学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうかい

東海大学

私立大学 東京都/北海道/神奈川県/静岡県/熊本県

注目情報

東海大学の注目情報

災害時の被災情報把握に、力を発揮するシステムの提供をめざして

災害時の安否確認や被災地の情報把握にSNSが有効な手段であることは、耳にしたことがあるでしょう。マスメディアでも市民の投稿を情報源に発信している昨今です。しかし一方で、SNSを介して提供される情報の信ぴょう性について問題視する声や、被災時に必要な自分の周辺情報の抽出に手間がかかるなどの課題もあります。多くの人がいつでもオープンに使え、地域住民や行政の被災情報の把握にも役立てられるようにしたい。そうした想いから、本学は被災者の避難や安全確保のための行動、自治体の災害対応決定などに有効な防災アプリを追究し、『さいれぽ』を開発しました。

閉じる

国土地理院の防災アプリ公募事業で受賞!防災アプリ『さいれぽ』

情報理工学部情報科学科の内田理教授の研究室では、誰もが気軽に利用できるTwitterを利用し、位置情報や災害用ハッシュタグを自動的に付与して情報を発信・共有できるウェブアプリ『DITS』を2015年に開発。このアプリの機能をさらに改良した『さいれぽ』は、教養学部芸術学科デザイン学課程の富田誠講師の研究室の協力を得て、年齢を問わず緊急時でも誰もが直感的に使えるようなメニューの構成や画面のデザインを修正。アップされたレポートを国土地理院が提供する地図上で確認できるほか、災害拠点病院の表示、タイムライン形式でのレポート閲覧やキーワード検索などの機能を加えました。学生や卒業生も開発に参加し完成した『さいれぽ』は、2017年9月21日、国土地理院が実施する防災アプリ公募事業において「防災アプリ賞」の受賞に至りました。

閉じる

国土地理院の防災アプリ公募事業で受賞!防災アプリ『さいれぽ』

  • レポートには、現在地、ハッシュタグ、UTM座標が自動的に付与される

  • DITSを使った平塚市の帰宅困難者対策訓練

  • 秦野市の高校で実施された災害情報共有システム実証実験の様子

『さいれぽ』の具体的なしくみの構築の過程では神奈川県平塚市や秦野市、厚木市とその地域の住民や高校生に協力いただき、『さいれぽ』の前身である『DITS』で実証実験を行ってきました。また神奈川県平塚市の帰宅困難者対策訓練において利用ツールとして採用されたこともあり、各種防災訓練や『DITS』を使ったワークショップの開催など、若年層への防災教育にも活動を広げてきました。今後はさらに行政や地域との連携を推進し、この取り組みを社会全体の連携を構築するシステムとして発展させ、海外にも研究成果を積極的に伝えていきたいと考えています。

閉じる

経験と知見があるからこそ安全・安心な社会を願い果たすべき使命

東海大学では2016年4月の熊本地震で阿蘇キャンパスが甚大な被害を受けました。この経験を踏まえ、情報技術センターを基点にして研究実績のある「衛星による環境・災害監視というグローバルな視点」と、「地域に密着したSNS等を活用して災害情報を共有するローカルな視点」を結び付けて、国際的な枠組みを構築し、社会の安全・安心に貢献する役割を果たすべく、グローカル モニタリングプロジェクトを発足させました。これから実現しようとしている機能としては、地域住民がスマートフォンで自分の被災状況を発信すると、監視システムの衛星画像上にその位置や被災状況が表示されるとともに、自動的に周辺地域の衛星画像が切り出され、その住民のスマートフォン上に時系列で表示されるというものです。『さいれぽ』もプロジェクトから生み出された成果の一つです。また衛星データ解析には、情報技術センター、情報理工学部だけではなく、本学の6学部(情報通信、理、工、海洋、基盤工、医)も参画し、海氷、海洋、火山、大気などさまざまな分野の専門家があたっています。『さいれぽ』でも教養学部が加わったように、本プロジェクトは本学がもつ知見を最大限につなげた全学的ともいえる取り組みに成長しています。

閉じる

ここに注目!

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ