なごやげいじゅつ

名古屋芸術大学

私立大学 愛知県

大学トップ

名古屋芸術大学の注目情報

音楽・美術・デザイン・芸術教養で芸術に新しい可能性を開く

近年、さまざまな芸術領域をコラボレーションした表現が顕著です。個々の芸術活動を伝統的な手法で行うだけではなく、他分野の文化やスキル、あるいは最先端の技術を取り入れ理解することによって、発想力や表現力の転換を図っています。
本学では、これからの時代にふさわしい新しいアーティストの育成をめざして、既存3学部を3領域に改編し、新たに芸術系ジェネラリストの育成をめざす「芸術教養」を加えた芸術学部に統合。「音楽」「美術」「デザイン」それぞれにおける専門性を追究しつつ、広くほかの領域を学び、将来活躍できるステージの拡大をめざします。また、グローバル化社会で活躍できる資質を培うために、英語を中心とした語学教育を充実。さらに教養科目と芸術の諸分野を融合させた共通科目を数多く設定し、自らのコアとなる専門分野(音楽、美術、デザイン)以外の多様な芸術が融合した学びを実現します。

閉じる

音楽業界で活躍できる人材を育成する9コース[音楽領域]

■「音楽」に感性を加え、その表現に必要な演奏能力・知識・経験の修得をめざす
歌唱法を確実に身に付ける「声楽コース」、高い表現能力の修得をめざす「鍵盤楽器コース(ピアノ・電子オルガン)」(2017年4月新設)、演奏家や指導者を育成する「弦管打コース」、音楽を幅広く総合的に学ぶことができる「音楽総合コース」を設置します。

■時代とともに進化する多彩な音楽シーンに対応できる能力を育成する
さまざまな音楽制作のノウハウを学ぶ「サウンドメディア・コンポジションコース」(2017年4月新設)、現代社会の課題に音楽を生かす「音楽ケアデザインコース」、作品創作のできる音楽舞台人を育てる「ミュージカルコース」、専門的にポップス・ロックについて学ぶ「ポップス・ロック&パフォーマンスコース」(2017年4月新設)、ステージを創りあげるプロを養成する「エンターテインメントディレクション&アートマネジメントコース」(2017年4月新設)を設けます。

  • 高い演奏技術を身に付けるのはもちろん、豊かな音楽性の育成や音楽の裏方や録音技術なども学習

  • ジャンルを超えたさまざまな音楽シーンで必要な知識を修得するとともに、音楽の可能性を引き出す

閉じる

芸術文化の創造的発展を担う個性を養う3コース[美術領域]

■専門性を追究し、アーティストとしての基盤を形成する
絵画の本質の理解と追究を軸とした学びを展開します。「日本画コース」「洋画コース(油画、絵画・現代アート)」を設置。繰り返し学習することにより基礎を固め、さらに制作を通して知識、思考、表現、感性と、年々深く広く、微細に学びます。学生と教員のコミュニケーションを大切にし、将来アーティストやアートに関わる職業をめざす人たちをサポートします。

■あらゆる分野の基礎を学び、専門分野を極める
アートを通して、人と人とのコミュニケーションをつなぐ力を発揮できる人材を育成する「アートクリエイターコース」を設置。1年次に美術領域の全分野の基礎を学び、あらゆるアートを体験しながら専門分野を決定。その後、専門教育課程(彫刻、陶芸・ガラス、コミュニケーションアート、版画、美術文化創造)でそれらを実践と結びつけ、社会の活力となるアートの力を身に付けます。

  • さまざまな交流を生むアート&デザインセンター。芸術文化活動の場として幅広く活用できる

  • 修得したアートのスキルやアイデアを生かし、地域の人々とのコミュニケーションを図る

閉じる

次代のデザインを生む知識と技術を養う11コース[デザイン領域]

■メディア&コミュニケーションブロック
「ヴィジュアルデザインコース」「イラストレーションコース」「メディアデザインコース」「メディアコミュニケーションデザインコース」を設置。視覚現象全体を広く捉え、各メディアの機能や構造をよく理解し、調査を行い、現実に即した効果的なデザインの手法を探究します。

■プロダクト&スペースブロック
「インダストリアル&セラミックデザインコース」「カーデザインコース」「スペースデザインコース」を設置。道具や施設・空間をつくる人材を育成します。人々の行動や暮らしを研究し、本当に役立つものをつくり出し、世の中に貢献できるデザインを考えます。

■クラフトブロック
金属中心の硬い素材を扱う「メタル&ジュエリーデザインコース」、繊維中心の柔らかい素材を扱う「テキスタイルデザインコース」を設置。おのおのの素材や技法を学びながら、造形表現領域を広げられるクリエイターを育てます。

■ライフスタイルブロック
モノとコトとの関係をデザインの視点で捉え、人間に望ましい「ありよう」を考える「ライフスタイルデザインコース」を設置。デザインの諸問題を見つけ、解決方法を追求し、新たなライフスタイルの提案をめざします。

「文芸・ライティングコース」(2017年4月新設)
言葉や文章の表現力を高める技法を学びます。

  • 学びの総括として年度末に「デザインレヴュー展」を開催。自分の作品をアピールできる機会もある

  • さまざまな分野の創作活動、作品制作をサポートする設備や機器、素材を完備した専用工房などが充実

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ