ぎふしょうとくがくえん

岐阜聖徳学園大学

私立大学 岐阜県

外国語学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

外国語学科(150名)

所在地

1~4年:岐阜

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2つのコースで語学を専門的に学ぶ
●専門分野を全て英語で学ぶAll English授業
●フレッシュ海外体験プログラムなどで英語を学びたい気持ちを高める

ビジネスの世界をめざす「国際キャリアコース」と、教員をめざす「中等英語教員養成コース」の2コースを設置。いずれのコースでも、本学部では実践的な授業はもちろん、フレッシュ海外体験プログラムや留学の支援など、さまざまなサポートを行っています。クラスは少人数で、ネイティブ教員との対話やディスカッションを通じて語学力の向上を図るとともに、思考力や判断力などを含む国際コミュニケーション力を養います。英語だけで行うAll Englishの授業も数多く設けています。

【キャンパス】羽島キャンパス
【学生数】516人(2017年5月現在)
【専任教員数】18人(2017年5月現在)

外国語学科

講義・学問分野

English Communication、英文法、英作文、英語リスニンング、英文読解、ICT活用、日本語表現、British Studies、American Studies、Reading and Discussion、English Linguistics、英語文学、Business Communication、英文法教育研究、第二言語習得理論 など

閉じる

学部の特色

外国語を活用したコミュニケーション能力を伸ばすカリキュラム

2つのコースで語学を専門的に学ぶ

国際化が進む現代、さまざまな文化背景を持つ人々とコミュニケーションする機会が増えています。本学部では、2つのコースを設定。
「国際キャリアコース」では、ビジネス英語はもちろん、中国語、日本語教育、国際情勢、各国事情などを修得することにより、多彩で質の高い、国際社会で活躍できる人材の育成をめざします。
「中等英語教員養成コース」では、英語コミュニケーション能力はもちろん、語学教育の理論的な知識を持った中学校や高等学校など中等英語教員を養成します。教育現場において授業内外を問わず、英語をダイナミックに駆使し、生徒たちのモデル、理想となる教員をめざします。

閉じる

英語で専門分野を学べる授業が充実

専門分野を全て英語で学ぶAll English授業

英語の技能科目だけでなく、専門分野を英語で学ぶ「All English授業」を開講します。この授業を全て受講した場合、英語関連科目の62%を履修可能です。同じ授業内容を日本語で学べる授業もあります。

閉じる

国際インターンシップで海外のビジネスを学ぶ

フレッシュ海外体験プログラムなどで英語を学びたい気持ちを高める

1年次には個人経費を除いた費用の全額を本学が助成する2週間の「フレッシュ海外体験プログラム」を実施。2年次以降には、アメリカ、オーストラリアなど全11大学への派遣留学が可能です。

もっともっと英語を勉強したくなる「フレッシュ海外体験プログラム」
個人的な費用を除く全額を大学が助成します。専任教員による引率など、安全面での配慮も万全です。行き先は、カナダ、オーストラリアなどの英語圏。ホームステイをしながら語学学校に通い、インターンシップやボランティア活動に参加します。

TOEICスコア別クラス編成
TOEICを各年次に実施し、習熟度別のクラス分けに生かします。実力に合わせた授業を行い、モチベーションを維持します。

観光英語(エアライン講座)
2・3年次には航空業界をめざす学生向けにエアライン専門の授業を開講します。航空業界の最新情報を分析するほか、演習や模擬面接などの実践的なレッスンも取り入れ、エアライン受験に必要な要素を身に付けます。また、授業で培ったホスピタリティーや、ビジネスマナーはあらゆる業種への応用が可能です。

国際インターンシップ
2・3年次の夏休みに実施するこのプログラムでは海外での就労体験を通じて英語技能のスキルアップを図るだけでなく、各国の経済状況や文化を学ぶことでグローバルな視野で物事を捉える力を身に付けます。

教職志望者をしっかりサポート
所定の授業科目の単位を修得すれば、中学校教諭一種免許状(英語)・高等学校教諭一種免許状(英語)を取得することが可能です。本学部からは毎年数十名の教員が輩出。これらの教育実績やノウハウを生かして、教職志望者を力強くサポートしています。

閉じる

学べること

真の実力を付けるため難しいテーマにも挑戦

外国語学科

体験型の学びを重視し、「使える語学力」を身に付ける

英語を専門的に学び、英語で「伝える力」を身に付けるため、プレゼンテーションやディスカッション、コミュニケーションなどの授業が充実しています。ほかにも、映画や著名人の演説の英文を暗唱して、発音やイントネーションを含む表現力の高さを競うレシテーションコンテストを開催。思いや考えを正確に伝えるスキルを実践を通じて体得できます。また、中学校・高等学校の英語科教員免許も取得可能です。

【授業・講義】
インプットとアウトプットを組み合わせて学ぶ「Reading and Discussion」

国際ビジネスの現場では英語のプレゼンテーションが必須。この授業では、まずテーマに沿って英語の論文などを読み、情報をリサーチし、新しい単語やフレーズを学びます。そして各々の視点から発表します。このサイクルを繰り返し行うことにより、情報収集から内容の構成力、表現力、スピーチ力といった総合的な力が向上します。

閉じる

アドミッションポリシー

国際的視野に立って活躍したい人、異文化の多様な価値観を理解したいと考えている人を募集

外国語学部では、英語をはじめとする外国語に関心があり、国際的視野に立って企業で活躍したいと考えている人や、中学・高校の英語教員になることを志望する人、自文化の深い知識を基盤にしながら異文化の多様な価値観を理解できるようになりたいと考えている人を求めます。例えば、高等学校在学中に英語などの能力検定に合格し、大学でさらに外国語の知識と技能を高めたい人、留学して異文化理解を深めたいと考えている人などが望まれます。
一般入試では、調査書により①③を視野に入れつつ、個別学力検査により①②を重点的に評価し、選抜を行います。
推薦入試では、調査書・取得資格により①③、推薦書・小論文・面接により将来の目標や志望した理由及び志望学部に係わる意欲興味関心を捕捉しつつ②③に重点を置いて総合的に評価し、選抜を行います。
大学入試センター試験利用入試では、調査書により①③を視野に入れつつ、大学入試センター試験の得点に基づき①②を重点的に評価し、選抜を行います。
※学力の3要素・・・①「知識・技能」、②「思考力・判断力・表現力等の能力」、③「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】岐阜市柳津町高桑西1-1
広報課
(058)279-6419
 【URL】http://shotoku.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ