たいしょう

大正大学

私立大学 東京都

心理社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

人間科学科(120名)
臨床心理学科(110名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●複眼的に「Life」をとらえ、総合的に理解する「人間科学科」
●心理学を実践的に役立て、心のケアができる人材をめざす「臨床心理学科」
●実験・観察、そして調査。実証するスキルを通して人を幸福にするための方法を学ぶ

現代社会が抱える課題は、社会構造の複雑化、情報化の進展、格差社会の拡大などさまざまです。人間の心理、行動、社会変動に対する理解を深めることで、コミュニケーション能力や課題解決力を身につけ、社会に大きく貢献できる人材を養成します。

【学生数】521名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】26名(2017年5月1日現在)
【大学院】人間学研究科/臨床心理学専攻(M)、人間科学専攻(M)、福祉・臨床心理学専攻(D)

人間科学科

講義・学問分野

心理社会研究入門、人間科学の基礎、身体科学の基礎、非行犯罪臨床心理学、コミュニティ心理学、ジェンダー論、生涯発達心理学、家庭の社会学、職場の社会学、コミュニケーション論、メディアと社会、人生課題と法律、認知社会心理学、感情心理学、社会問題論、社会調査実習 など

閉じる

臨床心理学科

講義・学問分野

心理社会研究入門、心理学概論、知覚・認知心理学、学習・言語心理学、社会・集団・家族心理学、感情・人格心理学、産業・組織心理学、司法・犯罪心理学、教育・学校心理学、心理アセスメント、心理学実験、心理学実習 など

閉じる

学部の特色

複眼的に「Life」をとらえ、総合的に理解する「人間科学科」

人間の生活や生命、生涯を表す「Life」に着目します。「人間発達科目」では身体科学や発達心理学、心の認知科学、感情心理学などを、「現代社会生活科目」では社会心理学、文化の社会学、職場の社会学などを、「現代心理社会科目」ではライフコース論、ジェンダー論、メディアと社会などを、幅広く、かつ総合的に学習します。

閉じる

心理学を実践的に役立て、心のケアができる人材をめざす「臨床心理学科」

ストレスなどで心身を病んだ方の悩みにどう対処し、カウンセリングを行うかなど実践的に使える心理学を学びます。日常生活における他者への気配り、専門的な対人援助の基礎から始まり、専門性を高めていきます。

閉じる

実験・観察、そして調査。実証するスキルを通して人を幸福にするための方法を学ぶ

人間同士の関わりをめぐるあらゆる学問的知見を学べる学部が大正大学の心理社会学部です。2つの学科で専門的に学べるのは、すべて、人と人との営みの上に成り立つ学問。インタビューなどのフィールドワークや心理学実験、学外での実習や外部機関でのインターンシップなど、実践的な学びを通じて心理学と社会学の視点から人間の営みにアプローチしていきます。

閉じる

学べること

人間科学科

心理学と社会学が複眼的にバランスよく学べる

1年次には心理学・社会学の基礎知識や研究手法をしっかり学びます。
2年次からは現代社会のしくみや人間の行動・心理を理解し、データによる社会や心理の分析力を養います。
さらに、3年次から専門演習に参加し、社会学や心理学への理解を深め、考察し、文章や発表の場で表現する方法を学んでいきます。また、心理学実験室、社会調査実習室など実験環境も整っているため、心理学や社会学の手法を実践を通して身につけることが可能です。

閉じる

臨床心理学科

公認心理師養成に対応したカリキュラム

「公認心理師」とは、新たな国家資格として誕生した臨床心理学の専門資格。大正大学 臨床心理学科の教員は、従来より公認心理師に必要な「医療・教育・司法・産業・福祉」の5領域をすべてカバーしています。また、50年以上前からカウンセリング研究所を設置しており、実習の充実などの面で資格取得に大きなメリットがあります。臨床心理学科では、客観性を重視する科学的視点と共感性を軸とする臨床心理的視点の両方を身につけた心理臨床家を養成します。

閉じる

アドミッションポリシー

人間科学科

人間科学科は、ディプロマポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。
(1)人間科学科の教育内容が理解できるように、高等学校の教育課程において学習した基礎的な知識・技能を有している。
(2)物事を順序立てて考えることができる。
(3)なじみのないテーマであっても、情報を整理することによって理解し、自ら意見を述べることができる。
(4)身近な人たち、異なる文化や価値観を持つ人々の生活や人生に多面的な関心を抱いている。
(5)家族や学校、地域、職場で生じている問題や、文化・環境・メディアなどのあり方に関心を抱いている。

閉じる

臨床心理学科

臨床心理学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。
(1)臨床心理学科の教育内容が理解できるように、高等学校の教育課程において学習した基礎的な知識・技能を修得している。
(2)臨床心理学に関連する事象に深い関心を持ち、高等学校までに学んだ知識・経験を踏まえ、自身の興味関心の有り様を、自らの言葉と視点で順序だてて説明することができる。
(3)新たな知識や他者の意見に触れることを喜びと感じ、価値の多様性を理解したうえで、自らの意見を見直す開かれた姿勢をもっている。
(4)社会と人間に関する様々な事象を自らの問題として捉え、自身の学びを地域や社会に活かし、他者と共に積極的に解決していこうとする意欲をもっている。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都豊島区西巣鴨3-20-1
アドミッションセンター
(03)3918-7311(代)
 【URL】https://kokokara.tais.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ