学校パンフ取り寄せで図書カードGET

かなざわこうぎょう

金沢工業大学

私立大学 石川県

情報フロンティア学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

メディア情報学科(120名)
経営情報学科(60名)
心理科学科(60名)

所在地

1~4年:石川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●生活をより豊かにデザインできる創造性を身に付ける
●クリエーターや企業経営者から学ぶ授業と、課外活動で実践力を養う
●充実の教育研究環境で研究やプロジェクトを進める

情報技術をベースに、心理、メディア、経営を学びます。

【キャンパス】扇が丘キャンパス (1~4年次)
やつかほリサーチキャンパス (4年次)
【学生数】992人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】27人(2017年5月1日現在)
【大学院】工学研究科 心理科学研究科

メディア情報学科

講義・学問分野

メディアテクノロジー、メディアデザイン

閉じる

経営情報学科

講義・学問分野

ビジネスマネジメント、起業イノベーション

閉じる

心理科学科

講義・学問分野

心理感性評価、脳・生理機能

閉じる

学部の特色

音楽や映像などのコンテンツと人間の感性の関係を明らかにする

生活をより豊かにデザインできる創造性を身に付ける

「情報」を「もの-人-社会」の間におけるコミュニケーションの手段として考え、情報技術をベースに、心理、メディア、経営を幅広く学び、生活をより豊かにデザインできる創造力のある人材を育成します。

閉じる

金沢駅鼓門でプロジェクションマッピング(出原研究室)

クリエーターや企業経営者から学ぶ授業と、課外活動で実践力を養う

第一線で活躍するクリエーターから学ぶ実践授業
メディア情報学科では、国内外で活躍するクリエーターを招き、CG、映像編集、ゲーム、広告に関してオムニバス形式で授業を行うなど、実践を学べる特色ある講義を行っています。

企業と連携した実践的講義
経営情報学科では、マーケティングや経営戦略、企業価値評価、資金調達などを、さまざまな業種・業態の企業から経営者を招き、現場のノウハウを学びます。

企業との共同開発が盛ん
心理科学科神宮研究室では、企業と共同で製品開発を行っています。生み出した製品が店頭に並ぶことも珍しくありません。

閉じる

感動のメカニズムを科学的に解明し、製品の研究開発に生かす

充実の教育研究環境で研究やプロジェクトを進める

感動のメカニズムを科学的に検証「感動デザイン工学研究所」
最新設備を駆使して感動のメカニズムを科学的に検証し、感動をもたらす製品の研究開発をめざします。200インチの大画面で3次元映像を映しだせるスタジオでは、映像と連動して触覚・嗅覚情報をもたらす装置も搭載し、五感による感動コンテンツ作成の研究が可能です。

アントレプレナーズラボ
学生が学外のさまざまなイノベーターと交流しながら、地域社会のリアルな課題に取り組み、自らイノベーターとして成長していく場として開設されました。企業とワークショップを行う空間やプロジェクトブース、成果発表を行うホールなどがあり、ここを拠点に多くの産学連携、地域連携プロジェクトが活動しています。

数理工教育研究センター
30人の教員が数学や物理・化学といった基礎科目の学びを、学生個々のレベルに合わせてサポート。個人やグループでの質問にも対応しています(全学部共通)。

閉じる

学べること

メディア情報学科

最新の情報テクノロジーを学ぶ

芸術的感性と情報テクノロジーを結びつけたコンテンツ、サービス、システムを開発・運用できる人材の育成をめざします。
本学科では、主に次のような領域を学びます。
(1)メディアテクノロジー
CG、モバイル技術、ネットワークセキュリティーなどに必要な最新の情報テクノロジーを学びます。
(2)メディアデザイン
映像、音楽、Webサイトなどを効果的にデザインするための技術・感性と科学的設計手法を学びます。

閉じる

経営情報学科

情報活用力を高め、経営管理者をめざす

情報技術を活用して社会に有益なビジネスを創生し、効率的に運用管理することができる人材の育成をめざします。
本学科では、主に次のような領域を学びます。
(1)ビジネスマネジメント
財務会計などの経営的観点から事業における諸問題を発見して解決するためのマネジメント手法を学びます。
(2)起業イノベーション
市場を把握するマーケティング技術を理解し、社会に有用なイノベーションによる起業のための手法を学びます。

閉じる

心理科学科

こころの動きを活用した製品の企画開発を学ぶ

心拍計、サーモグラフィー、視線計測装置等、理工系大学ならではの計測装置を活用して、こころの動きを科学的に測定し、それを実際の現場に活用するための技術を身に付けることを目標に、幅広い科目を用意しています。

(1)心理感性評価
心理感性評価の科目群では消費者心理、人間工学、ヒューマンインターフェースなど、ものづくりシステム設計への応用を見据えた知識、技術を身に付けます。
(2)脳・生理機能
脳・生理関係の科目群では、産業界で必要とされることが多くなってきた脳や生体に関する知識や、その測定技術を獲得することをめざします。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
入試センター
TEL.(076)248-0365
 【URL】http://www.kanazawa-it.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ