学校パンフ取り寄せで図書カードGET

なごやがくげい

名古屋学芸大学

私立大学 愛知県

学部・学科

先輩の学問体験記

管理栄養士としての実践力が身に付く環境が魅力!

管理栄養学部 管理栄養学科 2年 炭竈優太さん

出身高校
愛知県 公立高校

部活や課外活動
高校では硬式テニス部に所属していました。高校からテニスを始めたので、周りに追いつこうとがんばって練習しました。部活の存在が学校へ行くモチベーションとなり、勉強に対する意欲も高めてくれたと思います。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
大学入試は推薦で受験したいと考えていたので、定期テストの勉強をがんばりました。名古屋学芸大学を第一志望に決めた3年生5月頃からは、一般入試も視野に入れて国語、数学、生物、化学を重点的に勉強。夏休みからは「特別選抜入試」の受験科目である国語(読解力)、生物、化学に絞って勉強を続けました。生物と化学は1冊の参考書を繰り返し勉強して、さらに大学入試センター試験の過去問や名古屋学芸大学の過去問を解くことで理解度を確かめていました。結果的には「特別選抜入試」で合格することができたのですが、先を見据えての勉強は大切だと感じます。私は一般入試を視野に入れて勉強したことで「特別選抜入試が不合格でもチャンスがある」と思うことができ、リラックスして受験の本番に臨むことができました。また、毎日勉強漬けだとモチベーションも下がってしまうため、硬式テニス部を引退後も定期的に練習に顔を出して気分転換していました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

1年次から国家試験を意識した授業が豊富

私の学科ではこんな勉強をしています

管理栄養学科では、管理栄養士になるために必要な専門知識・技術を学びます。1年次前期で基礎的な知識を学び、後期以降は実験や実習などで応用的な知識や実践的な技術を身に付けます。例えば、2年次後期の「給食管理実習」では、給食施設などで必要な大量調理の知識や技術を学んだうえで、実際に自分たちで献立を作成。栄養価や値段も考慮して、食材の発注、調理を行い、本学の学生や教員の方に食券を販売して食べていただきます。緊張感いっぱいの実習ですが、おいしいものを時間内に作り、提供しなければいけないといった責任感も自然に生まれました。学科は1学年4クラスに分かれており、実習などもクラスごとに行います。実習は大変ですが、回を重ねる度にチームワークがよくなっていくのを感じました。クラスがあるからこそ、仲間と協力し合いながら管理栄養士をめざして勉強をがんばれると思います。
また、医療をベースに幅広い分野を学べるのも特色です。私は、病院に勤務する管理栄養士をめざしているので、臨床系の授業をとても楽しみにしています。

閉じる

「NSTA」の活動で、スポーツ選手のために栄養を考えた食事を作る

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

中学生の頃、体重を増やしたいと思い、何を食べたら身体が大きくなるのか調べようと、食べ物に関する本を読んだことが栄養に興味を持つきっかけになりました。さらに、高校1年生の授業「化学基礎」が楽しかったこと、管理栄養士という専門職を知ったことで、大学の管理栄養学部をめざそうと決めました。名古屋学芸大学の管理栄養学部を志望したのは、大学相談会で学部の男子学生とお話しする機会があり、学びの内容や大学生活がすごく楽しそうだと感じたからです。女性の多い学部のため、不安を感じていたのですが安心できました。また、管理栄養士としての実践力が身に付く学部独自の部活動などの存在も決め手になりました。
現在、私は管理栄養学部の独自サークル「NSTA」に所属しています。NSTAとは「 Nutrition Support Team for Athlete 」の略で、「スポーツ選手のための栄養サポートチーム」を意味します。活動は週5日で、他大学のバレーボール部の部員さんに朝・夜の食事提供を行っています。提供はシフト制で、1度に約30人分を3~4人で作ります。大量調理やスポーツ栄養を学ぶことができます。

閉じる

一人ひとりに寄り添える管理栄養士が目標

後輩へのアドバイス

あまりにも身近な「食べ物」「栄養」ですが、管理栄養学部では食べたものがどのように自分の体を形成しているかを実際に知ることができます。ここがこの学問のおもしろいところだと思います。また、学んだことをすぐに日常生活に活用できる点も魅力です。例えば、コンビニでお弁当を選ぶとき、家で料理をするときなど、さまざまな場面で学んだ知識を生かせますし、日常生活で活用するほどに、専門知識の定着や学習意欲の向上にもつながります。
名古屋学芸大学の管理栄養学部をめざしているみなさん、受験勉強は大変だと思いますが、合格してから、入学してからのがんばりも大切です。授業についていけるか不安を抱いている人も、きちんと勉強すれば大丈夫。文系で化学を勉強しなかった人のために、1年次前期には化学を基礎から学ぶことのできる授業も開講されています。ぜひ、入学前からしっかり準備して、よいスタートがきれるようにがんばってください。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

閉じる

1週間の時間割

これは2年次後期(後半)の時間割です(水曜日の2〜4限目の前半は「基礎栄養学実験」でした)。全てが必修のため、この時期が最も忙しかったと思います。3年次では、国家試験合格をめざした勉強を中心に取り組むつもりです。

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ