こうがっかん

皇學館大学

私立大学 三重県

皇學館大学/卒業した先輩の職業体験記

先輩の職業体験記職業:教育系

大切にしているのは、一人ひとりと真摯に向き合うこと教育学部

教育学部 教育学科
2018年3月卒業
津市立北立誠小学校(教員)
小倉沙耶さん

どんな大学生活を送っていましたか?

授業のほかに取り組んでいたこと

在学中には10か国以上の国を旅したり、国内外でボランティア活動をしたり、部活動(よさこい部)に熱中したり、やりたいことには全て挑戦しました。ボランティア活動については「体験したい、学びたい」と感じた活動へ積極的に応募し参加。災害ボランティアやフィリピンへの食糧支援ボランティアなど、実際に参加しなければ知り得なかった貴重な体験ができました。学生時代のさまざまな経験で、最後までやり抜く達成感や仲間のありがたさを実感できたと思います。

この大学を選んだ理由/実際に学んだこと

中学生の時、美術の先生に自分の描いた絵を褒められて以来、絵画が好きになりました。私もこの先生のように「子どもの個性を認めて長所を伸ばす先生になりたい」と思い、小学校と中学校・高等学校教員免許が取得できる皇學館大学へ進学を決めました。大学時代で特に印象に残っているのは、ゼミでの学びです。どんな些細なことに対してでも真剣に取り組むことや、自分でやると決めたことは最後までやり遂げることを実践的に学べました。また、ゼミ生全員で取り組む課題が多かったため、協力することの大切を学びました。

閉じる

先輩はこんな仕事に就いています

子ども一人ひとりと真摯に向き合い個性を大切に育む

私はこんな仕事をしています

私は現在、市立小学校で1年生のクラス担任として働いています。子どもと真摯に向き合うことを大切に、明るく元気な学級運営に取り組んでいます。やりがいを感じるのは、児童が自分で考えて行動できた時など子どもの成長を感じた時です。成長を感じた際には、きちんと言葉にして褒めてあげると本当に嬉しそうで…子ども達の笑顔によって私も幸せになります。

閉じる

大学の学びで仕事に活かされているもの

皇學館大学では、教育に関する知識と技術を身に付けることはもちろん、先生方に教えられるだけではなく、学生同士で考え高め合う環境が整っていました。自主性を重んじる環境だったからこそ、さまざまな挑戦をすることができ、広い視野や人間関係を築くコミュニケーション力が培われたと感じています。学生時代のさまざまな体験が、教員としての今の自分を支えてくれています。

閉じる

これからの夢・目標

子どもの個性を認めて長所を伸ばす先生を目標に、子どもにとって学校が「好きなことに夢中になれる場所」であるように日々努力しています。どうしたら子ども一人ひとりの個性を大切に伸ばせるか、試行する毎日です。教員として今年で4年目を迎えますが、まだまだ教員としても社会人としても、いたらないと感じる点がたくさんあります。現在の職場には、私が目標としている先生がいらっしゃいます。その憧れの先生に少しでも近づけるように、これからもがんばっていきたいと思います。

閉じる

先輩が学んだ学部もチェックしてみよう!

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ