きょうとさんぎょう

京都産業大学

私立大学 京都府

先輩の学生生活体験記

プロフィール

専門分野を深く学ぶことが、新たな発見に繋がる

プロフィール写真
  • 京都産業大学
  • 外国語学部 ヨーロッパ言語学科(スペイン語専攻) 4年生
  • 江國 紗代さん
  • 姫路市立琴丘高等学校
  • 2018年度卒業

学校生活の写真

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

私は外国語の勉強、生徒会、ボランティア活動を中心に高校時代を過ごしました。国際文化科だったこともあり、毎日2〜4時間の英語の授業、それに加えてスペイン語の授業がありました。2年生の夏休みに行ったアメリカ短期留学で自分の実力の乏しさを知り、より言語に魅力を感じるようになりました。その後も、留学生の受け入れや国際交流のイベントに参加するなど、異文化交流に力を入れました。生徒会では裏方として行事の企画と運営に携わりました。さらに生徒会活動の延長で、街頭募金や通訳ボランティアの経験を積んだことで積極性と行動力を身につけられたと思います。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

私は主に言語学を学んでいます。高校時代はスペイン語の文法を学んでいましたが、今はスペイン語を言語学の面から捉え、その成り立ちにある歴史的背景や様々な地域で話されている方言などのバリエーションを扱っています。スペインへの短期留学では、実際に大学で学んだことを活かすことができました。言語は人々の生活に欠かせないものであり、時代によって変化し続けるものであるため、あらゆる方面から言語について考えることは私自身の考え方を新鮮で柔軟なものにしてくれます。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

私はスペイン語だけを学びたくて京都産業大学を選びましたが、スペイン語について深く知るにつれてさまざまな分野に興味が広がりました。そのため、他の学部の授業を受講できる本学は私にとってとても魅力的な大学です。これまでに私はメディア系や心理学系の授業を受講しました。私の今までの学びを異なる学問に結びつけることで、将来の可能性が広がるのではないかと感じています。

閉じる

後輩へのアドバイス

私は本学にAO入試で合格しました。受験内容は面接と小論文です。試験当日、面接官の教授に興味を持ってもらえて嬉しかったことを覚えています。何から始めればいいのか悩む方は、是非様々な入試制度を調べるところから始めてみてください。自分の強みを最大限生かせる方法を見つけられれば、受験=大変というイメージが変わるかもしれません。他人と比べず、自分らしく努力することで結果はついてくると思います。

閉じる

1 つのキャンパスからうまれる、無限の可能性。

京都産業大学は、文系・理系合わせて10学部18学科、約15,000名がひとつのキャンパスで学ぶ総合大学です。社会・人文・自然科学の学問領域を拡大してきた京都産業大学では、一拠点総合大学だからこそ、学生・教員が多様な価値観を集結させ、新たな価値を創出しています。
あなたが気になる疑問や社会問題も、きっと研究対象になるはず。興味のある話題を探してみましょう。

詳しくはこちら

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ