×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ぶんかがくえん

文化学園大学

私立大学 東京都

先輩の志望理由

プロフィール

服づくりやデザインだけでなくファッションを総合的に学びたい

服装学部 ファッション社会学科
3年(2019年11月時点) 小宮梨香子さん

志望理由

こうなりたい!そのきっかけ

子どもの頃、ガーリーなワンピースを買ってもらい、「こんなにかわいいワンピースがあるんだ!」と衝撃を受け、ファッションに興味を持ちました。そして、高校生のときに見たアメリカのテレビ番組で、デザイナーの卵である学生らがテーマに沿って服づくりからファッションショーまで行う姿に刺激を受け、ファッションに関する仕事に就きたいと思うようになりました。

閉じる

大学選びの条件

ファッションに加え、心理学、教育学にも興味があったので、分野を一つに絞らず、幅広い学びを網羅できることが大学選びの条件でした。また、自宅から電車の乗り換えなしで大学に通えるかどうかも、志望校選びの際にこだわったポイントです。

閉じる

ここに共感

いろいろな大学のオープンキャンパスに参加しましたが、中でも一番、「大学の雰囲気が良く、ここで学んでみたい」と思ったのは文化学園大学でした。

「服装学部=デザインを考える、洋服の作り方を学ぶ」というイメージでしたが、服づくりだけでなくファッションを学問として学べることに魅力を感じ、ファッション社会学科を選択。この学科では、「社会学」という大きな学問体系からファッションの視点で物事にアプローチします。人間、社会、文化、歴史、グローバル、ビジネス、商品の7つの領域を横断して学べることは、学びたい分野がたくさんある私にとって魅力的でしたね。心理やビジネス、歴史など、先生方の研究テーマが多様なこともこの学科の良さだと思います。

閉じる

夢に向かって

服装心理学と服装史の授業がとても印象深いです。人間の心と着装した洋服との関係性を学んだり、日本や西洋の服装史を知ることは、私のファッションへの興味をさらに強めるきっかけとなりました。3年次からのゼミでは「日本服装史」を選択。自分が研究したいテーマの服装史を文献などで調べている時間がとても楽しいです。

学外のインターンシップにも積極的に参加し、子ども服の販売やウェディングドレスのコーディネートなど、実際にアパレル業界の仕事を体験。将来は文化学園大学で培ったファッションの総合力を生かしていきたいです。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ