×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

しがっかん

至学館大学

私立大学 愛知県

学部・学科

先輩の学問体験記

スポーツ栄養の幅広い知識や指導技術が身に付く!

健康科学部 栄養科学科 3年 春木麻由香さん

出身高校
三重県 伊勢高校

部活や課外活動
大学では、スポーツ栄養サポートチーム(SNST)の活動に力を注いでいます。 活動内容は、栄養バランスを考えた“あすりーと弁当”のメニュー考案・調理をはじめ、学内外選手の身体組成の測定・食事調査等、貴重な経験を積むことができています。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
化学基礎を選択して受験することを決めた私は、3年の夏休みから問題集を購入し、本格的に勉強をスタートさせました。教科書を最初から最後まで読み込んだことも、よい復習になりました。 また面接対策では、同じ栄養分野への進学をめざす友人と一緒に練習をしたり、家庭科の先生をはじめ多くの先生にアドバイスをいただいたことで自信がつき、合格につながったと思います。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

現役選手と直接関われる有意義な環境

私の学科ではこんな勉強をしています

栄養科学科では、「スポーツ」「医療」「学校教育現場」で活躍できる管理栄養士をめざし、「スポーツ栄養専修」「臨床栄養専修」「食育専修」の3つの専修があります。
スポーツ栄養専修では、栄養と運動に関する専門知識と、栄養管理の方法などを勉強します。また、学内のトップアスリート選手を実際にサポートすることで実践力を磨くこともできます。これは、他大学にはない魅力だと感じています。
授業でも、スポーツ栄養の幅広い知識や技術が得られ、学びがいがあります。例えば、「スポーツ栄養演習Ⅰ・Ⅱ」では、ラグビーや競輪などを観戦したうえで、現役選手に競技特性などを教えていただき、競技への理解を深めることができました。

閉じる

「SNST」の活動で、トップアスリートを直接サポート

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

昔から料理が好きで、栄養学にも興味があったことから、自然と管理栄養士の仕事に興味を持ちました。
また、スポーツ観戦が好きでよく観戦に行っていましたが、応援するだけでなく、「食」の面から選手たちをサポートしたいと考えていました。
そうした中、スポーツ栄養士としても活躍されている杉島先生の存在を知り、スポーツ栄養に関する指導を直接受けたいと強く思ったことが、至学館大学の栄養科学科を選んだきっかけです。
今では、スポーツ栄養に関する授業やSNSTの活動を通して、指導力が身に付いていると実感しています。

閉じる

将来はスポーツ栄養を通して国際的なスポーツ大会に携わりたい!

将来の夢・目標

在学中に修得した知識や技術を生かして、引き続き、アスリートを食の面からサポートしていきたいです。
夢は、国際的なスポーツ大会に携わること。自分が携わった選手が、国際的なスポーツ大会に出場したり、実際にサポートができるようになりたいと考えています。そのためには、まずは管理栄養士の資格取得はもちろん、「健康運動実践指導者」の資格取得も視野に入れています。この資格は、健康づくりを目的とした運動プログラムに基づいて実践指導する資格で、スポーツ栄養だけでなく、医学的基礎知識も必要となります。
勉強は大変ですが、SNSTの活動や有意義な環境を生かし、目標・夢の実現に向けて頑張りたいと考えています。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ