大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET

きょうとがいこくご

京都外国語大学

私立大学 京都府

大学トップ

京都外国語大学の新設情報

変わっていく世界と未来のための新学部「国際貢献学部」誕生!

ヒト・モノ・カネが国境を越えて自由に行き来するグローバル化が進んでいます。そのような社会で行動・実践できる力を身に付けるため、多言語・教養・コミュニティーエンゲージメントの3つを教育の柱に掲げた新学部「国際貢献学部」の設置を構想しています。
「グローバルスタディーズ学科」と「グローバル観光学科」の2学科で、国際機関からグローバル企業まで幅広く活躍できる人材を育成します。また、海外や国内のコミュニティー(地域社会)で本物の問題解決や社会貢献に取り組むことで、語学力や学問的知識はもちろん、社会人として必要とされる知識を高めます。

閉じる

グローバル社会が求める知的チェンジメーカーを育成

国際貢献学部では、本学の建学の精神である“PAX MUNDI PER LINGUAS”(言語を通して世界の平和を)の実践と、社会科学と人文科学が融合した新しい研究手法を用いた教育を展開。グローバル化によって生じる諸問題を分析し、優れた行動力によってポジティブな変化をもたらすことができる人材“知的チェンジメーカー”の育成をめざします。

閉じる

グローバル化時代をリードする力をつける2学科

  • 外国人留学生と共に学ぶ

  • 国内外のコミュニティーで学ぶ

グローバルスタディーズ学科
高度な語学力と経済学、政治学、経営学といった社会科学系の知識を含む国際教養を兼ね備えた人材を養成。「コミュニティーエンゲージメント」を通じたグローバル体験で現場実践力を磨くとともに、英語で専門科目を学ぶ機会も豊富。理解度に応じて日本語と英語の授業を組み合わせるとともに、オールイングリッシュの授業だけで卒業することも可能です。外国人留学生と共に学ぶ環境は、教室の中が留学先のようになります。
〈想定される進路〉
各国政府・官公庁、国連・世界銀行などの国際機関、グローバル企業、ジャーナリスト など

グローバル観光学科
国際交流や相互理解を促す国際貢献としての観光に加え、ヘルスツーリズムやフードツーリズムといった世界に日本の魅力を発信する成長産業としての観光、さらには地域振興まで視野に入れて学びます。京都という地の利を活かしたフィールドワークなど独自の学習法を展開。観光に新たな価値を創出し、観光政策、観光ビジネスをリードできる人材を育成します。
〈想定される進路〉
観光関連企業、各国政府・官公庁、世界観光機構などの国際機関、環境意識の高いグローバル企業、ジャーナリスト など

閉じる

人生を変えるグローバル体験がここにある

新学部ならではの学び「コミュニティーエンゲージメント」とは、海外や国内のコミュニティー(地域社会)で本物の問題解決や社会貢献に取り組むこと。語学力や学問的知識はもちろん、社会人として必要とされる多様な力を同時に高めます。
成功につながる数多くの失敗体験や他者との出会いの先にあるのは、新たな自分との出会いです。

【コミュニティーエンゲージメントの例】
〈海外インターンシップ〉
カナダの現地企業でインターンシップに従事します。現場はトロントの留学エージェント。世界各国からの留学生や、留学生を受け入れているホームステイ先へのインタビューのほかマーケティング調査などを通じて、ビジネスシーンでのスムーズな意思疎通ができる力を養います。

〈アジア太平洋大学‐地域連携ネットワークでの活動〉
APUCEN(アプセン:アジア太平洋大学-地域連携ネットワーク)に加盟する本学では、東南アジアのさまざまな大学と共同で各種プログラムに参加。例えば台風被災地でのテント作成や村おこしの支援などに取り組んできました。今後も環境、防災、医療など幅広い分野で国を越えた協働を実施します。

〈観光振興に関連する留学およびインターンシップ〉
ペナン(マレーシア)、チェンマイ(タイ)、ハノイ(ベトナム)にある各大学と本学の学生が4大学の所在都市を一緒に巡り、各地で観光に関する調査研究を行います。観光に関する課題や状況が異なる各国の学生がともに学び、情報を共有することで、さまざまな発見につなげていきます。

〈途上国観光振興系プロジェクト〉
古代の遺跡が数多く存在する中米に出向き、ニカラグア国立自治大学およびエルサルバドル工科大学と共同で遺跡整備事業や地域研究に取り組みます。単に遺跡を発掘するのではなく、文化財という国の資産をどのように活用し地域の発展に活かしていくのか、その施策についても考察します。

  • 海外のビジネスや外交シーンに触れる

  • 観光振興をさまざまな地域・分野から学ぶ

  • 国境を越えた地域連携を学ぶ

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ