援は低年次から始まり、その人が最もその人らしく生きることのできる就職・進路をめざして、パーソナル・コンサルティングが丁寧に行われます。

閉じる

多彩な留学・研修制度でグローバルに活躍する女性をめざす

本学では、多彩な留学・研修制度を用意し、意欲ある学生を支援しています。1年間または6か月間の長期留学制度があり、スペイン語圏と英語圏を中心に、近年はアジア圏の大学とも提携し、交流範囲を広げています。留学期間中も在学期間として認められ、留学先で取得した単位は30単位まで卒業必要単位として認められるので、4年間での卒業が可能です。また、春・夏の長期休暇を利用した海外研修プログラムも多数あります。世界の「今」を考え、地球規模で活躍できる女性を育てます。

閉じる

学べること

スペイン語スペイン文学科

20か国以上で公用語として使われているスペイン語を学び、世界中の人たちとつながる

スペイン語は20か国以上の公用語で、発音はローマ字読みに近く、日本人にとって習得しやすい言語と言われています。1・2年次に徹底的に基礎を学び、2年次の夏には約1か月間のスペイン研修旅行に参加可能です。語学だけでなく、スペイン、ラテンアメリカの文学や文化についても学べるのが特長です。

【授業・講義】
スペイン語I-5(会話)/日常生活に必要なスペイン語の会話表現を習得する

スペイン語圏の文化、習慣、スポーツ、映画、文学、食べ物などのテーマについて、実際にスペイン語で話し、聞き、読み、書くことによってスペイン語でコミュニケーションができるようになることをめざします。

閉じる

英語英文学科

アクティブな学びを通して英語のコミュニケーション力を高める

演劇やプレゼンテーション、ディクテーションなど、さまざまなイベントと連動した授業によって、英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)を磨きます。アクティブな学びを通して英語のコミュニケーション能力を高め、相手に伝わる確かな発信力を習得。英語圏の文学や英語学はもちろん、英語教育学、翻訳、異文化間コミュニケーションなど幅広い専門科目の中から、自分の興味のある分野を専攻することができます。さらに一つの分野を集中的に学ぶことも、複数の分野をリンクさせて研究することもでき、一人ひとりが自分の目標に合わせて体系的に学ぶことができます。

【授業・講義】
Public Speaking/英語でプレゼンテーションを行う力を習得する

各自が調べたトピックについて、個人や2人一組、あるいはグループなどに分かれて、英語によるプレゼンテーションを行います。調べたことをただ発表するのではなく、聴き手に伝えられる力を身につけていきます。

閉じる

地球市民学科

英語力を駆使し、地球上の諸問題について考える

地球市民学とは、地球上の諸問題を国家や民族の枠組みを超えて、グローバルな視点から解決していく学問です。それをグローバル社会系、グローバル・コミュニケーション系、フィールドワークの3つを柱に学びます。フィールドワークでは実際に国内や諸外国を訪問。コミュニケーション力・英語力を駆使し関心のあるテーマについて調査します。

【授業・講義】
Understanding Conflict and Peace/地球市民として、紛争と平和について考えます

平和を理解するには対立がどのように、なぜ起きるのかを探究する必要があります。この授業では、身近な対立から世界の問題までを例に、地球市民として平和構築のために何をするべきかを学びます。授業は英語で行われます。

閉じる

文化史学科

これからの時代を生きていくために、幅広い視野から歴史を学ぶ

歴史学を中心に、美術史学や哲学・思想史学、宗教学・宗教史学などの隣接する分野も統合し、幅広い視野から歴史を学ぶことができるのが特徴です。学びの対象となるのは、西洋・日本・東洋(主に東アジア)の3つの文化圏。自分が関心のある文化圏を重点的に学ぶだけでなく、他の文化圏と比較しながら学ぶことで、物事を多角的に見ることができるようになります。

【授業・講義】
日本史概説/古代から近・現代までの歴史を、政治や外交を中心に学ぶ

古代から近・現代までの歴史を、政治や外交を中心に学びます。特に東アジア世界における日本という視点を重視し、東アジアとの関係を軸に考えます。

閉じる

日本語日本文学科

日本語と日本文学の奥深さ、面白さに触れる

世界における日本語、日本文学という視点から、古典文学、近代文学、日本語学の3系統を研究、考察します。1年次の「入門・基礎」、2年次の「概論」「基礎演習」の授業を通し、確かな基礎知識をしっかりと身につけます。また、1年次から変体仮名を読む力をつけるトレーニングを行い、2年次では必修の「源氏物語講読」を履修します。3年次からは、専攻する分野の演習を中心に履修し、自分で調べて発表し、討論することを通じて、論理的思考力、文章力に加え、プレゼンテーション能力も養われます。

【授業・講義】
源氏物語講読/『源氏物語』正編を詳しく読み、古典に対する教養を身につける

世界に誇る日本文学『源氏物語』の魅力を味わいながら、この作品が一千年にわたって読み継がれてきた理由について考え、作品背景や古典常識などに対する理解を深め、古典読解の基盤を作ります。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都品川区東五反田3-16-21
入試課
(03)5421-3231
【入試専用フリーダイヤル】0120-53-5363
 【URL】http://www.seisen-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ