きょうとさんぎょう

京都産業大学

私立大学 京都府

先輩の学生生活体験記

プロフィール

様々な学びや価値観に触れられる環境で成長しよう

プロフィール写真
  • 京都産業大学
  • 生命科学部 先端生命科学科 3年生
  • 徳本 葵さん
  • 畝傍高等学校
  • 2019年度卒業

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校時代は部活動を中心に頑張っていました。私は音楽部に所属していました。そこで幸運なことに毎年全国大会に出場したり、地域のイベントに参加したりと、とても貴重な体験をたくさんさせていただきました。同級生との衝突などもありましたが3年間を通してとても成長できたと思います。
勉強面では課題は必ず提出期限を守るようにしてほとんど毎日塾に通って勉強をしていました。たくさんの人に支えてもらいながらですが、とても楽しく過ごすことができました。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

●京都産業大学での研究・勉強について。
私は生命科学部で主に生物や化学のことを中心に勉強しています。高校とは違い内容もとても難しく理解するのに時間がかかります。高校は暗記が多かったのに対し、大学では内容まできちんと理解しないといけないので勉強面は苦労することがあります。しかし、実験の授業では高校の時に教科書でしか見たことのない器具を使って実験したり、見たことない道具を使ったりすることはとても楽しいです。京都産業大学の実験設備は他大学に負けないくらい充実していると思います。

●学びを深めたいことや研究分野について。
私は将来化粧品か、食品メーカーで研究者として働きたいと思っています。そして私は化粧品や食品にも関係してくるタンパク質や酵素にとても興味があります。なのでそういうことを中心とした勉強を頑張っていきたいと思っています。京都産業大学は多種多様なことを研究している先生がいらっしゃるので、先生方の研究内容を聞いているだけでもとても勉強になることが多いです。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

私はこの大学に入学して色んな人と関わっていくうちに少しずつ価値観が変わっていったと思います。
大学生になると同じ学部の友達、サークルで出会った人、バイト先の先輩など高校よりたくさんの人と関わる機会が増えます。
そして、色んな人と接していくうちに自分自身の考え方も成長していっていると思いました。
京都産業大学は文系も理系も同じキャンパスにあるのでたくさんの人と出会えることも魅力の一つだと思います。

閉じる

後輩へのアドバイス

大学入試はたぶん今まで生きてきた中で一番と言っていいほどしんどく、辛い時期かもしれません。なので、一人で頑張るのではなく、友達と一緒に頑張るのもいいと思います。私自身家族をはじめ友人、塾の先生などたくさんの人に支えてもらいました。たぶんうまくいかないことも多いし、悩んでしまうこともあるかもしれないけれど、そんなときは家族などに話すことが一番いいと思います。おそらく親身になって考えてくれるはずです。大変だと思いますが悔いのないように頑張ってください。

閉じる

1 つのキャンパスからうまれる、無限の可能性。

京都産業大学は、文系・理系合わせて10学部18学科、約15,000名がひとつのキャンパスで学ぶ総合大学です。社会・人文・自然科学の学問領域を拡大してきた京都産業大学では、一拠点総合大学だからこそ、学生・教員が多様な価値観を集結させ、新たな価値を創出しています。
あなたが気になる疑問や社会問題も、きっと研究対象になるはず。興味のある話題を探してみましょう。

詳しくはこちら

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ