しがっかん

至学館大学

私立大学 愛知県

至学館大学/先輩の学問体験記

先輩の学問体験記学問:教員養成系

充実した実習環境と資格・免許取得で可能性を広げる!

こども健康・教育学科 2年 手嶋留希さん

出身高校
愛知県立豊田南高校

部活や課外活動
部活動が私の高校生活の全てと言えるぐらい、とにかく部活動中心の生活を送っていました。私はハンドボール部に所属し、キャプテンとして毎日の部活動に必死に取り組んでいました。朝練習も1日練習もありヘトヘトでしたが、とても充実した高校3年間を過ごしていました。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
まずは基礎を固めることを中心に勉強に取り組んでいました。どの教科であっても、基礎がしっかりと習得できていれば、おおよその問題を解くことができ、応用にもつなげていけることを模擬試験を受けて行く中で感じました。 また、模擬試験を終えたあとの復習も大切にしていました。模擬試験終了後すぐに自己採点を行い、間違えた問題を中心に解説を読んだり、ノートにまとめたりすることを欠かさず行っていました。 そうすることで、自分の課題を見つけることができるので、その後の勉強計画が立てやすくなり、苦手を克服することにつながると考えたからです。ノートにまとめることによって自分の弱点がわかりやすくなり、正解よりも間違えてしまった分野を中心に勉強することを重視しました。3年生の秋頃からは、それぞれの大学の入試問題の傾向を知るために、自分が受験を考えている大学の過去問題を繰り返し解きました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

実際にこどもたちと関わり、必要な知識・技能を身につけます

私の学科ではこんな勉強をしています

こども健康・教育学科では、保育士や幼稚園の先生、小学校の先生をめざす人のための「保育・初等教育コース」と、小学校の先生や中学校の保健体育の先生をめざす人のための「初等・中等教育コース」があり、進路に合わせて選択をすることができます。
授業では、保育士や先生になるうえで必要な学校に関する専門的な知識から、こどもの心身の発達や言語能力、さまざまな場面におけるこどもへの対応のしかた、保護者対応など教育に関することを中心に多くの観点から学ぶことができます。そして、演習の授業で実践的に学習することで、知識を確実に自分のものにすることができます。
また、保育所や幼稚園、小学校、中学校での実習を通して実際にこどもたちと関わり、こどもたちの様子や、保育者や先生がこどもと関わる様子を肌で感じることができます。授業で学んだことと実際の様子を照らし合わせながら、必要な知識・技能を身につけられるように理解を深めています。こどもの健康という観点から、体育の知識や食育の大切さなども学んでいます。

閉じる

現場でしか感じることのできない学びが経験できます

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

私は、こどもと関わりのある仕事をしたいと思っています。私がこの学科を選んだ理由は、私自身が身体を動かすことが好きで、体育に関することも学びたいと考えていたことがきっかけです。至学館大学なら、こどもについても運動についても学ぶことができ、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭といった3つの資格・免許の同時取得が可能なことが決め手になりました。この学びから幅広く自分の可能性を見つけ、将来へとつなげていきたいと考えたほか、こどもの健康や身体の発育、食事の大切さについても学びたいと思いました。
また、キャンパス内にある附属幼稚園との関わりや近隣の保育所での実習もあるので、教科書や授業の内容と照らし合わせながら、実際にこどもと関わることでこどもへの理解を深め、現場でしか感じることのできない学びを経験したいと感じたことも理由の一つです。今は、こどもに関する確かな知識と、保育者としての対応のしかたや技術、さまざまな視点からこどもを見る力を大学の4年間で身につけ、こどもの気持ちに寄り添いながら一緒に成長をしていける保育者をめざして日々の勉強に励んでいます。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

1週間の時間割

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ