×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

かながわ

神奈川大学

私立大学 神奈川県

神奈川大学/注目情報

神奈川大学の注目情報

みなとみらいキャンパスが誕生

地域や世界、人や情報がつながる、新しい《都市型キャンパス》=「知の拠点」が、ついに完成しました。

閉じる

2021年、グローバル系学部のみなとみらいキャンパスが誕生

  • 横浜駅から徒歩11分という好立地のみなとみらいキャンパス

国際化が加速するみなとみらい21地区に、2021年4月「みなとみらいキャンパス」が誕生!
場所は、神奈川大学前身の横浜学院創設の地(横浜・桜木町)のほど近く。横浜駅からは徒歩11分で、日産自動車グローバル本社をはじめ最先端の建物群を通り、キャンパスまで歩くだけでも国際感覚が養えそうな環境です。
日本の文化と歴史に深い理解をもち、国際交流に長けたグローバル人材を育成する国際日本学部、外国語学部、経営学部のグローバル系学部が集結。みなとみらいという立地を活用した新たな学びにも注目です。

閉じる

学生の教育・研究空間だけでなく、地域社会に広がる活動の拠点に

  • 交流広場としても活用できる2階エントランス※2020年12月撮影

みなとみらい地区に誕生するみなとみらいキャンパスは、地域や世界、人や情報がつながる「知の拠点」として始動します。
最大の特徴は1階~3階に広がる「ソーシャルコモンズ」の空間。ここでは学生だけでなく研究者、企業、観光客などさまざまな「人」が集い、地域や社会とつながります。また、連携拠点となる「社会連携センター」を設置し、企業や国際機関・官公庁などと連携しながら、国際都市ならではの幅広い活動を展開。さらに、周辺に地域企業が多く、実践学習やフィールドワークの場にも恵まれています。開港の地であり、横浜港大さん橋国際客船ターミナルが整備され発展が進む今、みなとみらいキャンパスは「知」が行き交う港として新たなステージへ踏み出します。

閉じる

みなとみらいキャンパス開設と就学キャンパス等の計画

今後は、みなとみらいキャンパスとともに横浜キャンパスをさらに整備し、2023年4月には、理学部の横浜キャンパス移転を予定しています。

閉じる

ここに注目!

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ