×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

しがっかん

至学館大学

私立大学 愛知県

学部・学科

先輩の学問体験記学問:体育・健康科学

スポーツ栄養の幅広い知識や指導技術が身に付く!

健康科学部 栄養科学科 3年 新谷日和さん

出身高校
愛知県立 安城高校

部活や課外活動
地元スポーツクラブでインストラクターのアルバイトをしています。栄養面と運動面の知識を生かし、会員の方へのアドバイスなども行っています。大学では、管理栄養士のほか健康運動実践指導者やアクアフィットネスインストラクターの資格取得をめざして勉強しています。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
一般入試やセンター試験での受験を考えていたため、高校2年生の冬休みから本格的に受験勉強を始めました。私は文系なので、まずは苦手な理系科目(特に生物基礎や化学基礎)を中心に問題集を繰り返し解いていきました。早めに苦手科目に取り組んで克服したことで自信が付き得意科目も増え、合格につながりました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

実験・実習を通して専門知識・技術を修得できます

私の学科ではこんな勉強をしています

栄養科学科は、「スポーツ栄養専修」「臨床栄養専修」「食育専修」の3つの専修があります。私は「スポーツ栄養専修」を専攻し、栄養と運動に関する専門知識を学びながら、実際に学内スポーツ選手への栄養サポートや、学外のスポーツフーズ工場見学、国際大会の観戦など、日々実践的に学んでいます。もちろん、管理栄養士になるための学びも充実しています。1年次には生物基礎や化学基礎が導入教育として行われ、復習しながら「生化学」や「解剖生理学」の基礎知識を身に付けることが出来ました。また、普段の授業でも管理栄養士国家試験の問題と結び付けながら解説されるため、国家試験を意識して学ぶことができます。

閉じる

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

中学校や高校ではハンドボール部に所属し、料理にも興味があった私は、トレーニングや回復に必要な栄養素を取り入れた食事を心がけて部活動に励みました。高校1年生の頃に将来の進路を考える機会があり、自分の好きな「運動」と「食事」に携わることのできる職業を探す中で、栄養面からスポーツ選手を支えるスポーツ栄養士という職業を知り、管理栄養士をめざせる学科を志望するようになりました。

閉じる

将来はアスリートを「食」で支えるスポーツ栄養士になりたい!

将来の夢・目標

将来は、スポーツ選手を「食」で支えるスポーツ栄養士をめざしています。スポーツクラブでは、インストラクターとして20代から80代までの幅広い世代の方に、インボディの測定や食事のアドバイスを行っており、一人ひとりの競技力向上や健康増進に役立つことにやりがいを感じています。管理栄養士国家試験の合格、健康運動実践指導者やアクアフィットネスインストラクターの資格取得は、将来の夢であるスポーツ栄養士につながると思います。さまざまな学びが将来に結び付くことを意識しながら大学生活を送っています。

閉じる

高校時代に頑張ったこと

高校の3年間は、ハンドボール部の活動に励み、県大会に出場することが出来ました。通学時間が1時間かかる高校でしたが、私はどんなに疲れていても毎日コツコツと宿題プラスアルファで勉強することを心がけました。勉強と部活動の両立は大変ではありましたが、息抜きとしてスポーツ栄養の本を読んだり、インターネットで検索をして調べることがモチベーションアップにつながりました。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

1週間の時間割

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ