とうかい

東海大学

私立大学 東京都/北海道/神奈川県/静岡県/熊本県

注目情報

東海大学の新設情報

2018年度4月、文化社会学部・健康学部・医学部看護学科が誕生!

「文理融合」の教育理念のもと広い視野で社会に貢献する人材を育成してきた東海大学。同時に、国境や言語、文化の壁を越えて、教育、研究、国際交流を積極的に推し進めてきました。
そして今、総合大学として知の連携のもと、「文化社会学部」「健康学部」を新設、「医学部看護学科」をリニューアルし、新たな分野の開拓に取り組んでいきます。
“常に次代を見据える大学”をめざして2018年春、東海大学の挑戦が、またひとつ始まります。

閉じる

〈文化社会学部〉人・社会・自然が共生する社会を支える人材へ

アクティブな学びで文化や社会に触れる、実践的なプログラムが充実
インターネットやSNSの発達により、世界の人々が交流し、さまざまな情報を入手することが可能になった一方で、紛争や経済格差、環境問題などが世界規模で拡大しています。こうした時代に誕生する文化社会学部は、従来の人文社会系の学問だけでは解決できない課題に取り組むために、広い視野と専門性を身に付ける6学科を設置します。グローバルな視点を養い、多文化理解の促進を図る、[アジア学科]「ヨーロッパ・アメリカ学科」「北欧学科」、意志や考えを伝達する表現力を磨く「文芸創作学科」、多彩なメディアに対応する力を育む[広報メディア学科]、心理・社会面からコミュニケーションを学ぶ[心理・社会学科]。各学科とも、今後の社会をよりよく変えていく人材を育てます。


閉じる

〈健康学部〉健康づくりを通じて、社会に貢献できる人材へ

「健康」を多角的な視点から把握・分析し、解決策を提示できる力を養成
日本では少子・高齢化の急速な進展により、健康は心や体に関する個人の課題であるだけでなく、社会的にも経済的にも重要な課題になってきました。
そこで求められているのは、多角的に健康を考え、創造できる“心”と“からだ”のエキスパート。新たに誕生する健康学部健康マネジメント学科では、身体的な健康にとどまらず、精神的健康・社会的健康・経済的健康も含めた幅広い知識を身に付けます。さらに、地域社会やさまざまな企業と連携し、協調するために欠かせないネットワーク力、マネジメント能力も養います。
健康をソーシャルウェルネス、エクササイズ・運動、食・栄養、メンタルヘルス等、多面的に学び、知識と実践力を身に付けることにより、将来の活躍分野は、ソーシャルワーカー、公務員、運動や食・栄養に関する商品やサービスの開発、自治体・病院・企業等の保健・医療関連機関などを想定しています。


閉じる

〈医学部看護学科〉心・技・知識のバランスがとれた医療人へ

ヒューマニズムを基盤とした科学的な看護を実践するためのカリキュラムを用意
医療の高度化と専門分化が進む今日、チーム医療・保健が重要な課題になってきました。そのため、時代の変化に応じて新しい看護の専門職を育成。まず、医学科との連携で、チーム医療をはじめとする他職種連携についての理解を促進。そして、他職種との建設的関係を築く調整力・コミュニケーション能力を育成します。
また、高度医療を提供する医学部付属病院をはじめ多くの施設・地域での、充実した実習プログラムを用意。医療・保健の高度化・専門化に対応できる、看護実践能力を養います。
さらに、小グループによるケーススタディや学内演習など、実践的なカリキュラムが充実。また、短期海外研修プログラムも準備し、国際的に活躍できる看護師を養成します。

閉じる

ここに注目!

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ