にほんぶんか

日本文化大学

私立大学 東京都

日本文化大学/先輩の志望理由

警察官になるために、実績のある大学で学び、人間的にも成長して夢を実現したい

法学部 法学科 学年:3年(2022年11月時点) 森七海さん 受験方法:警察官志望AO入試 出身高校:神奈川県立横浜栄高校

私は将来、警察官として働き、地域の安全安心を守りたいと考え、日本文化大學法学部法学科で学んでいます。

白バイ隊員に憧れ、将来は警察官になるという夢を抱き続けてきました。その実現のためには、警察官になるための支援体制が充実し、多くの就職者を輩出している大学に進学したいと考えました。

日本文化大學の一番の魅力は、警察官実就職率が全国1位(大学通信調べ)ということです。公務員の就職実績も高く、その対策のノウハウが詰め込まれた大学オリジナルのテキストで公務員試験に向けた準備ができたり、警察官をめざす人向けの履修モデルに沿って科目選択ができたりと、警察官採用試験に向けて、着実に学んでいくことができます。人格教育を重視した「建学精神」も、豊かな人間性を磨きたい自分に合っていると思いました。また、オープンキャンパスに参加した際、抹茶を点てる体験をしたのですが、入学後も授業で茶の湯を学ぶことを通して日本の文化・伝統を体感し、人への配慮が身に付くこともこの大学らしい魅力だと感じました。

法学の学びの中でも特に「刑法」の授業を通して、ニュースで取り上げられる刑事事件について、何が争点になっているかがわかるようになり、法的なものの考え方を身に付けられるようになりました。

大学には警察行政に詳しい先生方もいて、さまざまなアドバイスをいただくことができます。ここで人間的にも成長し信頼される警察官になりたいです。

もっと知りたい大学の魅力

実際の裁判所を模した本格的な模擬法廷は学生の模擬裁判のほかドラマ撮影にも使われている。

実社会で活躍するための専門性が身に付く

志望進路に沿った履修モデルを提示しています。裁判実務などを学ぶ「法律専門職モデル」、刑事政策や危機管理などを学ぶ「警察官・消防官モデル」、行政法や行政学を学ぶ「公務員モデル」、簿記や企業経営に不可欠な法律を学ぶ「ビジネス関連法モデル」の4モデルから履修計画を立てられます。

警察官・公務員の職業観を養う科目がある

警察官や公務員の職業観を育成する「公共政策」「危機管理学」などの科目があります。「警察学」では、犯罪捜査、交通事故防止、国際テロ対策などについて考えながら、市民の安全安心を守る警察行政が学べます。

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

同じ学問系統の志望理由を読む

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ