東京医療保健大学/和歌山看護学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうきょういりょうほけん

東京医療保健大学

私立大学 東京都/千葉県/和歌山県

和歌山看護学部の詳細情報新設

2018年4月開設。

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(90名)新設
2018年4月開設。掲載内容は予定であり変更となる場合があります。

所在地

1~4年:和歌山

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●高齢化が進む和歌山県で、チーム医療や在宅医療など現代の医療ニーズに対応できる、高い専門性と豊かな人間性を備えた看護師をめざす
●和歌山県初の私立大学看護学部。奨学金をはじめ手厚い修学支援制度のもと、「地元で学び、地元で就職」を実現
●先進的な医療現場である日本赤十字社和歌山医療センターと連携した学びの場で実践力を高める

年間300人余の看護師を養成する東京医療保健大学の豊かな経験に裏付けられた教育と、地域の中核をなす医療機関を実習先とする恵まれた環境により、豊かな知識と人間性を兼ね備えた看護師をめざすことができます。

【キャンパス】雄湊キャンパス(1・2年次)、日赤和歌山センターキャンパス(3・4年次)

看護学科新設2018年4月開設。掲載内容は予定であり変更となる場合があります。

講義・学問分野

体の仕組みと働き、疾病治療論、在宅看護援助論、老年看護援助論、災害看護援助論、地域看護活動実習、わかやま学など

閉じる

学部の特色

高齢化が進む和歌山県で、チーム医療や在宅医療など現代の医療ニーズに対応できる、高い専門性と豊かな人間性を備えた看護師をめざす

和歌山県は人口減少、高齢化が進む中で、保健・医療・福祉にかかわる専門職の育成が急務です。なかでも、看護職には看護の対象者が住み慣れた場所で少しでも長く自立した生活を続けられるようケアやサポートをすることが求められています。和歌山看護学部は、県内最先端の医療水準を誇る日本赤十字社和歌山医療センターと連携した学びを通し、さらに4年制大学教育だからこそ可能な、幅広く専門性の高い知識と確かな技術を習得、人を支え、地域を支える看護師をめざします。

閉じる

和歌山県初の私立大学看護学部。奨学金をはじめ手厚い修学支援制度のもと、「地元で学び、地元で就職」を実現

和歌山看護学部は、日本赤十字社和歌山医療センター、そして和歌山県、和歌山市との連携のもと開設。この3者のバックアップで、学びとサポート体制を整えています。経済面でのサポートも充実しており、奨学金制度を多数用意していることが強みです。
110余年の歴史と多くの実績を有する日本赤十字社和歌山医療センターと、看護師の年間養成数が国内最大規模である東京医療保健大学とが連携することにより、これまでにない高い水準の看護教育の拠点となることをめざしています。

閉じる

先進的な医療現場である日本赤十字社和歌山医療センターと連携した学びの場で実践力を高める

和歌山看護学部が連携する日本赤十字社和歌山医療センターは、県内外からの救急患者を受け入れる高度救命救急センターをはじめ、和歌山県総合災害医療センター、地域がん診療連携拠点病院、日本赤十字社国際医療救援拠点病院等の指定を受けるなど、多様な疾患への医療を全国的なネットワークで取り組んでいます。
このように和歌山県の中核病院として幅広い医療を提供する日本赤十字社和歌山医療センターの多種多様な臨床現場を活用した学びが、本学部の最大の特徴になっています。
1年次~4年次を通して、「基礎看護学実習・地域看護活動実習」「各論実習」「統合実習」の各実習を経験し学ぶことで、看護実践能力を徐々に高めていきます。
「基礎看護学実習・地域看護活動実習」は、あらゆる看護場面の観察実習に始まり、患者さんに対しての基本的な看護ケアを実践。「各論実習」では、基礎的な看護実習を踏まえ、あらゆる対象や状況に応じた看護実践を体験します。また、「統合実習」は、これまでに学んだ知識や技術を統合した専門的な看護実践能力を身に付けます。

閉じる

学べること

看護学科

活躍の場を広げる様々な資格が取得できる

看護師と保健師の国家試験受験資格を取得できるほか、学校の保健室の先生等の就職先に結びつく、養護教諭の資格も取得可能なカリキュラムを準備しています。

<取得可能な資格(指定学校申請予定)>
・看護師国家試験受験資格
・保健師国家試験受験資格(選択制)
・養護教諭1種免許状(選択制) ※教職に関する所定の単位を修得し、申請により取得可能
・養護教諭2種免許状(選択制) ※所定の単位を修得し、保健師免許を取得した場合、申請により取得
・衛生管理者 ※保健師免許を取得した場合、申請により取得

閉じる

アドミッションポリシー

【和歌山看護学部】

和歌山看護学部看護学科では、何事にも興味をもち主体的に学ぶ能力と、コミュニケーション能力を備え、さらに地域社会に関心を持ち、そこで生活する人々の健康を担う決意と高い志を持った学生を求めています。
現在、和歌山県は人口の減少、高齢化、単独世帯の増加が進んでおり、地域で暮らす人々が病気や障がい、高齢になっても住み慣れた場所で少しでも長く自立した生活が続けられるよう支援することが地域社会の課題となっており、地域で暮らす人々の健康の維持・増進に貢献できる質の高い看護職が必要とされています。
具体的には、高度急性期医療における看護や在宅で療養中の方々に対する支援や看護、和歌山県で今後起こりうる自然災害時などへの看護があげられます。そのためには、高度な判断力と確かな看護実践能力をもって、チーム医療の一員としての役割が果たせる看護職が必要となります。
そこで、和歌山看護学部看護学科では、地域の特性を把握し社会・文化・人間と生活に対する理解を深め、豊かな人間性と倫理観をもち、多様な環境においてあらゆる健康レベルの対象に働きかけできる看護職、時代の要請に応える新たな看護を創造していくことができる看護職を育成していきます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】※内容によって、問い合わせ先が変わります。
・和歌山看護学部に関する問い合わせ
〒640-8269
和歌山県和歌山市小松原通4-20
(073) 435-5819

・入試に関する問い合わせ
〒152-8558
東京都目黒区東が丘2-5-1
東京医療保健大学
入試広報部
(03) 5779-5071
 【URL】http://www.thcu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ