きょうとさんぎょう

京都産業大学

私立大学 京都府

先輩の学生生活体験記

プロフィール

コツコツ取り組む力がカギ!学びに打ち込める環境

プロフィール写真
  • 京都産業大学
  • 生命科学部 産業生命科学科 4年生
  • 辻 啓汰さん
  • 奈良県立高田高等学校
  • 2018年度卒業

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

私は高校時代に団体スポーツをしたいという思いからバレーボール部に所属していました。バレーボールの経験はなかったのですが、毎日コツコツ練習を行い、試合にも出場をしました。チーム練習では、チームメイト同士うまくいかないことも多くありましたが、話し合いを行うことによってより良い練習を行うことができました。勉強面では、英語が苦手でしたが、受験を終える最後まで単語や長文の勉強をコツコツ積み重ねました。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

●京都産業大学での研究・勉強について。
高校時代、化学を学ぶことが好きであったことから大学では生命科学部を受験し、現在所属しています。生命科学部では、高校の科目でいう「化学」だけでなく、「生物」も勉強します。私は高校時代「生物」を履修していなかったので、大学に入学して初めて勉強しました。大学では高校で習う生物の基礎から応用まで幅広く教えていただけるので、集中して勉強できています。

●学びを深めたいことや研究分野について。
2年生の秋学期の授業でPBL(課題解決型学習)という授業を履修しました。PBLでは、学生4人が1チームとなり先生から与えられた課題に対して解決法を考えます。私のチームが与えられた課題は「宝ヶ池に京都産業大学の学生を保全活動を行う目的で呼び込むには」という課題です。最終的には企画書を作るというところまでを班のメンバーで行いました。現在、これらの活動から私は、日本にある様々な環境問題やそれらの課題解決法について学びを深めています。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

私は、図書館やグローバルコモンズなど多くの学習スペースがあることが京都産業大学のお気に入りポイントです。家に帰ると、めんどうになってしまいがちな勉強や課題は、授業が終わった後に学内で終わらせてから帰るようにしています。家で自分の時間が作れるのでとてもいいです。また、多くの学部の人と交流できる、友達ができるというところもワンキャンパスの京都産業大学ならではのおすすめポイントです。

閉じる

後輩へのアドバイス

大学受験は自分の人生を左右するとても大事なことだと感じます。大学を選ぶ際は、なんとなくで選ぶのではなくオープンキャンパスなどの大学が行っているイベントを積極的に活用して、目で見て、雰囲気を感じて欲しいと思います。

閉じる

1 つのキャンパスからうまれる、無限の可能性。

京都産業大学は、文系・理系合わせて10学部18学科、約15,000名がひとつのキャンパスで学ぶ総合大学です。社会・人文・自然科学の学問領域を拡大してきた京都産業大学では、一拠点総合大学だからこそ、学生・教員が多様な価値観を集結させ、新たな価値を創出しています。
あなたが気になる疑問や社会問題も、きっと研究対象になるはず。興味のある話題を探してみましょう。

詳しくはこちら

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ