大学入試センター試験の最新情報をお届け!

なごやがくいん

名古屋学院大学

私立大学 愛知県

学部・学科

先輩の学問体験記

めざす進路に合わせて効果的に学習!

法学部 法学科 4年 岩屋ヶ野由莉さん

出身高校
愛知県 公立高校

部活や課外活動
女子バレーボール部に所属していました。体育館を使用できる時間は限られていましたが、楽しい雰囲気で練習できました。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
私は英語が苦手だったので、毎日、市販の英単語帳を持ち歩いて、電車などの通学時間や授業の合間の休み時間を利用して単語の勉強をしていました。単語帳を辞書のように活用し、長文問題で出てきた単語に印を付けたり、単語帳に載っていない単語を書き足して、重要だと思った単語一つ一つをしっかりと覚えるようにしました。部活や通学に時間がかかりましたが、どんなに忙しくても翌日の授業の予習は必ず行うと決めていました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

法廷教室

私の学科ではこんな勉強をしています

私が所属している法学部は、希望する進路に合わせて効果的な学習ができるよう3つの履修モデル=公務員志望型「公共公益モデル」、民間企業型「企業法務モデル」、地域社会支援・市民サービス型「市民・法社会モデル」が設けられています。進路が明確になっていない人も、1年次必修の導入科目で、法学を学ぶ意義とその方法を学び、2年次以降の学びをスムーズに進める基礎づくりができるので安心です。1年次から4年次まで、1クラス15名程度の少人数で学ぶ演習(ゼミナール)が必修科目として開講されているのも特色の一つ。また、一般教養の英語や情報などの授業は認識度別にクラス分けされるので、自分の能力に応じた学習ができます。
授業での基幹的法律科目の履修に加えて、学内の資格センターと連携した各種講座も利用できます。学内で格安に受講できるため学生の人気が高く、私も「公務員試験対策講座」を受講。筆記試験対策はもちろん、模擬面接や対策セミナーを実施するなど試験の直前まで手厚いバックアップがあります。私は、法律に関連する資格の取得などをめざす「翼研究会」というクラブにも参加しています。同じ目標を持つ仲間との情報交換は励みになり、楽しく勉強しています。

閉じる

法学の資料がそろう法学部資料室を設置

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

私は将来、警察官になりたいと思っています。名古屋学院大学の法学部には、国家公務員や地方公務員上級試験を視野に入れた「公共公益モデル」があると知り興味を持ちました。さらに、企業での実習や1年次から3年次まで最多で5回参加できる「インターンシッププログラム」があり、より実践的な学習ができると知ったことも、名古屋学院大学を志望した理由の一つです。自由な校風にも魅力を感じました。留学に憧れている人、語学力を高めたい人、外国人留学生と友達になりたい人など、海外に関心のある学生のための広場「i-ラウンジ」や、外国人留学生から各言語を楽しく学ぶ外国語サロン(無料)の存在にも好奇心が湧きました。アクセスのよさ、法律関連の資料がそろう「法学部資料室」など充実の施設・設備も整っており、自分の興味のある学びを存分に学べる大学だと思いました。

閉じる

受験勉強方法

受験時期が近づくと、高校の授業は演習中心になりました。教室で配付されたプリントをしっかりやることを心掛け、自宅では学校でやりきれなかったプリントを完結。その後はひたすら志望校の過去問を解くという勉強を続けていました。大学によって問題の傾向が全く異なるので、志望校の過去問に取り組むことはとても大切。名古屋学院大学の大学案内を取り寄せると過去問題集が同封されます。今すぐ取り寄せてチャレンジし、試験問題の傾向と対策を知ることが合格への近道だと思います。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ