ちゅうぶ

中部大学

私立大学 愛知県

大学トップ

中部大学の新設情報

2018年4月、工学部は新・8学科体制に

本学は、文理融合7学部がワンキャンパスに集う中部圏屈指の総合大学です。
工学部の単科大学として開学し、社会のニーズに合わせて新しい学部・学科を設置・改組してきました。その根本にあるのは、建学の精神「不言実行、あてになる人間」です。そのために実学主義を貫き、本物の教育が受けられる環境の充実に努め続けています。

閉じる

宇宙航空産業の集積地で技術者をめざす「宇宙航空理工学科※」

  • (C)JAXA

中部圏には宇宙航空産業の企業が集結しており、2011年から国際戦略総合特別区域“アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区”に指定されています。今後ますます宇宙機・航空機の生産に携わる人材へのニーズが高まることでしょう。そこで産業界からの期待を受け、宇宙航空理工学科を新設。将来の宇宙機・航空機の生産現場のリーダーとしてグローバルに活躍できる技術者を育成します。
多彩な種類の宇宙機や航空機の製造現場、エンジンや胴体・翼をはじめとするさまざまな機体部品やソフトウェアなど、高い精度や耐久性を追求したレベルの高いモノづくりに挑む部品メーカー、さらには衛星からの収集データを活用するリモートセンシングなどのシステム開発現場など、期待される進路は多種多様です。機械・電気・電子・情報の複合的な知識と英語力は、宇宙航空産業以外のモノづくりでも幅広く生かすことができます。
※2018年4月開設予定、設置構想中。学科名等、記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

電気+電子で世の中を動かす「電気電子システム工学科※」

  • 新しい発想や価値を創造できる次世代の技術を育成

私たちの便利な暮らしは、電気・電子・情報技術を組み合わせてモノを動かす“システム”に支えられています。半導体デバイスの革新とともに進化してきた電気自動車、スマートグリッド化が進む電力網がその例です。こうした世の中の動きに応えられる次世代の技術者を育成するため、電気システム工学科と電子情報工学科を統合し、新たに電気電子システム工学科を設置します。
自動車や電力網の例のほか、最近では身のまわりの家電製品や工場の最新製造ラインで使われる機械・ロボット、自動運転による新交通システムなど、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)の動きが加速しています。自動車、航空、産業用ロボットや家電といった電気、電力を使用する設備関連、半導体デバイスなど、あらゆるモノづくりの分野で、新しい発想や価値を創造しスマートな社会を実現するシステムの技術者が必要とされています。
※2018年4月開設予定、設置構想中。学科名等、記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

“モノづくりの拠点”中部地区・愛知で学ぶ

  • 文理融合7学部がワンキャンパスに集結する総合大学

本学の位置する中部地区、特に愛知県は、日本の“モノづくりの拠点”として発展し続けているエリアです。自動車産業、航空宇宙産業、太陽光パネル、炭素繊維などの高度材料産業やロボット産業などの中枢を担う企業が集積し、そこで活躍する技術者の育成に大きな期待が寄せられています。また、2011年には愛知県・岐阜県・名古屋市などが、国際戦略総合特別区域“アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区”に指定。宇宙機・航空機の生産に携わる人材へのニーズが、これまで以上に高まると予想されます。このような活発な動きが見られる愛知の地で、地元企業の協力のもと、実践的に専門性の高い学びを展開します。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ