ふぇりすじょがくいん

フェリス女学院大学

私立大学 神奈川県

音楽学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

音楽芸術学科(75名)
※音楽学部の改組(1学科体制へ変更)に伴う定員増。2018年4月、文部科学省に届出申請予定

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●音楽に関連する多様な知識や技能を、ゼミやワークショップを通じて実践的に学べる
●英語による授業や海外実習科目を展開。語学力の底上げが図れる
●個別「実技レッスン」の導入で、将来めざしたい夢がグッと近づく

「音楽」が文化的活動や医療・福祉の現場でも用いられるなど社会に貢献する存在としても注目される中、音楽をツールに社会とつながる学びの充実を図り、文化やビジネスシーンで活躍できる人材をめざします。

【キャンパス】緑園キャンパス(1・2年次)、山手キャンパス(3・4年次)
【学生数】325名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】14名(2017年5月1日現在)
【大学院】音楽研究科/音楽芸術専攻、演奏専攻

音楽芸術学科※音楽学部の改組(1学科体制へ変更)に伴う定員増。2018年4月、文部科学省に届出申請予定

講義・学問分野

音楽家の基礎知識、基礎声楽、賛美歌学、和声、伴奏法、対位法、西洋音楽通史、諸民族の音楽、音楽情報論、作・編曲法、音楽ジャーナリズムなど

閉じる

学部の特色

山手キャンパス フェリスホール パイプオルガン

音楽に関連する多様な知識や技能を、ゼミやワークショップを通じて実践的に学べる

音楽を制作する、伝える、演出する、多分野を横断する。それら音楽に関わる多様なシーンや職域における知識や技能を、ワークショップやアクティブラーニングといった実践的な授業を通じて学べます。また、3~4年次では多彩なゼミに分かれ、より具体的に、学生の関心や将来の希望に沿った専門性を深めるとともに、音楽制作、発表の場の企画・運営、調査などの活動を行い、音楽と社会をつなぐ運用力やマネジメント力を身に付けます。

閉じる

英語による授業や海外実習科目を展開。語学力の底上げが図れる

グローバル社会に求められる資質が備えられるように、音楽芸術学科では英語による授業や海外実習を展開していきます。また、CLA(全学教養教育機構)科目や他学部の授業科目の履修により、より一層、語学スキルを磨くことも可能です。

閉じる

個別「実技レッスン」の導入で、将来めざしたい夢がグッと近づく

通常のカリキュラム以外にもっと実技を学びたい学生のために「パフォーミング・アーツ科目群」を開講します。グループで楽器演奏を楽しみながら学ぶレベルから、大学院進学をめざすレベルまで、学生のニーズと実力に合った実技レッスンが有料で受けられます。

閉じる

学べること

音楽芸術学科

「音楽で人と社会を結ぶ」―時代やジャンルを越えた多彩な音楽を学び、社会で活躍

音楽芸術学科では、音楽を多様な学問分野の一つと捉え、クラシック音楽の基礎を学びつつ、合唱、合奏、現代音楽、ジャズ、ミュージカル、作・編曲など幅広い音楽ジャンルにアプローチ。1年次に音楽の基礎知識に関する講義やグループ実技を受講し、2年次からはアクティブラーニング科目で音楽と社会の結びつきを実践的に学び、ゼミナールでは卒業研究を行います。音楽デザインや映像音楽制作、バンド・ポップス系などの先端音楽芸術創造分野、キリスト教音楽、西洋音楽、ポピュラー音楽の歴史的背景を学ぶ講義など、多彩なカリキュラムを用意して、「楽器演奏の経験はないが音楽が好き」「音楽の教員を目指したい」「中学まで習っていたピアノをもう一度学びたい」「卒業後は一般企業に就職したい」といった多様な学生を受け入れています。卒業生は、音楽を通して身に付けた積極性や自己表現力を生かしてさまざまなシーンで活躍しています。

閉じる

アドミッションポリシー

音楽芸術学科

本学科の学びの内容を理解し、次のような目的意識や意欲をもった学生を求める。
1. 社会に広く関わる視点から音楽を学ぶために必要とされる基礎的な知識と基本的な能力をもった学生
2. 社会との関わりを考慮しながら、音楽が果たす文化的・社会的・歴史的役割について分析し、考えることができる学生
3. クラシックに限らず、幅広いジャンルの音楽に興味をもち、積極的に社会と関わりながら活動する意欲が強い学生

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ