×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

たいしょう

大正大学

私立大学 東京都

社会共生学部の詳細情報新設

※2020年4月新設

学科・定員・所在地

学科・定員

公共政策学科(130名)新設
社会福祉学科(65名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●地域の課題を解決するために必要な知識と実践力を身に付けた人材をめざす
●社会に広く貢献できる福祉専門職業人をめざす
●1年を4学期に分けるクォーター制の採用により、1つの科目を深く学ぶ

日本は今、少子高齢化、人口減少、雇用問題など多くの課題を抱えています。本学部は、社会や地域が抱える公共的課題を解決するための方法や技術を実践的に学びます。また、医療・福祉・教育など幅広い分野で支援を必要としている人の相談・援助を行うソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)を養成します。

【学生数】-
【専任教員数】-
【大学院】人間学研究科/社会福祉学専攻(M)、福祉・臨床心理学専攻(D)

公共政策学科新設

講義・学問分野

社会共生論、社会学概論、経済学概論、環境政策基礎論、福祉政策基礎論、ダイバーシティ・マネジメント論、社会保障政策論、フィールドワーク など

閉じる

社会福祉学科

講義・学問分野

共生社会論、社会福祉原論、公共政策概論、社会福祉入門、仏教社会福祉論、ソーシャルワーク論、社会保障論、地域福祉論、心理学、ソーシャルワーク演習 など

閉じる

学部の特色

公共政策に関する理論や実践的なアプローチの方法を学ぶ

地域の課題を解決するために必要な知識と実践力を身に付けた人材をめざす

公共政策学科は、社会学、経済学、法律学、政策学などの基礎科目のもと、環境問題・自然保護、観光地域づくり、地域人づくり、福祉政策等の分野科目を配置します。これにより、今日本が直面している少子高齢化、人口減少、環境問題、福祉課題、働き方改革など多くの地域課題の解決を「政策」という観点から教育・研究を行い、専門知識と高い実践力を身に付け、「共生・協働」による社会の実現に取り組む人材を育成します。
授業では、社会や地域におけるさまざまな公共的課題を解決するための方法や技術を学習。一人ひとりの目的や意欲に合わせた系統的な学びを提供します。

閉じる

即戦力として活躍できる力を身に付ける

社会に広く貢献できる福祉専門職業人をめざす

本学は、日本で最初にソーシャルワーカーの養成教育・研究に取り組んできました。社会福祉学科では、その100年の伝統をベースに、「社会福祉士」「精神保健福祉士」の国家資格取得を支援する学びを提供し、各種ソーシャルワーカーを育成します。1年次から3年次までの段階的な実習、豊富なソーシャルワーク実習や施設体験学習を通して実践力を習得し、国家試験の合格ができるようサポートします。

閉じる

アクティブ・ラーニングを取り入れた授業が豊富

1年を4学期に分けるクォーター制の採用により、1つの科目を深く学ぶ

本学部では、1年を4学期に分けるクォーター制を採用して授業が行われます。同じ科目の授業を週2回実施するため集中的に学ぶことができ、4年間(16クォーター)の中で理論と実践を段階的に繰り返すことで戦略的に学習します。また、アクティブ・ラーニングを取り入れた授業が多いことから、コミュニケーション能力を高め、積極的に授業に参画する姿勢を身に付けることができます。

閉じる

学べること

公共政策学科

地域が抱える課題を解決するために、さまざまな角度からアプローチする手法を学ぶ

公共政策の基盤である社会学、経済学、経営学、法律学などの学科共通の基礎科目を軸に、政策学の理論、実践的なアプローチ手法を学びます。そして、それぞれの目的や意欲に応じたコースに分かれて専門分野の学びを深めます。人間が幸せに生きるために、専門的な知見から制度・しくみ作りに携わりたい人、公共政策を企画・立案するための知識や技能を生かして、行政や企業で活躍したい人におすすめの学科です。

閉じる

社会福祉学科

実践力を持ったソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)をめざす

本学のこれまでのソーシャルワーカー育成の伝統と実績を継承しつつ、国家試験に確実に合格できるように指導します。本学科はコース制を採用せず、社会福祉士、精神保健福祉士をはじめとする各種ソーシャルワーカー、コミュニティーワーカーを養成します。少子高齢化による人口減少社会の課題を解決するために福祉の現場から関わっていきたい人、社会福祉学の知識・技術を習得したい人におすすめの学科です。

●ソーシャルワーク実習を通して段階的に実践力を身に付ける
1年次に基礎的なソーシャルスキルについて学び、3年次に専門的実践力を習得するまで段階的に学んでいきます。1年次はサービス・ラーニング、2年次で施設体験学習、3年次では4週間の実習を行います。

●サービス・ラーニングとインターンシップで現場を知る
首都圏の地域の福祉関連施設などにおけるインターンシップを通して、実際の現場でコミュニティーソーシャルワーカーから実践的に学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

公共政策学科

公共政策学科はディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に備えた学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。
(1)国語、英語、地理歴史・公民、数学等の各教科科目について、高等学校卒業相当の知識を身につけており、高等教育を受けることができる学力が備わっている。
(2)自ら問いを立て、課題を解決していくための道筋を深く考えることができる。
(3)意見や価値観の異なる人々の考えと自らのそれの違いを客観的に表現することができる。
(4)社会や地域の公共政策上の課題に対して深い関心を持ち、公共政策を担う人材となることに強い意欲を持っている。
(5)地域の課題解決に向けて、他者との協働によって目標を達成しようとする姿勢を持っている。

閉じる

社会福祉学科

社会福祉学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。
(1)社会福祉学科の学びに必要な基礎的な知識を有している。
(2)高等学校で履修する国語・地理歴史・公民・外国語について内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
(3)課題を的確に理解し、その解決のために必要な情報を集めることができる。
(4)物事を順序立てて考えることができる。
(5)多様な考え方を自分なりに整理し考察することができる。
(6)自分の考えを口頭や文章でわかりやすく伝えることができる。
(7)多様な考えや価値観を受け入れ、尊重することができる。
(8)文化や歴史、人間の生活にかかわる様々な問題に対して、深い関心を持っている。
(9)自らの学びを通じて人々や地域社会に積極的に関わっていこうとする意欲を持っている。
(10)読む、書く、話す、聞く能力の向上と、わかりやすい表現方法の習得に意欲をもっている。
(11)他人の立場に立って物事を考え、行動する態度を有している。
(12)人と心を通わせ、協力して目標を達成する姿勢を有している。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都豊島区西巣鴨3-20-1
アドミッションセンター
(03)3918-7311(代)
 【URL】https://kokokara.tais.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ