なごやがくげい

名古屋学芸大学

私立大学 愛知県

学部・学科

先輩の学問体験記

さまざまなクリエイティブを総合的に学べるのが魅力

メディア造形学部 映像メディア学科 2年 山口明里さん

出身高校
愛知県 公立高校

部活や課外活動
中学校では吹奏楽部に所属していたこともあり、高校でも吹奏楽部に入部。ホルンを担当していました。授業後はもちろん、土日も練習があったので、勉強との両立に苦労しましたが、音楽と触れ合っていたことが、大学の学びにも生かせました。

高校時代の勉強法(特に入試対策)
高校3年生のとき、特進クラスで受験勉強をしていました。特進クラスには週3回ほど特別授業があり、この授業内で模試対策に取り組みました。家での勉強は、宿題をこなしつつ、進研ゼミ高校講座から毎月送られてくる教材を毎日やっていました。入試は午前中から始まるので、朝型の勉強スタイルにし、平日は約2時間、休日は午前中1時間、午後3時間くらいでしょうか。部活動があったので、その両立が難しかったですね。 とにかく時間がないので、登校時間に何とか勉強できないかと考え、自転車に乗りながら友だちと問題を出し合いながら登校していました。私は暗記系が苦手でしたが「あの家の前を通ったとき、この単語を答えたな」と登校のシーンと連動して憶えていたこともあり、けっこう記憶に留めることができました。友だちと競い合い、楽しみながら勉強できたのも効果的だったと思います。

閉じる

先輩はこんなことを学んでいます

映像を中心とした総合的な技術を身に付ける

私の学科ではこんな勉強をしています

映像メディア学科は、名前に「映像」と付いていますが、映像だけを扱っているわけではありません。フォト、映像、CG、サウンドを横断的に学び、映像を中心とした総合的な技術を身に付けていきます。
1年次の時は全員に一眼レフを貸与され、撮影した写真を使ってポスターなどの制作物を作りました。2年次になると映画・ビデオ、フォト、CG、サウンドの領域から2つを選んでさらに専門的に学習。私は映画・ビデオとCGを選びました。8 人のグループで脚本、録音、監督、編集などそれぞれ役割を決め、15分間の動画を制作するなど、非常に面白い経験ができました。在学中は個人所有のPCに「Adobe Creative Cloud」を無償でインストールできるので、映像編集やポスター制作など、自分の好きな時間に制作できます。また、先生は実際に映画の現場で活躍されていた方なので、現実的かつ実践的なアドバイスをいただけました。

閉じる

学びながら本当にやりたいことを絞っていく

この学部・学科を選んだワケ・きっかけ

私は以前から映画を観たり、写真を撮ったり、音楽を聴いたりすることが好きで、これらのうち、どれか一つでも学べればいいなと思って大学を探していました。そこで見つけたのが名古屋学芸大学でした。しかもここなら私のやりたいことが全部できる。学びながら映画、写真、音楽の中で本当にやりたいことを絞っていけばいいと思い、志望しました。
入学前はオープンキャンパスに4度も訪れ、先輩や先生方に直接学びのことを聞き、イメージを膨らませました。母親と一緒に行ったこともあり、親には事前に大学のイメージをつかんでもらういい機会になったと思います。映像制作や音響の設備がとても充実していたのにも驚かされました。
メディア造形学部にはファッション系の学科もあるので「奇抜なスタイルの人が多かったらどうしよう……」と少し心配していましたが、実際はそんなことはなく、なじみやすい先輩が多くて安心しました。

閉じる

レコーディングやサウンド編集などの実践的な技術を学べる

この学問のココがおもしろい!

「映画サウンド演習」という授業が印象に残っています。この授業では4人のグループでアニメーションの一部、4~6分にアフレコと効果音を付けるという課題にチャレンジします。自分たちでアフレコのセリフを考え、声優もやりました。メディア棟にはアフレコができるサウンドスタジオがあるので、そこにこもって何度も練習。自分で作った曲も入れ込み、完成度を上げていきました。
この課題で学びになったのは、効果音。シーンの中に木の船が停まる音を入れなければならないのですが、実際にそんな音を録ることはできません。そこでいろいろな音を探してみると、扉がきしむ音が似ていることを発見!実際に当ててみるとかなりリアルな雰囲気になりました。この経験から「音を代用する」という視点を得ました。効果音に注目することによって、これまで見たことのある映画でも違った視点で楽しむことができるようになりました。

閉じる

将来の夢・目標

入学前に思っていた映画、写真、音楽のうち、どの分野に進みたいのか、まだ明確な答えは出ていません。ただ、これまでの学びの中で、映像と音楽にはこだわっていきたい。そんな気持ちにさせられました。そこで興味が出てきたのは「プロジェクションマッピング」です。
プロジェクションマッピングは、映像と音楽が融合したパフォーマンス。しかも新しい技術で、まだまだいろいろな可能性がありそうです。3年次にプロジェクションマッピングを扱うゼミがあるので、そのゼミに入ってさらに学んでいきたいと思っています。しかし、どの分野も非常におもしろいものばかり。まだ2年次なので、学んでいくうちに別の分野に興味が出てくるかもしれません。そういった興味の変化も含めて、残りの大学生活を楽しんでいきたいと思っています。

閉じる

先輩の学部で学べることをチェックしてみよう!

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ