大学入試センター試験の最新情報をお届け!

かながわこうか

神奈川工科大学

私立大学 神奈川県

電気電子特別専攻の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

-(8名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●電気電子情報工学科、あるいはホームエレクトロニクス開発学科に所属し、環境エネルギー特別専攻の教育プログラムを受けられる
●省エネ・創エネ・蓄エネ、またはエネルギーマネジメントシステム(EMS)に関する基礎知識と技術を修得する
●社会に貢献できる研究者および技術者をめざす

環境に配慮した省エネ・創エネ・蓄エネ技術、エレクトロニクスや情報通信技術と連携したエネルギーマネジメントシステムなど、環境エネルギー分野の専門知識を有し、大学院進学や高度技術者をめざす人材を育成します。

-

講義・学問分野

スマートハウス技術研究、標準規格ベースビジネス研究、HEMS認証支援技術研究、レゴシステムを利用したHEMS学習教材の開発、センサを利用した生活環境の見える化、家電製品の省エネと性能向上の検討、太陽光発電システムの最大電力点追従(MPPT)制御に関する研究、燃料電池発電システムの高効率制御に関する研究。

閉じる

学部の特色

電気電子情報工学科、あるいはホームエレクトロニクス開発学科に所属し、環境エネルギー特別専攻の教育プログラムを受けられる

興味を持っている分野を学ぶ意欲が強く、大学の勉学の基盤となる基礎力を持つ学生を対象に、「電気電子」「医生命」「情報」「自動車」「機械工学」「ロボット」の6つの分野に、特別の教育プログラムを作りました。この教育プログラムを受けることができるグループが、スーパーサイエンス特別専攻です。電気電子特別専攻は、電気電子情報工学科、ホームエレクトロニクス開発学科、いずれかへの入学が必要となります。

閉じる

省エネ・創エネ・蓄エネ、またはエネルギーマネジメントシステム(EMS)に関する基礎知識と技術を修得する

低炭素社会の構築に向けて、枯渇の心配がない再生可能エネルギーの導入拡大や、環境に配慮した省エネ・創エネ・蓄エネ技術が重要になると考えられています。また、家庭やビル、工場などにおいてエレクトロニクスや情報通信技術と連携したエネルギーマネジメントシステム(EMS)が、今後の社会では重要なインフラとして注目されます。このような背景のもと、環境技術やEMS技術に対応できる研究者・高度技術者が必要とされています。電気電子特別専攻は、電気電子分野の基礎学力やその応用力を培う授業を展開。電気電子分野の専門知識を有し、大学院への進学や高度技術者をめざす人材を育成します。

閉じる

社会に貢献できる研究者および技術者をめざす

1年次からゼミ形式の授業を行い、先端的な研究に触れるとともに、専門に特化した教員の指導を受けることでより先進性の高い分野を学ぶことができます。また、多様化した授業や海外研修を行うことで本分野においてグローバルな立場で活躍できる人材を育成します。

閉じる

学べること

-

環境技術やEMS技術に対応できる研究者、高度技術者をめざす

電気電子分野の基礎学力やその応用力を培う授業を展開。電気電子分野の専門知識を有し、大学院への進学や高度技術者をめざす人材を育成します。

【授業・講義】
次世代の光通信を支えるシリコンフォトニクスデバイスの開発

光エレクトロニクスをキーワードとした先端技術の原理の理解を図るため、研究論文を用いた技術動向の調査・分析を行い、討論を行います。また、クリーンルームを活用したナノテクノロジープロセス、超高速光回路機能室を活用したデバイス評価を体験します。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ