かながわこうか

神奈川工科大学

私立大学 神奈川県

ロボットクリエータ特別専攻の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

-(5名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●ロボット・メカトロニクス学科に所属し「ロボット開発」の教育プログラムを専攻する
●1年次からのゼミ形式授業や多様な英語授業など、少人数クラスで徹底して学ぶ
●工学の基幹技術およびロボット工学分野の専門知識を有して、大学院への進学やロボット開発のリーダーとなる高度技術者をめざす

ここ数年、ロボットが活躍する場は、工場内に限らず日常生活や医療現場、災害現場など広範囲に渡ってきています。今後さまざまな環境で活躍できる実用的なロボットを開発する上で必要とされる、基礎技術とものづくりのスキルを持ち、ロボットに対する新しい発想を持った人材を育成します。

-

講義・学問分野

音声とジェスチャによるコミニュケーションロボットの開発、買い物支援ロボットの開発、等身大2足歩行ロボットの開発、ロボット操縦用モーションキャプチャーシステムの開発、腱駆動式筋力維持増進装置の開発、あいまいな表現を理解するロボットの開発、屋外走行ロボットの開発

閉じる

学部の特色

ロボット・メカトロニクス学科に所属し「ロボット開発」の教育プログラムを専攻する

興味を持っている分野を学ぶ意欲が強く、大学の勉学の基盤となる基礎力を持つ学生を対象に、「電気電子」「医生命」「情報」「自動車」「機械工学」「ロボット」の6つの分野に、特別の教育プログラムを作りました。この教育プログラムを受けることができるグループが、スーパーサイエンス特別専攻です。ロボットクリエータ特別専攻は、ロボット・メカトロニクス学科への入学が必要となります。

閉じる

1年次からのゼミ形式授業や多様な英語授業など、少人数クラスで徹底して学ぶ

1年次からゼミ形式の授業を行い、先端的な研究に触れるとともに、専門に特化した教員の指導を受けることでより先進性の高い分野を学ぶことができます。また、多様化した授業や海外研修を行うことで本分野においてグローバルな立場で活躍できる人材を育成します。

閉じる

工学の基幹技術およびロボット工学分野の専門知識を有して、大学院への進学やロボット開発のリーダーとなる高度技術者をめざす

ここ数年、ロボットが活躍する場は、工場内に限らず日常生活や医療現場、災害現場など広範囲に渡ってきています。現在でも多くの家庭で掃除機ロボットが使われており、人間型のコミュニケーションロボットも普及しそうな状況であり、ロボットの形も日々進化してきています。ロボットは、機械・電気・情報の基幹技術を組み合わせたシステムインテグレーション技術です。しかし、今後さまざまな環境で活躍できる実用的なロボットを開発するためには、基礎技術とものづくりのスキルを持った上で、ロボットに対する新しい発想を持った人材が必要とされます。このような社会背景に呼応して、ロボットクリエータ特別専攻を設置します。本特別専攻は、工学の基幹技術およびロボット工学分野の専門知識を有して、大学院への進学やロボット開発のリーダーとなる高度技術者をめざす人材を育成します。

閉じる

学べること

-

先進的なロボット開発現場においてリーダーとなるクリエイティブなロボット開発者をめざす

工学の基幹技術およびロボット工学分野の専門知識を有して、大学院への進学やロボット開発のリーダーとなる高度技術者をめざす人材を育成します。

【授業・講義】
等身大2足歩行ロボットの開発

2足歩行ロボットの製作を通じて、ロボットや組み込み機器を開発するための基本技術を習得します。
ロボットアスリートカップやROBO-ONE等の大会へ出場するための歩行ロボットの作成を行います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ