なごやがくげい

名古屋学芸大学

私立大学 愛知県

学部・学科

先輩の学問体験記

実践を交えながら養護教諭に必要な知識・技術を習得

ヒューマンケア学部 子どもケア学科/子どもケア専攻/養護教諭コース 2年 宇佐美真穂さん

出身高校
静岡県 私立高校

部活や課外活動
高校の部活動ではなく、週に2回程度、地元の市民吹奏楽団の練習に参加して、勉強との両立を図っていました。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
センター試験に備えて、7科目をまんべんなく勉強していました。より効率よく勉強を進めるために、1週間の目標と1日の目標、勉強内容、勉強時間、振り返りを手帳に書いてスケジュール管理をしていました。この手帳を見返すことでモチベーションアップにもつながりました。電車通学だったので、時間を有効活用するために、電車の中で英単語を暗記することも。また通学路を歩いているときには、友人と問題を出し合いながらお互いを高め合いました。受験勉強では、教科書と問題集とセンター試験の過去問を使用。できなかった問題は、できるようになるまで繰り返し解きました。その他にも、模試で間違えた問題や疑問に思ったことをまとめる模試ノートを1年生の頃から作成しており、一目でポイントを見直しできるようにする工夫も。自分の学習でどうしても解決できないことがあったときは、朝早く登校し先生に質問して、放置しないよう心がけていました。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

知識だけでなく、実践を通して養護教諭になるための力を付ける

私の学科ではこんな勉強をしています

養護教諭になるために、養護教諭の職務の5領域である、保健管理・保健教育・健康相談・保健室経営・保健組織活動の知識・技能を学んでいます。分野は「学校保健分野」「医療分野」「看護分野」の3つです。1年生では、身体の仕組みや子どもの病気、免疫、子どもについての基礎を学びました。2年生になってからは、模擬保健室のある教室での授業も増え、より専門的なことを学びます。例えば、「養護活動演習」の授業では、保健室経営について学び、経営計画や保健だよりを実際に自分で作成。「学校保健実習」の授業では、実際に本物の器具を使用して健康診断時の検査方法を学び、「救急処置」の授業では、ナース服を着て、さまざまな傷病の事例をもとに、処置の方法を学びました。また、「学校保健演習」や「保健科教育法」では、実際に保健指導や、保健科の授業の計画から実施まで行います。養護教諭に必要な力を身につけるため、知識だけでなく、実践を通して学んでいます。

閉じる

充実の設備とカリキュラムで、仲間と夢に向かっています

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

名古屋学芸大学は、養護教諭の養成に特化した数少ない私立大学です。この大学を卒業した多くの先輩方が養護教諭として活躍しています。養護教諭コースについて調べていくうちに、学校現場で働くことを前提として教育、看護、医療、心理学をバランスよく学べて、将来現場に出たときに即戦力となるような豊富なカリキュラムに魅力を感じました。また、学校保健実習室や看護学実習室のような設備も充実している点にも惹かれました。養護教諭一種免許状の他に、中学校・高等学校教諭免許状(保健)の取得もでき、教科教諭としての視点を学べることも選んだ理由のひとつです。同じ目標を持つ多くの仲間と切磋琢磨しながら勉強できることが自分にとってプラスになると考え、この大学を選びました。

閉じる

将来の夢・目標

私は将来、子どもたちだけではなく、先生や保護者からも信頼される養護教諭になることをめざしています。養護教諭という職業は、子どもたちの健康課題の解決、健康の保持増進において重要な役割を果たしていますが、多くの場合、学校に1人しかいないため、信頼を得ながら存在感を出し、仕事することが重要です。信頼を得るためには、医療・看護分野と教育分野の豊富な知識、それに基づいた判断力、小さな変化を見落とさない観察力、問題解決のために連携するコミュニケーション力、1人の教員としての教育力が必要であると日々の学習を通して感じています。そのためにも、大学生活では講義だけでなく部活動、アルバイトなど、さまざまなことに挑戦。そういった機会を大切にすることで、卒業後には自分が理想とする養護教諭像に近づけるのではないかと思っています。子どもが自ら健康管理ができ、安全安心な学校生活を送れるようにサポートすることが私の目標です。

閉じる

後輩へのアドバイス

受験生になると、周りのさまざまな方からアドバイスをいただく機会が増えると思います。違う視点のアドバイスに耳を傾けることはとても大切ですが、最終的に決めるのは自分自身です。将来、自分はなにをしたいのか、どのようになりたいのかという自分の考えを大切にしてください。その気持ちが大学受験だけでなく、大学入学後も将来の目標に向かって努力をしていく上でモチベーションにつながると思います。名古屋学芸大学ヒューマンケア学部は子どもと関わる職業をめざすには素晴らしい環境です。受験では多くの挫折を味わった私ですが、同じ目標を持った仲間、熱心な先生に恵まれ、充実した毎日を送っています。文系か理系かはっきりしないこの学問の分野では、理系の人も文系の人も大学でついていけるか不安を抱いているかもしれませんが、心配はいりません。悔いのないように受験勉強・受験準備をしていれば、大学生活もきっといいものとなるでしょう。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

1週間の時間割

これは2年生後期の時間割です。1年生の頃に比べると、養護教諭として働くためのより専門的な知識・技能を学ぶ授業が増えます。勉強は大変ですが、将来のことを考えながら常に役に立ちそうなことを学ぶことができるので充実した毎日を送ることができています。

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ