とうきょういりょうほけん

東京医療保健大学

私立大学 東京都/千葉県/和歌山県

東が丘・立川看護学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(200名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●未来の医療・保健・福祉を支える看護師“tomorrow’s Nurse”をめざす
●臨床看護学コースと災害看護学コースの2コース制で、臨床に強く、災害時にも活躍できる力を身に付ける
●4年間の学びを通した実習で人間として看護職としての成長をめざす

国立病院機構との強い連携により、多くの医療専門職と連携しながら「チーム医療」を推進できる力と、確実な看護実践力、自己啓発力、キャリア開発能力を培います。保健・福祉を支える実践力を持った看護師をめざします。

【学生数】863名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】66名(2017年5月1日現在)

看護学科

講義・学問分野

法学、医学概論、解剖生理学、微生物学、病理学 、生化学、薬理学、疾病と治療、臨床検査学演習、臨床栄養学演習、臨床薬理学演習、人間工学、公衆衛生学、医療・看護情報学の基礎、保健医療福祉システム論、政策医療論、看護学概論、看護学体験実習、看護実践技術論、ヘルスアセスメント、フィジカルアセスメント、日常生活援助展開実習、臨床コミュニケーション論、看護教育学、家族看護学、在宅看護学概論、医療安全学、国際看護学、在宅看護実践論、在宅看護学実習、看護職とキャリア形成、NP論、看護政策論など

閉じる

学部の特色

実習風景

未来の医療・保健・福祉を支える看護師“tomorrow’s Nurse”をめざす

看護師は患者さんや家族を最も身近で見守り、療養生活を支える存在です。アメリカでは「医師と同等の質の高いプライマリケアを提供する高等看護師」=NP(ナースプラクティショナー)が制度化されています。本学部ではこれにならい、将来の日本の医療・保健・福祉を支える、自ら考え判断し、行動できる自立した創造的な看護師“tomorrow’s Nurse”の育成をめざし、看護の実践能力に加えて自己啓発能力、キャリア開発能力を養う教育を実践します。

閉じる

国立病院機構東京医療センター

臨床看護学コースと災害看護学コースの2コース制で、臨床に強く、災害時にも活躍できる力を身に付ける

本学部は、臨床現場において高い専門性と実践力を持った看護師を養成する「臨床看護学コース」と、災害時における防災・減災活動にも適切に対処できる看護師を養成する「災害看護学コース」の2コースを設けています。
「臨床看護学コース」では、高度医療に対応できる看護実践能力と、変化する時代を広く見通し、発展的に未来の看護を想像できる力の育成をめざします。主な実習先は、救命救急センターとして地域に貢献するとともに、感覚器、がん、高度総合医療など政策医療に幅広く取り組んでいる医療機関である、国立病院機構東京医療センター(東京・目黒区)です。
「災害看護学コース」では、臨床における看護実践力を基礎として、特に災害時の防災・減災活動の中でリーダーシップをとり、コーディネーター役も担える能力を高めます。また大規模な災害時に求められるグローバルな視点に立って自立した行動ができるスキルも身に付けます。主な実習先は、日本の災害拠点病院をリードする国立病院機構災害医療センター(東京・立川市)です。

閉じる

実習風景

4年間の学びを通した実習で人間として看護職としての成長をめざす

本学部では、段階を踏んで看護学の実践を学び、徐々に専門性を高めていけるよう、1年次から実習をスタートします。1年次の実習は、主に、患者さんの日常生活の援助を学び、個別性に応じた配慮を身に付けます。3・4年次には、成人、老年、母性、小児、精神、在宅のライフステージ6領域での看護を実践します。さらに4年次には、それまでの学習を統合し実務に即した看護実習を行います。どの段階でも、実習だけで終わるのではなく、振り返りをしっかり行い、自己の課題を明確にすることにより、人間として看護職としての成長をめざします。

閉じる

学べること

看護学科

国立病院機構との連携により、最先端医療の臨床現場で高度な看護実践能力を養い、確かな技術・知識を磨く

キャンパスが国立病院機構東京医療センターと隣接しているため、急性期から緩和ケアまでの幅広い演習、実習の機会が数多くあります。このように恵まれた環境を背景に、カリキュラムでも高度な看護の実践能力と、確かな技術・知識の育成に力を入れています。「チーム医療」で求められる、専門職間で補完し合う「スキルミックス」の基礎力の習得はその一つ。看護師としての豊富な知識と確かな技術、コミュニケーション能力を身に付け、同時に倫理観や人間性を養うことも重視して学びます。

【授業・講義】
臨床検査学演習

検査データを理解し、状況判断できる検査学を学びます。疾患と治療に関する知識をもとに、血液・尿を用いた検体検査など、多様な検査の原理と意義を理解。状況に応じ、検査の必要性を判断する力、臨床検査データを理解して、それに基づき状況判断できる力を身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

【東が丘・立川看護学部 看護学科】

東が丘・立川看護学部では、豊かな感性と実践力を持ち、未来の日本の医療・保健・福祉を支える看護師=tomorrow’s Nurseを養成します。
看護師は、患者さんとそのご家族にとって最も身近な医療職であり、チーム医療のキーパーソンとして、患者さんの療養生活を支える役割を担っています。医療の高度化・複雑化に伴って、病気と闘う人々が抱える問題も多様化・複雑化しています。それぞれの問題をタイムリーに把握し、的確に対処するためには、他者に対する感受性に加えて、高度な知識と技術に基づく実践力が必要です。東が丘・立川看護学部では、国立病院機構のネットワークを活かし、臨床現場での実習や他職種との連携・交流を通して、チーム医療を支え、的確な看護を提供するための実践力を備えた、質の高い看護師を育てます。
看護師は、生涯にわたって自分を磨き続け、常に自己開発ができる素晴らしい職業です。看護学を学び、看護の実践を通して自己啓発し、自らのキャリアを開拓・創造する能力を身につけてほしいと願っています。
看護学を学ぶ学生には、生命の尊厳を理解し、知的好奇心をもって看護を探求する姿勢が必要です。基礎学力を備えていることは当然ですが、何事にも興味を持って取り組む姿勢が大切です。本学部ではさらに、看護を通して「自己を開発したい!自分を磨きたい!」という情熱と、未来の臨床現場を担う決意と高い志を持った学生を求めています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都目黒区東が丘2-5-1
入試広報部
(03)5779-5071
 【URL】http://www.thcu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ