×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

なごやがいこくご

名古屋外国語大学

私立大学 愛知県

先輩の志望理由

プロフィール

自信を持てる英語運用能力を身につけて海外と関わりながら仕事をしたい

永野舞夏

外国語学部 英米語学科 英語コミュニケーション専攻 4年(2020年11月時点)

受験方法:センター試験利用入試

出身高校:愛知県立瑞陵高校

進学した大学・学部・学科

大学ではイギリス留学に挑戦したいと考え、英語やイギリス文化について学べる名古屋外国語大学の外国語学部 英米語学科 英語コミュニケーション専攻を志望しました。

閉じる

きっかけ

小学6年生の時に海外でのホームステイを経験したことで、英語に興味を持ち、洋楽や洋画などの文化にも触れるようになりました。映像で美しいイギリスの街並みを見て、実際に現地に行ってみたいという気持ちが強くなりました。

閉じる

大学選びの条件

言語としての英語というよりは、コミュニケーションツールとして使える英語を学びたかったため、「英語運用能力」を身につけられる学部を検討しました。また、留学しても4年間で卒業できる制度の有無や、海外協定校の数・地域、留学費用のサポートについても重視しました。

閉じる

社会との関わり

ホテルのレストランでアルバイトをしていた時に、海外からのお客様を接客しました。その方は動物性食品が食べられないと言い、話を聞くと菜食主義であることが分かりました。宗教の違いなどによって食も変わり、おもてなしの仕方も変わるということに気づき、語学力のみならず、異文化を学ぶ重要性に気づくことができました。

閉じる

キラリと光る大学の魅力

留学を志すうえで特に心強く感じたのは、「留学費用全額支援」制度です。留学先の授業料や居住費、留学ビザ申請料などを大学が負担してくれるもので、対象人数の制限がない点も魅力的でした。
また、147の協定校から留学先大学を選べるスタンダード留学は、私のように留学したい国が決まっている人には最適だと感じます。留学に強い名古屋外国語大学だから、充実した留学体験を実現できました。

閉じる

将来の展望

多くの人と意思疎通ができる英語力とコミュニケーション力を活かしてさまざまな国の文化を理解し、海外の方々と一緒に働きたいと考えています。

閉じる

学習意欲を後押しする「留学費用全額支援」制度

留学先授業料、居住費、渡航費、教科書代、保険料、留学ビザ申請料の全額を大学が負担し、費用面からも留学を力強くサポート。対象人数の制限はなく、大学が定めた語学試験・GPAの基準を満たせば全員にチャンスがあります。

2019年度長期留学に出発した学生の4人に3人が「留学費用全額支援」制度を利用。

閉じる

大多数の学生が活用するスタンダード留学

世界28の国と地域147大学に学生を留学生として派遣する長期留学プログラム。独自協定を結ぶ際に名古屋外国語大学の専門スタッフが直接交渉を行っているため、協定大学との間には厚い信頼があります。学生が安心して留学できる環境を実現しています。

国際交流協定校は年々増えており、学生一人ひとりの目的に合った留学が可能。

閉じる

先輩が通っている大学の留学制度・語学カリキュラム

希望に応じて選択できる多彩な留学プログラム

名古屋外国語大学では、半年から最長2年の長期留学(スタンダード留学・2か国留学・航空サービス留学・ダブルディグリー留学・UCR特別留学など)、インターンシップを体験する中期留学や、1か月から2か月の海外研修など、期間や目的に応じて選択できる多彩な留学プログラムを設置。奨学金制度、TOEFL対策講座、安全面への配慮など、万全のサポート体制も整えています。

閉じる

複数の言語の使い手をめざす複言語プログラム

多言語・多文化共生の社会において、一人ひとりが環境や状況に応じて複数の言語を使い分ける複言語の能力が重視されています。名古屋外国語大学は「複言語プログラム」を設置し、複数の言語の使い手としてグローバル社会で活躍できる力を養います。

閉じる

“超” 少人数授業「PUT」

 「PUT(パワーアップチュートリアル)」は、学生4人と外国人教員1人で行うALL ENGLISH の“超” 少人数授業(全学部・全学科必修)。外国語で考え、外国語で発信する力を身につけると同時に国際感覚を磨き、留学に対応するための基礎固めを行います。フランス語学科・中国語学科では、2年次にフランス語・中国語での「PUT」も行います。語学力を総合的かつ飛躍的に向上させるプログラムです。

閉じる

ギャラリー

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ