名古屋芸術大学の先輩の学問体験記|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

なごやげいじゅつ

名古屋芸術大学

私立大学 愛知県

学部・学科

先輩の学問体験記

芸術をまるごと楽しく学び社会で通用する力を修得!

芸術学科/芸術教養領域 リベラルアーツコース 1年 大竹菜実さん

出身高校
愛知県 公立高校

部活や課外活動
私は吹奏楽部に所属。毎日の授業後や休日にも練習し、時には朝練もするなど、力を入れて取り組んでいました。仲間と一緒に、よい演奏をするためにがんばった充実した3年間でした。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
小論文や面接の対策を特に力を入れました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

授業で制作した作品「カメラオブスキュラ」

私の学科ではこんな勉強をしています

私が所属している芸術教養領域「リベラルアーツコース」は、美術と音楽の両方を学べるカリキュラムが魅力です。バラエティ豊かな開講科目や少人数ゼミとプロジェクト授業を通して、幅広い知見と技術に触れ、思考力を育み、芸術をまるごと楽しく学んでいます。具体的には、カメラオブスキュラというカメラを作成したり、フォントの勉強やイラストレーターなどアプリケーションソフトを使用したり。パソコンでCM曲としてサウンドロゴも作曲しました。研究発表ではプレゼンテーションを行うなど、楽しみながら社会に通用する実践的な学びができていると実感しています。
コースがめざしているのは、“現代社会で活躍できるジェネラリストの育成”です。そのために、専門性の追究に加え、複眼的なものの見方やコミュニケーション力を養う学びが豊富です。身近に芸術を感じながら、同じ志を持つ仲間やアットホームな先生方と一緒に、自分の可能性を広げています。

閉じる

海外研修の成果を、プレゼンテーションで発表する

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

私は芸術が身近にある環境で育ったため、自然に芸術に興味・関心を持ちました。また、中学・高校での吹奏楽部の活動を通して、音楽を奏でる楽しさを実感できたことも進路選択につながっています。志望校選びの時期になり、漠然と芸術系の大学に進学したいと思いましたが、作家といった作り手ではない立場から幅広く学びたいと思い、私の希望にそった学部や志望校を探しました。結果、芸術全般の知識を身に付けられる名古屋芸術大学の「リベラルアーツコース」を選び、進学を決意しました。
学部では先生はとても身近な存在です。講義でのていねいなご指導はもちろん、学期の最初と最後に行われるチュートリアルでは、現在の学生生活の悩みや将来について相談にも乗ってくださいます。また、1年次からキャリアガイダンスがスタート。3年次になると、クリエイター系の就職ガイダンスの開催やインターンシップ制度も導入され、進路選択を支援してくれます。

閉じる

感性と個性を磨く総合芸術大学のキャンパスが魅力

後輩へのアドバイス

名古屋芸術大学には、音楽や保育を学ぶための充実した施設・設備が整った「東キャンパス」と、各種工房やスタジオ、ゼミ室などの施設・設備が充実している「西キャンパス」があります。学内で日常的にアートを感じる環境だからこそ、興味も将来の可能性も広がると思います。このような理想的な環境でさまざまな体験をしたら、きっと自分らしい将来の進路を探せると思います。
私は作り手ではない立場から幅広く学びたいと思い、「リベラルアーツコース」を選択しましたが、現在は制作の授業がいちばん楽しいので、卒業後は“ものづくり”に携われたらと考えています。キャンパスにあるたくさんの工房をフル活用して、将来進む道を見つけるために挑戦を続けたいと思います。芸術に興味のあるみなさん、自分らしい未来を見つけに名古屋芸術大学の芸術学部で学びませんか?

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ