なごやがいこくご

名古屋外国語大学

私立大学 愛知県

世界共生学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

世界共生学科(100名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●世界のこれからを語り合うための「英語」と「複言語」を徹底習得
●世界を地域生活圏ごとに研究、複数の地域を学び視野を広げる「リージョナルスタディーズ」
●留学やインターンシップを通して、アクティブに学ぶ

複数の言語と地域を選んで学び、共生に関する学問的知識を多角的に修得。世界各地の人々と絆を結び、多文化共生時代の国内外の問題解決のために行動できる「アクティブでグローバルな人」を育てます。

【学生数】114人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】12人(2017年5月1日現在)
【大学院】国際コミュニケーション研究科(博士前期・後期課程)

世界共生学科

講義・学問分野

専攻言語プログラム(英語)、複言語プログラム、英語基幹プログラム、世界教養プログラム、国際ガバナンスコース、グローバル共生コース、リージョナルスタディーズ、グローバル・メディア科目、地域創生科目 など

閉じる

学部の特色

“超”少人数授業「PUT」で語学力向上

世界のこれからを語り合うための「英語」と「複言語」を徹底習得

英語力の向上とともに、世界情勢に関する基礎知識や思考力も修得。「模擬国連」の手法などを使って、国際問題を討論するための論理的思考力を鍛える授業などを設定。「複言語プログラム」では11の言語から選択可能。多様な言葉で語り合える高度な語学運用能力を養います。

閉じる

世界を地域生活圏ごとに研究

世界を地域生活圏ごとに研究、複数の地域を学び視野を広げる「リージョナルスタディーズ」

現在、国を超えた「地域(リージョン)」という単位での動きが活発化しており、文化的・地理的に近い国々を「地域生活圏」として学ぶことが世界の今を理解するうえで重要です。「リージョナルスタディーズ」は、アングロアメリカ、ヨーロッパ、イベロアメリカ、アジア・太平洋、ユーラシア、中東・アフリカの6つの地域から複数を選んで学ぶ独自のプログラム。世界を「複眼的に捉える力」を身に付けます。

閉じる

「現地で学び考える」活動への参加を推奨

留学やインターンシップを通して、アクティブに学ぶ

授業形態が双方向のアクティブラーニング型であるのはもちろん、留学、インターンシップ、ボランティアといった「現地で学び考える」活動への参加を推奨。学部独自の専門科目である「地域創生科目」では、地元の国際交流活動に参加。究極のアクティブラーニングとも言える「留学」については、本学が誇る多彩な留学プログラムで徹底サポートします。

閉じる

学べること

公的な場でも的確に意見を述べる能力を養う

世界共生学科

「国際ガバナンスコース」「グローバル共生コース」を設定

平和・自由・民主主義などの理念を学び、その実現をめざす「国際ガバナンスコース」と、多文化共生社会に必要な知識を人間心理から地球文明まで幅広く学ぶ「グローバル共生コース」のどちらかをメインにして学習します。

【授業・講義】
英語力の向上とともに世界情勢に関する基礎知識や思考力も修得する「Argumentation & Debate」

公的な場で、説得力を持って英語で議論するために必要なさまざまなコミュニケーション技術を学びます。国際連合が取り上げるような国際的課題についても、賛否両面からきちんと問題点を分析し、的確に意見を述べることのできるディベート能力を養います。各自が国の代表を演じながら議論する「模擬国連」の手法を用いることによって、世界各国・各地域についての理解も深まります。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
広報企画室
(0561)75-1747 (受験に関するお問い合わせ)
 【URL】http://nagoyagaidai.com

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ