とうよう

東洋大学

私立大学 東京都/群馬県/埼玉県

大学トップ

東洋大学の注目情報

2017年、グローバル人財を育成する新学部・学科を開設!

本学では2017年4月、グローバル化が進むこれからの社会で求められる“人財”(人という財産)の育成をめざし、新学部・学科を開設します。
自らを、他者を、世界の本質を理解するために、深く考える……。「哲学」を学びの礎とする伝統を受け継ぎながら、地球規模へと視野を広げるグローバルな学びの場へ。東洋大学の新たな挑戦が始まっています。

閉じる

世界へと学びの幅がさらに広がる新学部・学科を開設

  • 2017年4月、学びの世界が、さらに大きく広がる

世界を舞台に活躍し、新たな価値を創造する「グローバル人財」の育成をさらに加速するため、2017年4月に新たな学部・学科を開設します。東洋大学の学びの世界が、さらに大きく広がります。
■文学部/国際文化コミュニケーション学科
■国際学部/グローバル・イノベーション学科、国際地域学科(国際地域専攻・地域総合専攻)
■国際観光学部/国際観光学科
■情報連携学部/情報連携学科

閉じる

充実の施設が整備された待望の新キャンパス!

  • 2017年4月開設の赤羽台キャンパス

2017年4月開設の赤羽台キャンパスは、照明や空調など建物自体がIoT(モノのインターネット)化されており、コミュニケーション教育のための少人数教室が多いことが特徴です。メディアセンターや展示スペースを多く設け、頻繁に展覧会や発表を行ってアイデアを刺激しあう環境になっています。
情報連携学部のコンセプトは「文・芸・理」融合。ICT(情報通信技術)の基礎知識を学んだ学生が、4つのコースに分かれて専門的に学び、その学生たちがチームを組んで実習します。思いついたアイディアを3Dプリンタ等の設備を使って形にする「INIADメイカーズハブ」もキャンパス内にあります。

閉じる

考え、調べ、発表する「Web体験授業型入試」

  •  

Web体験授業型入試(AO型推薦入試)は、2017年度入試から導入された新たな入試方法です。指定された「Web体験授業」の動画を視聴し、レポートにまとめ、プレゼンテーションを試験当日に行います。大学で試験を受ける方法と、「Web会議システム」を用いて自宅等で試験を受ける方法の、いずれかを選んで受験することができます。

対象学部・学科(※2017年度入試実績):国際学部/グローバル・イノベーション学科、国際学部/国際地域学科(国際地域専攻)、情報連携学部/情報連携学科

Web体験授業型入試の流れ
STEP.1:指定されたWeb体験授業を視聴
入学試験要項を確認し、課題に指定されたWeb体験授業を視聴します。
試験問題は、Web体験授業で提起される課題に対して、解決方法を見出し説明する形式になります。

STEP.2:課題の解決法を調べ、考察する
インターネットや関連書籍を調べるなど、自分なりのやり方で課題解決の方法を考慮。
提出期限までに自分の考えをまとめたレポートと、説明用のプレゼンテーション資料を提出します。

STEP.3:試験当日は、自宅or大学で自らの考えを発表
試験当日は、「Web体験授業」で与えられた課題に対し自らの考えをプレゼンテーションしていただきます。
発表は大学の試験会場もしくは自宅でのWeb会議システムを通じて行います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ